Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

海の幸をタイの味付けで美味しく!
エビのスープと白身魚の炒めもの

京王線笹塚、日本語での女性限定クラスです
タイのスープといえば、まず思いつくのは酸っぱくて辛いトムヤムクンか、鶏肉入りのココナッツミルクスープのトムカーガイではないでしょうか。今回ご紹介するのは、私の故郷の郷土料理のスープ「ゲーン・リアン」です。エビを使いますが、辛味がなく、トムヤムクンとはまったく異なる味わいで、キノコやカボチャなどを加えて作る具だくさんの食べるスープです。もうひとつ、「パー・パッ・チャー」も東部らしい魚を使う料理です。ハーブと胡椒を使ってくさみを消すので、魚は苦手という方にもおすすめです。 ※クラスのでは、料理の前に簡単なカービングのレッスンもおこないます。カービングを施した野菜やフルーツを料理に添えると、盛り付けが華やかになって料理を引き立ててくれます。

開催日時


メニュー


料理の紹介


■りんごのカービング
毎回楽しい初心者向け簡単タイカービング。今月はりんごです
※実物↓



■น้ำลำไย. Nam lamyai ナム・ラムヤイ/竜眼ジュース
雨季に出回る果物で、タイ北部が産地のラムヤイ。チェンマイやチェンライでは、6月末ごろからたわわに実ったラムヤイを見かけるようになります。実は新じゃがのような色で、細い枝の先に鈴生りになります。日本語では竜眼、英語ではロンガンと呼ばれています。生で食べると、すっきりとした上品な甘さで、ランブータンと似ています。タイではそのラムヤイの実を乾燥させたものが売られていて、それを煮て砂糖を加えてジュースを作ります。乾燥させたラムヤイは漢方薬にも用いられていて、滋養や不眠、貧血、消化促進などに効果があると言われているようです。
※実物↓



■ยำเนื้อ. Yam nuea ヤム・ヌア/牛肉のスパイシーサラダ
「ヤム」は「和える」、「ヌア」は「牛肉」のこと。簡単に作れて、ボーリュームもあって、さっぱりしていて夏にぴったりのサラダです。レモンやライムの果汁と唐辛子で、爽やかでピリ辛な味わいに仕上げます。ビールやお酒との相性は抜群ですが、ごはんのおかずとしても召し上がっていただけます。味付けを覚えてしまえば、牛肉をゆで豚やハムなどに替えて応用もできる便利なメニューです。
※実物↓



■แกงเลียง. Kaeng liang ゲーン・リアン/キノコとかぼちゃとエビのスープ
魚介をよく食べる東部の家庭料理です。野菜もたくさん加えるので、具だくさんな日本の豚汁やけんちん汁ような感覚に近いと思います。家庭によってエビではなく魚を使ったり、加える野菜も異なって、ヒョウタンやヘチマを入れることもあります。それぞれの家のおふくろの味的な料理です。今回ご紹介するのは、私の母が作ってくれたものです。ガピ(海老味噌)、メンラック、ガチャイが味の決め手です。メンラックは英語ではレモンバジルと呼ばれていて、柑橘系の爽やかな香りがします。その種子はデザートに用いられるバジルシードです。ガチャイはクラチャイという名で呼ばれることもあるショウガ科の根茎。香りは強くはありませんが、抗菌作用があり、肉や魚の生臭さを消す効果があります。細くて短いゴボウが束になったような姿形です。
※実物↓



■ปลาผัดฉ่า. Pha pad cha パー・パッ・チャー/白身魚のハーブ胡椒炒め
こちらも東部ではよく食べられている魚料理です。白身の魚をさっと揚げて、甘辛く味付けします。ついついごはんをお替りしたくなる一品です。現地では生の胡椒を使って香り良く仕上げます。日本ではフレッシュな胡椒はなかなか手に入らないので、冷凍の胡椒で代用しますが、それでも乾燥させたものにはない鮮やかな香りに食欲がそそられます。パッチャーはそのまま直訳すると「チャーっと炒めた」という意味。炒めるときの音が料理の名前になったと言われています。
※実物↓



■ข้าวไรเบอร์รี่ Kao berry カオ・ベリー/赤米のごはん
赤米はポリフェノールやオメガ3脂肪酸を含んでいて、タンバク質、ビタミン、ミネラルが豊富であるとともに抗酸化作用が高いと言われています。近年、タイでもヘルシー志向の人に人気です。ジャスミンライスと黒ジャスミンライスを掛け合わせた品種です。2003年ごろに農業共同組合省の指導の下、タイで栽培が始まりました。白い米と比べて少し硬いので、炊き方のコツをお教えします。
※実物↓



■ขนมต้ม. Khanom tom カノム・トム/ココナッツ団子
もちもちとした和菓子のようなスイーツです。団子の中には、ココナッツファインをやし砂糖で甘く煮た餡を包み込んでいます。さらに外側にもココナッツをたっぷりまとわせます。名前は「煮たお菓子」という意味で、米粉をこねて作った団子を茹でて仕上げることに由来しています。
※実物↓



■กาแฟ ชา Kaafe Chaa ガーフェー チャー/コーヒー お茶
タイではコーヒーをガーフェー、お茶をチャーと呼びます。冷たいコーヒーはガーフェー・イェン、ホットコーヒーはガーフェー・ローンと言います。


<タイ料理の食べ方>
タイでは右手にスプーン、左手にフォークを持ちます。料理によって持ち替えるのではなく、料理を口に運ぶのはスプーンの役目。麺を食べる時には箸を使いますが、それ以外の時はスプーンとフォークが基本です。左手のフォークは、料理をスプーンに乗せる際の補助として使用します。ほとんどフォークの出番がない時でも、右手にスプーンを持っている間は、左手にはフォークを持っているのがタイ流です。

Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は15時00分前後になり