Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(オスマン先生)キョフテ専門店も驚く
ピリ辛エズメと食べるスペシャルなウズガラ・キョフテ

東銀座、日本語のお教室です。
トルコ人のシェフが作る本格的なトルコ料理を味わえるお教室です。

トルコの肉料理としてケバブと並んで人気のキョフテ。家庭でも作られることが多いものの、キョフテ専門店もあるほどの奥深い料理です。今回はグリルしたキョフテ「ウズガラ・キョフテ」の真髄に迫ります。そのおいしさは、歯ごたえがしっかりありながらも肉汁があふれ、スパイスとの調和が取れていること。これこそが専門店ならではの技の見せ所です。
更には、通常はエズメ(前菜)のナスとトマトのピリ辛のディップをキョフテに合わせ、リッチな配合の手作りパンに挟むという手の込みよう。トルコ全土で見られるストリートフード、ウズガラ・キョフテのスペシャル・バージョンです。
ピリ辛フードには、マイルドなヨーグルトスープでバランスを取ります。もはやストリートフードの域を超えたレストラン料理です。

開催日時


メニュー


料理の紹介

SEHRIYELI YOGURT CORBASI/シェリエリ・ヨーグルト・チョルバシ
●ヨーグルトのバーミセリ入りスープ
トルコでは家庭でもレストランでも毎食必ずと言っていいほど出され、スープ専門店もあるほどのスープ文化の国。トルコの種類豊富なスープを月替りでご紹介しています。
ヨーグルトに卵を加えた濃厚なスープに、極細パスタ、バーミセリを加えて、とろりとしたスープのよいアクセントに。今回のスパイスの多い料理を中和してくれるマイルドなスープです。
※イメージ↓



PATLICANLI ACILI EZME/パトリジャンリ・アゼリ・エズメ
●ナスとトマトのピリ辛ディップ
メゼ(前菜)の代表格、エズメはディップのこと。ナスを使ったエズメは数限りないレシピがありますが、このエズメは、旨味の効いた厚みのあるトマト味でピリ辛なのが特徴。「アゼリ」は辛いという意味があるので、辛くなければ「アゼリ」とは呼べません。とは言っても火を噴くほどの辛さではないのでご安心を。エズメとしてパンのディップにはもちろん、キョフテに添えて食べてもおいしいんですよ。エズメの多彩な利用法を覚えましょう。
※イメージ↓



SUTLU EKMEK/ストゥル・エキメッキ
●ミルクパン
毎回異なるパンが登場しても尽きることのないトルコのパン。今回はミルクと卵をたっぷり使ったリッチな配合のパンを作ります。比較的ソフトな仕上がりになりますが、日本の柔らかなパンよりもずっとハード。だから肉汁あふれるキョフテと汁気のあるエズメを挟んでもしっかり受け止めてくれます。パンにも肉や野菜の汁気が染み込んだ一体感はたまりません。
※イメージ↓



IZGARA KOFTE/ウズガラ・キョフテ
●ウズガラ・キョフテ
ケバブと双頭ともいえるトルコ料理の代表といえばキョフテ。牛のひき肉にスパイスなどを入れて丸めて焼きますが、シンプルだからこそ奥深い料理です。グリルしたキョフテ、という意味のウズガラ・キョフテをおいしく作るためには細やかな技が要求されます。しっかりとした弾力、そしてあふれる肉汁にするためにも、トルコのひき肉は赤身多めが基本。しかも、主張しすぎずに肉の旨味を引き立てるスパイス使いも必須の技。キョフテという小宇宙の世界を追求しましょう。
普段はこのままお皿に盛り付けてもいいのですが、クラスではトルコで人気のストリートフードのように、クラスで作る焼き立てのパンに挟んで食べましょう。ピリ辛のパトリジャンリ・アゼリ・エズメを塗ったスペシャル・バージョンです。
※イメージ↓



HURMALI SUTLU TATLI/フルマリ・ストゥル・タトゥリ
●デーツミルクプリン
オスマン帝国の昔から、砂糖の代わりとしてデザートに多用されてきたデーツは今でもトルコの生活に欠かせないヘルシーな甘味のひとつ。身体の疲れを取ってくれると人気があります。まったりとしたデーツをミルクと合わせて滑らかで食べやすいデザートにします。カリッと香ばしいクルミも加えて飽きないおいしさです。
※イメージ↓



Turkish tea
●トルコ紅茶「チャイ」
トルコの紅茶は「チャイ」と呼ばれ、チャイ専用のティーポットでいれます。オスマンさんオリジナルブレンドのチャイは、しっかりした味わいに多くのファンがいます。
※実物↓



Welcome drinks: Turkish Juice
●ウェルカムドリンク:トルコのジュース
トルコには、たとえばザクロジュースやチェリージュースなど、ほんのり甘酸っぱくて美味しいジュースが沢山あります。美味しい果物の国、トルコならではのジュースをご紹介していきます。