Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

ショートクラス:シェフの時代の思い出:メキシコの朝食(写真付き)

東京、千歳船橋(新宿から小田急)英語でのクラスです。
リクエストで「チラキレス」のオーダーを受け取りました。
わたしがサンフランシスコのレストランを開いていた時に、私のお店で働いていた メキシコ人達がよくまかない料理でつくっていたのが「チラキレス ロッホ」です。 思い出が深く、このお料理をつくると当時にいつもトリップします。
チラキレスは トルティーヤを揚げて作った「トトポス」をサルサソースで煮た伝統的な朝ごはん。 メキシコではトルティーヤを小さく切って揚げたトルティーヤ・チップスをトトポスと呼んでいます。 揚げてカリカリッとしたトトポスに、いい具合にソースが染み込んで、ふにゃっとした所と パリっとした2つの食感が楽しめて本当に美味しい。

一度食べ たらクセになります!

さて今回のクラスはショートクラス。 クラス時間は短めの3時間。 色々な事情で時間に制限のある方向けです。 そのためレシピ付きで下準備済みのもが多く含まれます。 楽しく美味しく短時間でお料理を楽しみたい方向けです。

開催日時


メニュー


料理の紹介


●チラキレス ロッホ
メキシコ料理では朝食の定番メニューです。
チラキレス、と言えばサンフランシスコで働いていた頃、同僚のメキシコ人がよくまかないで 作ってくれたのが懐かしい思い出です。 チラキレスはアメリカで言うところのナチョスに似ていますが、ナチョスよりも美味しくて、通常朝食で食べるところが違いと言えるでしょう。 今回はチョリソを使ったチラキレス ロホ(赤いチラキレス)を作りましょう。 トルティーヤチップスはメキシコのドライチリを使って作る本格チリソースで調理し、卵、ラディッシュ、アボカドやチョリソを乗せていただきます。これが朝食?とびっくりするような具沢山! なんと言ってもスペシャルなのは自家製チョリソ。クラスで手作りします。 そしてメキシコ料理に欠かせないのがリフライドビーンズ、と呼ばれる豆の付け合せ。ボリュームたっぷりのパワーブレックファストです。
※イメージ↓



●リフライドビーンズ
豆料理を毎日食べるメキシコ。
毎食食べる人がほとんどだそうで、メキシコの食卓では当然並べられています。
リフライドビーンズは別名フリフォーレス・レフリトス。
豆を柔らかく煮てつぶし、さらに油で炒めたものです。
※イメージ↓



●ソパイピージャ
ソパイピージャは小麦粉、バターなどで作ったパンのような生地を空気を含ませて揚げたスナック。アルゼンチン、チリなど南米の国々や、ミューメキシコ、テキサスなどアメリカでも見られます。軽い食感が特徴で揚げたてをそのまま食べたり、ケチャップ、マスタード、チリペーストなどをつけて食べたりします。 今回は甘く味付けし、オレンジの皮で香りをつけたクリームチーズミックスを中に詰めて揚げ、メキシコのキャラメルソースをかけていただきましょう。
※イメージ↓



●アグア フレスカ
メキシコの甘酸っぱくて軽いフルーツジュース。
メキシコ料理店に行くと、必ずといっていいくらい見られるのが、樽のような入れ物に
たっぷり入ったカラフルな飲み物アグアフレスカ。
スイカやメロン、パイナップル、時にはお米やタマリンドなど季節の果物を使ってつくります。 アグアフレスカとはフレッシュウォーター、直訳すると新鮮な水、という意味になります。フルーツを使って作るとてもさわやかな飲み物で、水代わりに飲まれています。 スイカを使うアグアフレスカが一番ポピュラーですが、パイナップル、マンゴー、メロンなどいろいろなバージョンがあります。 どのフルーツを使うかはまだ決めていませんが、クラスの時期に一番旬で美味しいフルーツを使いたいと思っています。
※イメージ↓




※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:ロバート自宅-

※お子様も参加可能