Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(ベレンジェール先生)秋の自家製グラブラックスとシャンティ城のゴーフル

表参道 英語でのクラスです(駅から徒歩3分です)。
11月。秋もいよいよ深まってまいります。並木道は黄色く色付き、秋雨が降り始めます。 パリの側にあるシャンティ城付近には、ゴーフルスタンドがあり、焼きたてのあつあつをほおばることができます。 そしてフランスの秋はサーモンとジャガイモそして茄子。 フランス人が大好きなご馳走の一つ濃厚な甘味のサーモンは様々に変化をします。今回私は皆さんと一緒に サーモン グラブラックスを作ることにしました。お魚好きの日本の方にも、ずっと作り続けてもらえるような そんなレシピです。

開催日時


メニュー


料理の紹介

Welcome drink
●ウェルカムドリンク


- Saumon gravlax, paillasson
●サーモン グラブラックス
このお料理の起源は中世にさかのぼります。北欧の漁師が鮭を塩漬けにし、砂浜に埋めて軽く発酵させたことが由来だそうです。 現代のパリではシェフたちが、こぞって様々なレシピを開発しています。 今日のグラムラックスは発酵はさぜず熟成をさせます。ねっとり甘くとろけるような鮭の美味しさをお楽しみください。 食べるのが勿体ないぐらい綺麗です。
※実物



-Pomme de terre
●ポム・ド・テール
リヨンの名物料理ポム・ド・テールは、とろけたジャガイモと新鮮なハーブで作られたジャガイモのパンケーキの一種です。 リヨンのマルシェではポム・ド・テールを紙に包んでくれるので、それを食べ歩きしながらショッピングをするのがツーリストの楽しみの一つ。 レストランのお食事にも登場します。
※実物



-Aubergines farcies à l’agneau
●オーベルジーヌのファルシ・ラグーソース
ラム肉とハーブのラグーソースを詰めたしっとりと柔らか茄子のファルシを作ります。 ラムはしっとりと柔らかく煮込こまれ、食べ応えも十分。スパイスのほのかな香り合わさることで濃厚だけれど飽きさせない味わいに。 存在感のある茄子にはこの濃厚なラムのソースこそベストマッチ。一口食べた途端に ”美味しい!” と思わず言ってしまう一品です。
※実物



- Gaufre chocolat chantilly
●ゴーフル・チョコレート・シャンティイ
日本でゴーフルと聞くと、パリッとした薄いお菓子を想像される方も多いと思いますが、フランス語でワッフルのことを「ゴーフル(蜂の巣)」と呼んでいます。 フランスはお菓子の国、幸せの味を日々楽しむ事が出来ます。フランスはシャンティ城の側ではこのゴーフルに食べさせてくれるスタンドが あります。柔らかくサクサク感があり甘みは控えめのため、チョコレートやクリームをかけて楽しむのです。 格子型模様の焼き型でこんがりとキツネ色に焼きあがったアツアツのゴーフル。 甘くて香ばしい香りが人々を誘います。
※実物



French Wine
●ワイン
料理に合わせたフランス産ワインをお出しします。
※実物↓



Café, French Tea or Water
●フランスの紅茶、コーヒー、ミネラルウォーターなど
※実物↓




Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は14時30分前後になります。