Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(スーラ先生)もっとも旨みが欲しい時に作るナヒチェヴァンの「石のコフテ」

京王線芦花公園駅(世田谷区)日本語でのクラスです。

石を使って作るコフテだから「石のコフテ」。数多くあるコフテ料理の中でも群を抜くユニークさです。石の上に肉を乗せ、くるみの木でできたハンマーで叩いて作るという方法を用います。
現代に至るまで家庭にこのセットがあるにはきちんとした理由があります。肉の繊維が壊れて柔らかくなると同時に、所々に肉の食感がうまく残るのです。機械では出せない手作りならではのおいしさ。もっと旨みが欲しい時に作る特別な方法を用いて、クリアなスープに浮かべるのが、わたしの出身地でもあるナヒチェヴァンの名物料理です。ナヒチェヴァンのハーブも入れ、故郷の懐かしい香りがします。
しかも、このコフテ、食べ方もユニーク。スープに浮かべたコフタはそのまま食べるのではなく、最初はスープにトルティーヤを浮かべて飲み、それからようやく具を食べるんです。
このおいしいコフテを食べたら、きっと家でも肉叩きをしたくなるでしょう。作り方を覚えたらアウトドアやキャンプで披露もできますよ!

開催日時


メニュー


料理の紹介

●ナヒチェヴァンの石のコフテ
夏の楽園。緑濃い木立、川のせせらぎ。アゼルバイジャンとアルメニアをはさんだ飛び地にある「ナヒチェヴァン」。ここには作り方がユニークな肉料理があります。石の上に羊肉を置き、くるみの木からできたハンマーで羊肉を叩いて作ります。
羊肉は、繊維が壊れて柔らかながら所々にうまく肉感が残り、手で叩いたものならではのアクセントのある肉料理になります。 コフテ料理は数多くあれど、肉の挽き方で段違いのおいしさになります。こうやって作る粗挽きの食感は、一番肉の旨みが感じられます。現在では、機械を使って粗挽きにする家庭もあります。
実はここからが本番。豆や麦も加えたら、ナヒチェヴァンのハーブを入れてコフタの完成。独特な香りが郷愁をそそります。このコフタをクリアなスープに浮かべて出来上がりなのですが、食べ方に注目。最初に、器にトルティーヤを小さくちぎって入れた上からスープを注いで飲み、次に具だけを食べます。アゼルバイジャンでもナヒチェヴァンだけに見られるユニークな料理です。
※羊が苦手な方は牛で作りますのでクラス開講の1週間前までにご連絡ください。
※イメージ↓

※アゼルバイジャンから持ってきました!くるみの木の肉叩き↓



●バクーのファセリ
粉もののおいしいアゼルバイジャン。「ファセリ」は、クミンやフェンネルなどのスパイスとバターを巻き込んだ生地を渦巻状にし、オーブンやタンドール釜で焼きます。パリッとかじるとスパイスの香りが立ち上る、焼き立てがたまらないパイです。アゼルバイジャン各地にあるファセリのうち、首都バクーの名前を冠するファセリをご紹介します。コツが満載の芸術的な技を楽しみにしていてください。
※イメージ↓



Lecho
●レチョー
甘く美味しい野菜が収穫される夏。 夏にたっぷり収穫された野菜を使った、来るべき冬のための保存食です。わたしたちは外でもこのお料理を作ります。鍋の中のコクのある甘さと辛さを持つレチョーをみんなでつつきながら夜が更けるまで会話を楽しみます。
ハンガリーが起源と言われる古い料理ですが、時代と国が変わっても基本材料は変わりません。それは、パプリカ、トマト、玉ねぎ。この3つを元にアゼルバイジャンの人々がどう地域に根付いた味にしてきたのか、お楽しみに。
※イメージ↓



Gavurdagi salad
●ガヴロダギ サラダ
小さく刻んだフレッシュな野菜に、同じく小さく刻んだくるみを散らした繊細なサラダです。野菜の甘みに加えてほんのりザクロソースの酸味を効かせたサラダは、夏の疲れを取る健康的なだけでなく、美容にも嬉しい一品。トルコ東部から伝わったもので、トルコでのメゼと同様にアゼルバイジャンでもヘルシーサラダとして食べられています。
※イメージ↓



●くるみ入りスジュック
トルコにはスジュックと呼ばれるチョリソーやサラミのような肉製品がありますが、そんなソーセージ型に作るスイーツがスジュック。トルコのみならず、アゼルバイジャン、ジョージア、ギリシャなどでも広く古く親しまれているスイーツです。
桑の実のジュースやぶどうの絞り汁を使うことから、特にぶどうが収穫される時期にぶどう農園や各家庭で作られてきました。アゼルバイジャンでは屋外で乾燥させ、一年中食べられるお菓子です。日本でも作りやすいくるみ入りで、日本では買えない伝統菓子を手作りしましょう。クセになるおいしさですよ。
※イメージ↓



Azerbaijan style black tea
●アゼルバイジャン式紅茶
アゼルバイジャン式の紅茶はトルコの影響を受けています。しっかり濃厚な紅茶を、アゼルバイジャン式のいれ方でお召し上がり頂きます。


Pommgranate Juice
●アゼルバイジャンのザクロジュース
アゼルバイジャンは果物の宝庫でもあります。アゼルバイジャンの高地で生産されるザクロを使った無添加のザクロジュースは、濃厚で上品な甘さとほんのり酸味のある本物の味。お食事の際のお飲み物としてご用意します。
※イメージ↓



●ウェルカムドリンクと軽いおつまみ
ご到着時にウェルカムドリンクと手作り菓子などをお出ししています。
のんびりとくつろいでからクッキングを行いましょう。
※過去の実物




Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」



※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所★京王線芦花公園駅指定場所 でお待ち合わせになります




※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名で予約後、別途お子様料金をお伝えいたしますのでメールにて年齢と人数をお伝えください。