Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

ペーストから作るから新鮮な香りで美味!
南タイの辛旨豚そぼろ

小田急線新百合ヶ丘(川崎市)日本語と英語のミックス、ベテラン主婦のミキさんのクラスです。タイ人らしいマイペンライ(気にしない)なおおらかさがチャーミングなミキさんが作るタイの家庭料理は、お店で食べるよりもおいしいと評判です。

あたたかくなると辛いものが食べたくなりませんか? 辛い料理を食べて汗をかくとスッキリしますよね。4月のクラスで紹介するのは、辛くて美味しいタイの南部の料理です。子どもから大人まで大好きな豚肉の激辛そぼろ「カウ・グリン・ムー」。もちろん、ただ辛いだけではありません。豚肉の旨味と、はじけるような生き生きとしたハーブの香りが食欲をそそります。だから、シンプルな料理なのに味わい深くて美味しい。ペーストを作るのは面倒かもしれませんが、この美味しさを知ったら、わざわざペーストを作る手間も苦に感じなくなるはず。辛すぎるのは苦手という方は、マイルドな辛みの唐辛子を使うことで辛さを調整していただけます。あわせるのは、甘めの味付けで辛い「カウ・グリン・ムー」の箸休めにぴったりな手羽煮込み「ピーク・ガイ・パロー」です。どちらもごはんと相性のいい絶品おかずです。
※実物↓

開催日時


メニュー


料理の紹介

ชาร้อน / Cha Roon / チャー・ローン
●ウェルカムドリンク: タイのお茶


คั่วกลิ้งหมู / Kua Gring Moo / カウ・グリン・ムー
●スパイシーな南タイの豚そぼろ
タイ南部でもっとも人気のある料理です。ひとことで言うと、辛旨な豚肉のそぼろ。「クア」とは、絶え間なくかき混ぜながら低温で炒るという調理法を指します。突き抜けるような辛さとコブミカンの葉の爽快な香りが、この料理の特徴です。そぼろ自体は日本の方にはめずらしくはないかもしれませんが、味付けのペーストから作るからこそ味わえる特別な美味しさを体験してください。これぞタイ料理の真骨頂。ちなみに、タイでは豚肉のほかに、牛肉、豚軟骨、シーフード、カエルなどでも作ります。辛さを和らげるために、蒸したインゲンやキュウリを添えるのが一般的なスタイル。ごはんがすすんで止まらなくなる、めしどろぼうな一品です。
※実物↓



พริกแกงคั่วใต้ / Prig Gang Kua Tai / プリッ・ギャン・クア・タイ
●南部のカレーペースト
カウ・グリン・ムー(豚そぼろ)の味付けに使うカレーペーストです。ご存知かとは思いますが、カレーと言ってもインドのカレーとは異なります。パウダーではなく主に生のハーブを使うので、新鮮で華やかな香りが楽しめます。こちらのプリッ・ギャン・クア・タイ、レッドカレーペーストと似て真っ赤で見るからに辛そうですが、さらに香りがフレッシュでタイらしい美味しさです。手間はかかりますが、作り立てのペーストで料理を作ると香りがよく、格別な美味しさに仕上がります。その美味しさは、市販のペーストとは比べものになりません。
※ペーストづくり・実物↓



ปีกไก่พะโล้ / Peek Gai Palow / ピーク・ガイ・パロー
●鶏手羽の煮込み
ピーク・ガイとは鶏手羽、パローは五香粉のこと。鶏手羽と厚揚げとゆで卵を、甘みのあるタイのたまり醤油とヤシ砂糖を加えた汁で煮込みます。タイの市場にある惣菜店では必ず見かける人気のおかず。辛さはなく、ごはんにぴったりの甘じょっぱい味付けで、タイの子どもたちはこの料理が大好きです。ビールとも相性がいいので、大人にも喜ばれます。
鶏手羽が柔らかくなるようにじっくり煮込みますが、火にかけておくだけで手間はかからなないので作るのは簡単です。作り置きもできるので、時間のある時にまとめて多めに作っておくのもいいですね。
※実物↓



หน่อไม้ผัดไข่ / Nor Mai Pad Kai / ノー・マイ・パッ・カイ
●筍と卵の炒めもの
タイのおふくろの味。こちらもごはんのおかずにも、ビールのつまみにもぴったりの一品です。材料を刻んでさっと炒めるだけで手早く作れます。
タイのお弁当ではこのノー・マイ・パッ・カイはお馴染みで、誰もが年に何度かは口にしているはず。タイではそのくらいポピュラーなおかずです。春は筍の美味しい季節です。また水煮の筍でも美味しく作れますので、ぜひおためしを。
※実物↓



ข้าวสวย / Khao Suoy / カオ・スワイ
●ライス
※盛り付け・実物↓



ขนมฝอยทอง / Kanom Foy Tong / カノム・フォイ・トン
●卵の黄身のデザート
このデザートは甘く味付けした卵の黄身で作ります。たくさんの卵黄を使うので、とても贅沢なデザートです。卵液を小さな穴の開いた専用の器具を使って、沸騰したお湯の中に糸のように細く線を描くように落としていきます。正直言って、簡単ではありません。上手に作るには何度も繰り返し練習する必要がありますが、その黄金に輝く美しさと、思わず笑顔になってしまう濃厚な美味しさは、手間をかけて作るだけの価値があります。
※実物↓



กาแฟ ชา / Kafe Cha / ガフェー、チャー
●コーヒー、お茶
タイではコーヒーのことはガフェー、お茶のことをチャーと呼びます。冷たいコーヒーはガフェーイェン、ホットコーヒーはガフェーローンと言います。タイではコーヒーはミルクがたっぷりで甘いのが基本です。コップにまずコンデンスミルクを注ぎ、その上に濃いめに淹れたコーヒーを注ぎ、仕上げにエバミルクを加えます。ミルクなしのあたたかいコーヒーが欲しい場合はガーフェーローン・マイアオミルクと注文します。ミルクなしでコンデンスミルクの代わりに砂糖を入れてくれる場合もあるので、ミルクなしの甘くないブラックコーヒーがご希望の場合には、ガフェーローン・マイアオミルク・マイアオシュガーと言います。マイオアは「なしで」という意味です。


※タイ料理は、右手にスプーン、左手にフォークを持って食べるのがマナーです。料理を口に運ぶのは、右手のスプーン。基本的にはフォークは料理をスプーンに乗せる時のサポート役として使います。そのため、テーブルセッティングでも中央に皿を置いて、右にスプーン、左にフォークを置くことがあります。これがタイ式。



Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※※写真はお料理名のご紹介のためのイメージです。実物とは異なります
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等



※待ち合わせ場所:小田急線新百合ヶ丘駅(しんゆりがおかえき)改札口。詳しい経路につきましてはご入金後に発送いたします案内書に記載いたします