Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

体を温める冬のブグラマと珍しいバター入りレバーパテ

田園都市線駒沢大学駅(目黒区)日本語でのクラスです。
コーカサス地方アゼルバイジャン。 中世アゼルバイジャンはシルクロードの重要な要であり多くのキャラバンがこの土地を通りました。 バクーは別名「風の街」とも言われ冬は カスピ海から強い風が吹き付けます。 そんな冬に食べるのが「ブグラマ」というお料理です。
冬は小羊から出る自然の油で蒸しあげるお料理で、温かくとても人々に喜ばれます。 同じ大陸、中国の回族は冬に「粉蒸羊肉」といって、羊を米粉とともに蒸したお料理がありますが、 アゼルバイジャンの物はもっと野菜がたっぷりと入り、粉は入りません。 野菜がたくさん食べられて、その野菜に羊の油とハーブの香りが自然に入り大変グルメなお料理です。

開催日時


メニュー


料理の紹介


Welcome drinks & Welcome foods
●ウェルカムドリンクとウェルカムフード
ご到着時にウェルカムドリンクと手作り菓子などをお出ししています。
のんびりとくつろいでからクッキングを行いましょう。
※過去の実物



●1.Boughlama  ブグラマ (ラム肉のハーブ蒸し)
「ブグラマ」とは「自分の蒸気で作られた」という意味をあらわす言葉です。
冬ですので小羊から出る自然の油でバジルなどの様々ハーブと一緒に蒸し煮にをする、
アゼルバイジャンの結婚式よく作るメインディッシュをご紹介したいと思いましたます。
※イメージ↓



●2.Liver Pate (Pâté) Rouladeアゼル式レバーのパテ
アゼルバイジャン人は、パテが大好きです。
結婚式のパーティーやその他の特別なお祝いに出るスターターです。
フランスなどのレバーパテにはワインが入りますが、
アゼルバイジャンのパテは真ん中にバターを入れます。
そうすることでパンに合う味に変わります。
※実物↓



●3.Koke pastry (bun)– アゼルバイジャンのお食事パン
このパンは家で作りやすくオシャレ感のあるパンです。
生地にはヨーグルトをいれてこねますが、焼き上がりはすっぱくならず
パンに深い味わいを与えます。発酵時間が短くても美味しく焼けることと、
成型がしやすいため、またデザインもいろいろな形で楽しめます。
ところで生地にヨーグルトを練りこむと、きめが細かくふんわりソフトなパンが
焼きあがります。表面も中も柔らかく、ほんのり塩味がします。
※実物↓



●4.Cauliflower Fritter - カリフラワーのフリッター
通常フリッターというと小麦粉をつかいますが、粉類を一切使わずに
ふわふわの軽い食感に仕上がります。
ひとあじ違ったフリッターです。
お食事時には、にんにくヨーグルトをトッピングして
※イメージ↓



●5.Mutaki Pastries ムタキペストリ
  アゼルバイジャンのお正月(ノヴルーズ祭り)の祝い菓子です。
これも作りやすいレシピで材料に胡桃等が入り、特別な味を感じさせます。
このペストリーはサクサクとしておらず、やわらかくシルクのような食感がします。
アゼルバイジャンの重要なお菓子の一つです。
※イメージ↓



●6.tea 紅茶など 

Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」



※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所★東急田園都市線駒沢大学駅前指定場所 でお待ち合わせになります




※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名で予約後、別途お子様料金をお伝えいたしますのでメールにて年齢と人数をお伝えください。