Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

ロバートのケイジャン!
ジャンバラヤとベルベットケーキ(写真付き)

東京、千歳船橋(新宿から小田急)英語でのクラスです。
残暑の厳しい9月には、スパイシーながらも親しみの持てる料理が元気の源。ア メリカはルイジアナ発祥のケイジャンはまさに理想のメニューです。ロバートも ケイジャンは大好き。自分で調合したスパイスを大切にしていて、魚介・肉・そ して野菜にたっぷり使っています。今回は赤を主体に華やかにまとめたケイジャ ン・コースをご紹介。特にファンの多いジャンバラヤは、食感よく仕上げるコツ 満載です。ぜひお見逃しなく。

●ロバートのクラスでは、既製品のソースなどの使用を極力避けていますので、 実際の料理にどんな材料がどのくらいの量入っているかがわかります。塩分や脂 肪の含有量を知りたい場合も安心です。

●クラスでは、時間をかけて取った本格的なスープストックなどを使いますが、 手間を省くための代替手段も、可能な限り紹介していきます。

開催日時


メニュー


料理の紹介


●Baby Lettuce Salad with Cajun Dressing
(オリジナル・ケイジャン・ドレッシングのベビーレタスサラダ)

ベビーレタスの青みのある香りにスパイシーなドレッシングを合わせると、いく らでも食べられそうなサラダに。バターミルクをベースにしたクリーミーな食感 を引き立てるスパイスの合わせ方に注目です。


●Cheese Puff
(焼き立てチーズパフ)
ケイジャンは、カナダ東部を経由してルイジアナに移住したフランス系のアメリ カ人が、肥沃な大地の恵みと祖国から持ち込んだ香辛料のノウハウによって育て た食文化です。チーズパフもフランスから持ち込まれたママの味。見た目はシュー クリームのようですが、上部はカリカリに、中はもっちりと焼き上げる軽食パン です。チーズが効いてそのままでも美味な上、サラダに添えたケイジャン・ドレッ シングと一緒に食べると、さらに危険な美味しさに!


●Cajun spices
ジャンバラヤの味の中心核、決め手となるロバートの特製手作りケイジャンスパイスのレシピ付。もし時間があれば配合をお見せします。時間のないときはレシピをおわたしします。


●Red Jambalaya
(スペシャル・ジャンバラヤ)
スパイシーだけど食べやすい! おとなも子どもも大好きなジャンバラヤはまさ に「ケイジャンのパエリア」。海老やチキン、アンドゥイユ・ソーセージのうま みを吸ったライスの豊かな味わいにはだれもが虜になってしまいます。フランス 占領下の影響を色濃く残すルイジアナの食文化の中には、18世紀後半スペイン領 だったことからスペイン料理をオリジナルとするものも見られ、ジャンバラヤは まさにその典型。「アメリカの中のフランスの中のスペイン」という歴史が編み 出した究極の味がここにあります。


●Red Velvet Cake
(ビーツを使ったレッド・ベルベット・ケーキ)
深紅のスポンジにだれでも最初はびっくり…のレッド・ベルベット・ケーキ。南 部生まれのデザートも今では全米で人気となりました。トレードマークの赤い色 はもともと、材料のココアとバターミルクが反応して発色したものだったとか。 現在のココアでは色が出ないため、食紅を使うのが一般的となっていますが、ロ バートのベルベット・ケーキはビーツを使った天然色。まさにベルベットのよう なしっとり食感を出す秘訣もお教えします。(クラスの時間の関係でスポンジは 焼成済み、仕上げのみクラスで行います)


●Some Kind of Wonderful Drink
(お飲み物)
今のところ白ワインを考えています。ケイジャンを引き立てる、なにかすっきり した味わいのものを…。


●Coffee
(コーヒー)

※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:小田急線「千歳船橋駅」北口改札口から徒歩9分ロバートの御自宅

※お子様も参加可能