Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

ビールのスープ

京王線代田橋(新宿から2駅)。日本語(またはスペイン語)でのクラスです。
皆さんは「ビールのスープ」をご存知ですか?
ビールは単に冷やして飲むだけでなく、ギネスシチューのように煮込みに使ったり パンの酵母に使ったり、フリッターをさくさくする隠し技に使ったり、いろんな用途に使われています。 この「ビールのスープ」の紀元は古く、当時の家庭料理に根付いていました。 ドイツの音楽家バッハの奥様の手記に バッハの弟子たちがお腹が空いたのでビールのスープをつくってほしいとおねがいをする場面が登場します。 ビールのスープは当時の人達の貴重な栄養源。熱いビールにパンや雑穀を入れたもので、朝食の定番だったそうです。 このレシピはドイツだけではなくフランスのアルザスの名物料理としてそしてスペイン、コロンビアでも。 ヨーロッパと南米ににじわりとつたわっていきました。 おもしろいことに中に入る材料は国によって異なります。 わたしの国ではわたしの国では卵の黄身や生クリーム、生ハムにジャガイモ他がはいります。 元気の源となるエッセンスがたっぷりと詰まっています。

開催日時


メニュー


料理の紹介


SOPA DE CERVEZA
●ソパ デ セルベッサ(ビールのスープ)
暑い日には冷えたビールが最高です!スペイン語でビールはCerveza(セルベッサ) 。」ビールのスープです
ビールのスープは中世バッハの時代にドイツで生まれました。
熱いビールにパンや雑穀を入れたもので、朝食の定番だったそうです。
以降フランス、デンマーク、スペイン、コロンビアと広がっていきました。 フランスのアルザスでは名物料理になっていて、アイルランドではギネスシチューに生まれ変わりました
中に入る材料は国によって異なるため、その違いもとても楽しいですが
わたしの国では卵の黄身や生クリーム、生ハムにジャガイモ他がはいります。
わたしのビールスープすごく美味しいですよ。
※イメージ↓



LOMO DE RES CON QUESO
●ロモ デ レス コン ケッソ
チキンコルドンブルーは、鶏肉とハム、チーズで作るフランスの鶏肉料理の最高峰とされているお料理です。
そのためコルドンブルーとは、お料理上手な女性のことを指すそうです。
フランスでは鶏肉をつかいますが、コロンビアでは牛ひき肉を使いロールをして、たまねぎニンニクソースで食べます。
ボリュームある1品です。
※イメージ↓



Arroz Verde
●アロズ ヴェルデ
ご飯料理の面白さは、その土地の人々の知恵や技が隠されていることです。
ホウレン草やミント他、様々なグリーンを混ぜて作る混ぜご飯、  アロス・ヴェルデをご紹介します。 お野菜の旨みをご飯と一緒にいただきましょう。  
※イメージ↓



CHAMPINONES SALTEADOS
●マッシュルームにんにく風味
バルの定番タパスです。チャンピニオン(マッシュルーム)に
じっくりとガーリックの味をつけていきます。
※イメージ↓



VOLCAN DE CHOCOLATE
●ボルケーノ チョコレート
フランスではフォンダンショコラと呼ばれているケーキです。
内部がチョコレートソース状になっていて
ナイフを入れると中から熱あつのチョコレートソースがとろり。
甘さをおさえた大人のデザートです。
※イメージ↓



●温暖珈琲+冷アイスクリーム
実はこれはとてもおもしろいお飲み物です。温かい珈琲とよく
冷えたアイスクリームで作るドリンクこちらは珈琲農園の国ブラジルで大人気のお飲み物です。
※イメージ↓




※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:駅又はカミラさんの家に直接

※おこさま連れok。