Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

メルゲーズソーセージとロバートの地中海式ダイエット(写真付き)

東京、千歳船橋(新宿から小田急)英語でのクラスです。

今回のメインはマグレブ諸国で大変よく食べられているソーセージ、メルゲーズです。 必ず焼いて食べるのですが、中に配合されているスパイスの関係で焼くとソーセージがほんのり赤くなり、 さらに割るとそこから出る赤い肉汁をクスクスにかけて食べるのです。 それがこのお料理の醍醐味と言われています。

さて最近「地中海式ダイエット」がニューヨーカーの間で、再び注目を集めています。

地中海沿岸地域は、昔から心臓病による死亡率が低く、長寿の人が多いことで知られていました。
戦後、WHO(世界保健機構)などが主体となって、伝統的な健康食とは何か、と世界中のお料理を調べた末 「地中海式ダイエット」というひとつの結論が定義されました。 適度な脂肪、果物、野菜、チーズやお肉そしてオリーブオイル。さらにワインを飲むことで 体の中から元気をつくろうという方法です。
わたしは自分の持っているレシピの中から、モロッコ、イタリア、チュニジアなどの地中海料理をこの定義を元に 今一度見直してみました。
美味しく、そしてバランスの良い食事とはなにか。みなさんと一緒に考えてみようと思います。 長く健康に過ごす地中海の人たちにとって元気の源である美味しさも一緒にお届けします。



●ロバートのクラスの特徴は「舌で味を学ぶ」です。調理過程での試食の回数が 多く、料理の味がどう変わっていくか、実感しながら習うことができます
●ロバートは、既製品のソースなどの使用を極力避けていますので、 実際の料理にどんな材料がどのくらいの量入っているかがわかります。塩分や脂 肪の含有量を知りたい場合も安心です。
●クラスでは、時間をかけて取った本格的なスープストックなどを使いますが、 手間を省くための代替手段も、可能な限り紹介していきます。

開催日時


メニュー


料理の紹介


Fattoush salad
●ファトゥーシュ(焼きピタパン入りサラダ)
ファトーシュは爽やかな酸味のスパイス、スーマックを使用したアラビア・地中海の有名な野菜をたっぷり使ったサラダです。
特徴はアラブのピタパンをクルトン代わりに使うこと。パリっと香ばしいトッピングと
アラブのスパイス「スーマック」の絶妙なコンビネーションが楽しめます。
ロバートのファトゥーシュはロメインレタスやヤギのチーズ、
フレッシュミント、コリアンダーやパセリなどのハーブをふんだんに使った御馳走サラダ。
※イメージ↓

ここで使われる「スーマック」ですが、アラブ、トルコ料理によく使われるスパイスです。 強い香りはありませんがほのかな酸味があり、ちょっと味見をしてみると日本人は「ゆかり」にそっくり!と感じる方が多いようです。 さて、このス―マックを使ったお手製ドレッシングをかけることによりレストランの味が生まれ代わります。
※イメージ↓



Lamb Mergues Sausage with Fresh Harissa and couscous
ハリッサとクスクスを添えたメルゲーズソーセージ
●メルゲーズ(パプリカとラム肉のソーセージ)
マグレブ・地中海のソーセージにも色々種類があります。
中でも「メルゲーズ」というのはマグレブ諸国で大変よく食べられているソーセージで、
かならずたっぷりのパプリカパウダーと新鮮なラムの肩肉を挽いたものを使います。
アラブ社会では豚肉を食べることは禁じられているからです。
そしてパプリカパウダー以外に加える味付けのスパイスや、各々の配合の違いに
よって作り手独自の味を生み出します。
またメルゲーズは必ず焼いて食べるのですが、焼くとソーセージが赤くなり、
さらに割るとそこから出る赤い肉汁をクスクスにかけて食べるのです。
それがこのお料理の醍醐味と言われています。
世界での認知度ですが、マグレブ以外にもフランスのソーセージ屋さんでも
大変人気で良く見かけます。フランスではクスクス以外にパンにはさんでよく食べます。
※イメージ↓



●ロバートの特製クスクス
小麦粉から作る小さく粒々としたクスクス。モロッコでは食べる直前にサフラン味のスープをかけ、
チュニジアではスープに浸してから唐辛子のペーストハリッサを添えて。
イタリアではオリーブオイルと野菜を混ぜながら。各国によって好みの作り方があるようです。

本格的な美味しいクスクスは本来専用の蒸し鍋を使い、
蒸して、熱いうちにほぐして、を3回繰り返す、という作業が必要になります。
なかなか自宅で忠実に再現はせず、ボウルにクスクスを入れて熱湯かけてふたをして…作っている方が多いのでは?
しかしここまで手を省いてしまうと美味しいクスクスは作れません。
時間はないけど美味しいクスクスが食べたい!という皆さん、簡単で時間もかけずにとても美味しいクスクスを作る秘密をロバートが教えます!

蒸し上がったクスクスに手作りハリッサ、メルゲーズと肉汁をかけて召し上がってください。
※イメージ↓



●手作りハリッサ
ハリッサはマグレブ諸国のチュニジアで使われる調味料で、
唐辛子にスパイスを混ぜ合わせて作るペーストのようなものです。
マグリブ料理店では自家製のハリッサを用いる店も多くそれが売りになっています。
こちらもクラスで作ります。スパイスの香りが効いた辛いハリッサはメルゲーズと一緒にいただくとやみつきになりますよ。
※イメージ↓



The Warm Mediterranean Vegetable salad
  ●グリルした檸檬で食べる地中海の温かいサラダ
檸檬をグリルして他のグリル野菜に良く味をなじませながらミックスしてしまうのがなんともユニーク!
万能に使える、生姜とニンニクの効いた地中海風のオリーブオイルドレッシングでいただきます。
グリルしたレモンの味ってどんな味なんでしょう。是非楽しみにいらっしゃってください

※イメージ↓



La Bonissima
●ラ ボニッシマ
イタリア、モデナという都市で貧しい人々を助けるためすべての宝石を売ったという中世の貴婦人の名前に由来するタルトです。
レモン風味のタルト生地にフィリングははちみつ、ラム酒と混ぜ合わせたたっぷりのクルミ。
香ばしく焼きあげたタルトのグレーズにはチョコレートとさらに蜂蜜を使って仕上げます。
※イメージ↓



Wine
●ワイン
※イメージ↓



Tea or Coffee
●紅茶またはコーヒー

※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:ロバート自宅-

※お子様も参加可能