Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

スペインのクリスマスを迎えるメニューと
クリスマス伝統菓子「トゥロン・デ・ヒホナ」

千葉県市川市の市川駅のそば(東京駅から総武線で18分。千葉駅から総武線で20分)に住んでいます。日本語でのクラスで す。(レシピは英語です)
日本に7年前に来ました。スペインはガリシアのレストランで働いていました。 日本ではイタリア料理やスペイン料理のシェフをしています。
*ホセさんクラスは時間通りに終わるようになりました。おしゃべりをして残りたい人と、帰りたい人がいるため、ご自宅に到着時にホセさんに帰宅希望時間をお伝えください

6世紀にはその原形が確認され、16世紀には現在の形になったと言われる伝統的なクリスマス菓子「トゥロン」。現在は様々なクリスマスケーキがある中でも、変わらない定番の味として愛されています。

「トゥロン・デ・アリカンテ」がアーモンドが丸ごと入っているのに対し、「トゥロン・デ・ヒホナ」は、アーモンドは細かく潰され、全体が柔かいのが特徴。全体の半分近くを占めるアーモンドと、蜂蜜、砂糖、卵白のみで作られます。クリスマスの時期には街中で売られますが、人気があるのは専門店の「トゥロン」。本当は簡単、簡単、とはホセさんからのメッセージ。今年のクリスマスは専門店並みのクリスマス菓子を作ってみませんか。

開催日時


メニュー


料理の紹介


Welcome drink: Infusion de camomila
● ウェルカムドリンク: カモミールのハーブティ
スペインのハーブティの代表と言えばカモミールティ。夜のリラックスタイムに、そしてアレルギーや胃もたれ、気分が落ち込んでいる時などによいとされ、毎日の生活に欠かせないハーブティです。特に冬にはハチミツを入れて飲むのがオススメ。スペインには予めハチミツの入ったカモミールティも売られているくらいです。ほっと温まるハーブティで一息ついてください。
※イメージ↓



Entrante: Pudin de esparragos blancos
● 前菜: 黒トリュフ香る白アスパラガスのテリーヌ(プディング)
アスパラガスと言えば日本では緑色のアスパラガスですが、ヨーロッパでは断然白。春になると白いアスパラガスがいつ食べられるのかが最大の関心事でもあり、 レストランでも白アスパラガスのメニューが並びます。スペインでは美食の街バスクに近い北部のナバーラが肉厚で真っ白のアスパラガスが採れることで有名です。 今回は瓶詰めなどの白アスパラガスを使い、クリスマスカラーの前菜としてプリンを作ります。デザートのプリンではなく、テリーヌのような滑らかな食感の塩系前菜です。 クリスマスの特別な黒トリュフソルトを使い、上質に仕上げます。
※イメージ↓



Pescado: Vieiras a la gallega
● 魚料理: ガリシア風帆立貝のグリル
白ワインと香み野菜で作るソフリートを散らした有名なガリシア料理です。 ホセさんの出身地、スペイン西部のガリシアは、エルサレム、バチカンと並ぶキリスト教三大巡礼地のひとつである「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」があり、巡礼の道を往く人々の目指す街。そこには聖ヤコブが奉られ、聖ヤコブのシンボルはホタテ貝。巡礼の人々は巡礼の証としてホタテ貝を下げ、ホタテ貝の標識を目印に歩き続けます。ヤコブとホタテ貝の関連については諸説ありますが、ガリシア州はホタテ貝の産地であり、ホタテ貝のグリルは名物料理であることには誰もが認めるところ。日本では東北のホタテ生産との繋がりもあるようです。日本でも手に入る肉厚なホタテ貝をグリルして熱々をどうぞ。スペインでは市場でホタテの貝殻をたくさん見かけます。素敵な器に盛りつけたら特別なディナーになることでしょう。
※イメージ↓



Carne: Patatas del buen pastor
● 肉料理: スペアリブのシチュー
寒い時期にぴったりの煮込みといえば、お肉とジャガイモ。ハンガリーのグーラシュのようなおふくろの味がスペインにも存在します。 スペインで使われる調味料といえば、パプリカ。甘いもの、辛いもの、燻製したものなど様々な風味のものがあり、かわいらしい缶に入って売られています。 いつもの素材もスペインらしいパプリカ風味にすることができたら、毎日の食卓のバリエーションも増えますね。パプリカを使いつつもグーラシュとの味の違いも楽しみにしていてください。
※イメージ↓



Postre: Turron de Jijona
● デザート: クリスマス伝統菓子 ソフトヌガー「トゥロン・デ・ヒホナ」
日本ではヌガーともいわれてるお菓子で、一度食べると病み付きになります。スペインではたくさんの専門店があり、トゥロン巡礼もとても楽しいです。大きなお店では150種類も置いてあるんですよ。
さてアーモンドの産地でもあるスペインは、アーモンドを使ったお菓子が数多くあります。6世紀にはその原形が確認され、16世紀には現在の形になったと言われる伝統的なクリスマス菓子「トゥロン」。「トゥロン・デ・アリカンテ」がアーモンドが丸ごと入っているのに対し、「トゥロン・デ・ヒホナ」は、アーモンドは細かく潰され、全体が柔かいのが特徴です。スペイン東部バレンシア州ヒホナの名産品で、全体の半分近くを占めるアーモンドと、蜂蜜、砂糖、卵白のみで作られます。クリスマスの時期には街中で売られますが、人気があるのは専門店の「トゥロン」。本当は簡単、簡単、とはホセさんからのメッセージ。今年のクリスマスは専門店並みのクリスマス菓子を作ってみませんか。
※イメージ↓



Vino
● ワイン
※イメージ↓



Pan
● パン


Café
● コーヒー


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れのかたは各クラス1名週末クラス参加可能。別途事務局までお問い合わせください。

※クラスの終了時刻は15時30分前後になります。