Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

季節の贅沢! ジビエとワインで華やかに(写真付き)

日差しも和らぎ風の中にも確実に秋を感じられる10月…食卓はもちろんジビエの 季節を迎えます! ジビエとは狩猟によって野山で収獲される鳥獣肉のこと。ヨーロッパでは11月か ら、日本ではもう少し早く10月からシーズンが始まります。狩猟の期間が限られ るため、秋ならではの特別な料理ととらえられがちですが、ヨーロッパではごく 一般的な家庭料理として親しまれており、独特な風味を持つ肉類の仕込み方も各 家庭に浸透しています。肉食文化の原点ともいえるジビエ料理、まずはロバート お薦めの鹿肉で味わってみましょう。


●材料費(鹿肉)の関係で通常よりクラス代が600円アップします。

●ロバートのクラスでは、既製品のソースなどの使用を極力避けていますので、 実際の料理にどんな材料がどのくらいの量入っているかがわかります。塩分や脂 肪の含有量を知りたい場合も安心です。

●クラスでは、時間をかけて取った本格的なスープストックなどを使いますが、 手間を省くための代替手段も、可能な限り紹介していきます。

開催日時


メニュー


料理の紹介


●Roasted Beet Salad w/ Orange-Cranberry Dressing Toasted Pecan and Blue Cheese
(ビーツのサラダ オレンジドレッシングとブルーチーズ)
鮮やかな赤色が食欲をそそるビーツ。ほんのり土の香りが漂う収獲の秋のイメー ジにぴったりの野菜です。フレッシュのビーツをオーブンで焼き、ナッツやブルー チーズを添えるとまさに季節のサラダに。


●Roast Venison Loin with Black Currant-Zinfandel Sauce
(鹿肉のロースト ブラックカラントのワインソース)
ジビエ料理に欠かせないのがフルーツとワイン。一般的に鉄分の多い肉が多いた め、フルーツと一緒に料理して風味づけする方法が人気です。またジビエのお供 は必ずワイン。ヨーロッパの醸造家の中には、その相性を極めるため、収獲が見 込まれるジビエに合わせてワインを造ってしまう人も少なくないそうです。今回 は鹿肉のローストに、ブラックカラント(黒スグリ)を使ったジンファンデ ル種の赤ワインソースを合わせます。(鹿肉の入手法は、クラス当日ロバートか らアドバイスがあります)
※イメージ↓写真右がブラックカラント



●Crispy Herb Spaetzel
(クリスピー・ハーブ・シュペッツェル)
シュペッツェルの原型はもちろん、南ドイツの郷土料理として有名なシュペッツェ レ。ジビエにあわせ、そのソースとともにいただく伝統はアメリカでもしっかり 受け継がれています。クラスではもちろんシュペッツェルを手作り、茹でたあと ハーブやチーズと合わせて炒め上げます。生地の作り方、意外な成型の仕方にも どうぞご注目を。マカロニチーズの国のあっと驚く洗練の味が登場します。
※イメージ↓



●Apple-Bourbon Raisin Crisp w/ Bourbon Cream
(アップル・レーズン・クリスプ バーボン風味クリーム添え)
秋になると、イギリスを始めヨーロッパの至るところでおやつにお茶に登場する アップルクリスプ。ざくざく混ぜて焼くだけなのにやみつきになる食感が魅力で す。今回はアメリカを代表するテネシーウィスキー、ジャック・ダニエルで風味 づけし、アメリカンテイストに仕上げます。
※イメージ↓



●Red Wine: California Zinfandel
(赤ワイン:カリフォルニア産ジンファンデル)
ジンファンデルはアメリカ生まれのぶどう品種と言われ、濃厚な果実香がありな がらタンニンがまろやかで親しみやすく、現在はオーストラリアでも栽培されて います。今回はメインのソースと合わせていただきましょう。



●Coffee
(コーヒー)

※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:小田急線「千歳船橋駅」北口改札口から徒歩9分ロバートの御自宅

※お子様も参加可能