Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

ウズベキスタンの冬市場

JR東神奈川、東横線反町駅。日本語でのお教室です
ディーリャです。ウズベキスタンで日本人の旅行ガイドをしていました。その縁があり国立の宮城大学へ留学。日本人と結婚をし、日本に住んでいます。クラスでは皆様と一緒に「作って」、「食べて」、「喋って」、「踊って」楽しく過ごしたいと思っております。
中央アジア、ウズベキスタン。まさに文明の十字路で、アジア、ロシア、ヨーロッパそして中東が神秘的に混ざり合っています。それは食文化にもいえること。さあ一緒に作りましょう。

寒い季節にピッタリのウズベキスタンの体があたたまる料理を紹介しましょう。
冬になるとウズベキスタンの冬市場には青芯大根やざくろが並び始めます。日本でも手に入る青芯大根は別名中国大根とも呼ばれていて甘味があります。これぞウズベキスタンではザクロと牛肉と一緒にサラダにします。今回はおもてなし風でご紹介いたします。
そしてメインはディムラマはウズベキスタンでポピュラーな鍋料理です。羊の肉とお野菜をたくさん使って、鍋で煮込みます。羊肉は脂肪を効率よく燃やす短鎖・中鎖脂肪酸が豊富に含まれていることと、冷え性に効果のある鉄分やビタミンB12が豊富であることから、体をあたためる働きがあると言われています。
また、冬はキャベツやネギが甘みを増しておいしくなる季節、これらの野菜をふんだんに使ってビタミンをたっぷり摂取し、風邪に負けないよう体調を整えましょう。

開催日時


メニュー


料理の紹介


Welcome drink: Turshak Sharbat トルシャク・シャルバット
●干しあんず入りローズヒップティー
干しあんずとローズピップを弱火でじっくり煮出して作るウズベキスタンの健康ドリンクです。ローズヒップにはビタミンCが豊富に含まれていて、しかもローズヒップのビタミンCは加熱しても壊れにくいので、風邪予防のためにとくに冬に飲まれています。あんずの優しい甘さと華やかな香り、ローズヒップの爽やかな酸味が一体となって、体にじんわりと染み込むようです。
※左: 実物, 右: ローズヒップとあんず・イメージ



ウズベキストン サラト

●青芯大根と牛肉とザクロのサラダ
目も舌も喜ぶサラダです。ウズベキスタンで冬に多く使う野菜といえば青芯大根が一番に目に浮かびます。別名中国大根と呼ばれる分類の大根で、日本でも西日本で収穫されています。甘味が強く、水分が多いのが特徴です。 そしてザクロ。ウズベキスタンで甘いザクロと甘酸っぱいザクロと2種類があります。 中に牛肉も仕込むので、私の故郷ではありふれた遅い剤ですが、このように特別な高級な料理のようにケーキのように美しく盛り付ければ、おもてなしの料理として出してもびっくりされるでしょう。
※イメージ↓



Dimlama ディムラマ
●ウズベキスタン風羊肉鍋
ディムラマというのは「蒸し料理」という意味です。大きくカットした肉と野菜を鍋に層のように重ねて蒸し煮にします。一度に野菜をたくさん食べられる、体にうれしいお料理です。欠かせないのはジャガイモと玉ねぎとにんじんとキャベツ。その時期の旬の食材を使い、秋にはマルメロ(西洋カリン)を入れることもあります。夏であればナスやピーマンを加えます。
かつて「ウズベキスタンはソ連の台所」と言われていましたが、私の祖国では野菜や果物が豊富に採れるので、その自然の恵みをふんだんに食すようにと生まれたのがこの料理なのです。
※イメージ↓



Morkavcha マルカヴチャ
●朝鮮族が市場で売るニンジンサラダ
もともとは朝鮮から伝えられたサラダです。ソ連時代、ウズベキスタンには多くの朝鮮人が移住してきました。現在もそのまま住み着いた朝鮮の人々がいて、市場には朝鮮風のおいしいサラダを売る店があります。このサラダはたっぷり作って冷蔵庫に入れて作り置きが可能で、他のサラダにアレンジすることもできるので、毎日飽きずに食べられます。ニンジンは免疫力を高め、美肌やダイエットにも効果がある食材。冬にこそ食べたいサラダです。
※実物↓



Chebureki チェブレキ
●ウズベキスタン風牛肉・揚げパン
ウズベキスタン、ロシア、トルコ、ウクライナ、カザフスタンなどで広く食べられている昔ながらのファストフード。もともとはチュールク系とモンゴル系の料理で、「生地に包んだ」「餃子なような」という意味だと言われています。ウズベキスタンの半分の地域は牧畜業が盛んで、昔は多くの人が遊牧民でした。移動しながら暮らす遊牧民にとっては、保存が効く小麦粉と油が必須の食材で、放牧している羊を肉にして(※クラスでは牛肉を使います)、小麦粉で作った生地で包んで揚げる「チェブレキ」が広まったのだと思われます。半月の形は、中の肉汁をこぼさずにおいしくいただくため。クラスでは中身には牛肉を使い、生地がパリパリになるようからっと揚げて、ピリッと辛いトマトソースをかけていただきます。
※実物↓
>


アペルシンリク ケクス

●みかんケクス
ウズベキスタンのジューシーなケクスを実習します。 みかんを食べ飽きてきたら、爽やかな香りのケクスして食べるこのデザートがおすすめ。 上質なオレンジの香りとバターをたっぷり使用。 芳醇な風味あふれる贅沢な食感が口いっぱいに広がります。 私たちの国ではスパイス ティーと一緒に食べます。
※イメージ↓



Uzbek Tea マンダリン チョイ
●みかんティー
たっぷりのごちそうのあとは、「チョイ」と呼ばれるお茶を一緒に楽しみましょう。 乾燥したみかんの皮をつかって作る手作り感のある紅茶は、ミルクは入りませんがまるでインドのチャイのように スパイスも入りぽかぽかと体を温めてくれます。作り方を御紹介します。
※イメージ↓



●文化紹介
1.ウズべキスタンの民族ダンス 2曲
※イメージ↓



2.ディーリャさんがウズベキスタンの民族衣装を着てくださいます
※イメージ↓



お持ち帰りがあります。
タッパーをいくつかお持ちください。朝鮮族が市場で売るニンジンのサラダや羊鍋はお持ち帰りがありますので水分がでない容器も2つお持ちください。


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして(クリックしてください)

※キャンセル待ちの方法につきまして(クリックしてください)


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は会員画面にアクセスしてください。ご予約時のパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。



注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。


※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:東神奈川そして反町駅そばの指定箇所に集合。 詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。

※お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。