Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

しょうがの風味が美味しいヘルシーな
タイ北部の豚肉としょうがのカレー
絶品「ゲーン・ハンレー」

小田急線新百合ヶ丘(川崎市)日本語と英語のミックス、ベテラン主婦のミキさんのクラスです。タイ人らしいマイペンライ(気にしない)なおおらかさがチャーミングなミキさんが作るタイの家庭料理は、お店で食べるよりもおいしいと評判です。

日本ではまだまだ肌寒さが続く季節にぴったりの、タイ北部で人気の「ゲーン・ハンレー」をご紹介します。まだあまり知られてはいませんが、マッサマンカレーのように大ブレイク間違いなしの美味しいカレーです。しかも、しょうがをたくさん使うので、体があたたまって健康にもいいと言われています。日本のらっきょに似た、にんにくの甘酢漬けもはいり、お肉はコトコト煮込むので柔らかく、またレモングラスなどが香るカレーのルーはほんのりとフルーティーな酸味もあって、ごはんとの相性もよく、ついつい食べ過ぎてしまうことが心配なほど。ぜひ、味わってみてください。みきさんの大好物だそうでクラスでは初めて教えるそうです。

開催日時


メニュー


料理の紹介

■ชาขิง CHA KHING
チャー・キン/ジンジャーティー
タイでは古くからチャー・キンをよく飲んでいます。それはしょうがの成分が体をあたためて健康によいと知っているから。また、胃腸の働きを整えるとも言われています。一年中暑いタイでは体にこもった悪い熱を取って涼しくするとともに、体を冷やし過ぎないよう、体温を上げることで暑さに負けない体を作ると考えられています。


■ผัดวุ้นเส้น  PAD WOON SEN
パッ・ウンセン/タイ風春雨炒め
春雨の焼きそば。春雨はカロリーが低いので、タイではヘルシーフードとして食べられています。味付けはタイの醤油がベースで、胡椒を利かせて引き締めます。大人も子供も大好きな味で、 週に一度は食べる、という人も少なくありません。食堂や屋台でもよく見かける料理ですが、手軽に作れるので、家庭でもお母さんたちがよく作る料理のひとつでもあります。家庭ではえびを入れたり、 豚肉を入れたり、ソーセージを入れたりと様々。麺料理としてこれ一皿でも食べますし、ごはんのおかずにもなります。しかも、緑豆春雨を使って日本でも手に入りやすいのでおすすめです。
※実物



■ถุงทอง TOONG THONG
トゥントーン/タイ風えびと豚挽肉の巾着揚げ
トゥントーンとはタイ語でゴールドのこと。昔、金貨を入れていた巾着袋に姿形が似ているのと、揚げた色合いが黄金色であることから、そう呼ばれるようになったと言われています。タイではパーティの前菜によく出される伝統的な料理です。その名前や見た目が縁起がよいので、お祝いごとの宴席に好まれるということもありますが、えびと豚肉の旨味が凝縮されるので食べても美味しく、家で作れば子どもも大喜び間違いなしです。パーティの時には、下ごしらえをして冷蔵庫に入れておけば、お客様が到着したらさっと揚げてすぐに出せるのでとても便利です。甘辛いスウィートチリソースをつけていただきます。
※実物



■แกงฮ้งเล  GANG HUNG-LAY
ゲーン・ハンレー/タイ北部の豚肉としょうがのカレー (にんにくの漬け物ガティアム・ドーン入り)
日本ではまだあまり知られていないようですが、タイ北部のチェンマイなどではとても人気の高いカレーです。もともとはミヤンマーから伝わったもので、チェンマイでは「ビルマのカレー」とも呼ばれています。 メインとなる食材は主に豚バラ肉が使用され、さらに大量のショウガを加えます。また、隠し味としてガティアム・ドーンと呼ばれるニンニクの甘酢漬けを加えます。 甘みがあって南部のマッサマンカレーと似ているとも言われますが、マッサマンカレーと違ってココナッツミルクは使用しません。チェンマイで有名なカレー風味の麺、カオソーイのスープとも異なる味わいで、 スパイシーであり、かつ酸味があるのが特徴です。その酸味のもととなるのはタマリンド。フルーティーな酸っぱさが豚肉とよく合います。また、タイのカレーはあまり長く煮込まないのが一般的ですが、 このゲーン・ハンレーは豚肉が柔らかくなるまでじっくり煮込みます。ココナッツミルクを使わず作るので、スープはさらりとしていて、 「ハンレー」は、ミャンマー語の「豚のカレー」が語源。生姜とガーリックも入り、ごはんとの相性も抜群です。
※実物



■GANG HUNG-LAY のカレーペースト
ミキさんの大好物ゲーン・ハンレーのカレーペーストを作りましょう。レモングラスやガランガーの入った香り高いペーストです。


■ข้าวสวย  KHAO SUEY
カオ・スワイ/ごはん


■自家製スイートチリドレッシングのサラダ/タイのスイートチリソースドレッシングのエッグサラダ
スイートチリソース。ディッピングソース以外に使い道はないかしら。とお探しの方にお勧めのレシピを御紹介しましょう。 タイの古典的なレシピに西洋のスタイルが加わったフュージュン料理が作れるドレッシングで、洗練した味わいが楽しめます。作ったドレッシングは冷蔵庫で保存がきき、飽きのこない味もおすすめする理由の一つです。


■วุ้นสังขยา  WOON SANKAYA
ウーン・サンカヤー/カスタードゼリー
サンカヤーはタイのカスタードクリームのこと。街角の屋台でパートンコー(揚げパン)を売っているのを見かけたことがある人も多いと思いますが、 そのパートンコーにつけて食べるカスタードクリームがサンカヤーです。そのほかにプリンのようなものもサンカヤーと呼ばれ、日本では「かぼちゃのプリン」として紹介されているデザートも、 サンカヤー・ファクトーンという名前がつけられています。たまごを使ったとろっとしたデザートの総称という感じで捉えていただけるといいかと思います。 そして今回紹介するウーン・サンカヤーは、そのサンカヤーをゼリーで固めたもの。ヤシ砂糖とココナッツクリームを使い、パンダンの葉で香りをつけたタイらしい味わいのスイーツです。
※イメージ



■กาแฟ ชา Kaafe, Cha
ガフェー、チャー/コーヒー、お茶
タイではコーヒーのことはガフェー、お茶のことをチャーと呼びます。冷たいコーヒーはガフェーイェン、ホットコーヒーはガフェーローンと言います。タイではコーヒーはミルクがたっぷりで甘いのが基本です。コップにまずコンデンスミルクを注ぎ、その上に濃いめに淹れたコーヒーを注ぎ、仕上げにエバミルクを加えます。ミルクなしのあたたかいコーヒーが欲しい場合はガーフェーローン・マイアオミルクと注文します。ミルクなしでコンデンスミルクの代わりに砂糖を入れてくれる場合もあるので、ミルクなしの甘くないブラックコーヒーがご希望の場合には、ガフェーローン・マイアオミルク・マイアオシュガーと言います。マイオアは「なしで」という意味です。


※タイ料理は、右手にスプーン、左手にフォークを持って食べるのがマナーです。料理を口に運ぶのは、右手のスプーン。基本的にはフォークは料理をスプーンに乗せる時のサポート役として使います。そのため、テーブルセッティングでも中央に皿を置いて、右にスプーン、左にフォークを置くことがあります。

Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※※写真はお料理名のご紹介のためのイメージです。実物とは異なります
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等



※待ち合わせ場所:小田急線新百合ヶ丘駅(しんゆりがおかえき)改札口。詳しい経路につきましてはご入金後に発送いたします案内書に記載いたします