Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(アルティ先生)ショートクラス: 西洋パンのためのカレー!パオバジ

西葛西、英語と日本語のクラスです。
インドの西部・マハラシュトラ州。名物はスパイスで、インドの中でも独特のスパイス使いは定評があり、珍しいメニューも豊富。そのマハラシュトラ州出身のアルティさんのご実家は何とスパイス屋さん。もちろんアルティさんもスパイス使いはお手の物。スパイスを入れるタイミングや、よりヘルシーに調理する方法など、工夫を凝らした料理がお得意です。

今回のメニューは菜食で作られている。いわばインドのパオバジは私の故郷マハラシュートラのファストフードです。パオと呼ばれる柔らかな白いパンに、パンに吸いやすいように少しシャバシャバな スープカレーを吸い込ませていただきます。インド方式のものとは違う、英国に統治されていた時に伝わった西洋スタイルのパン。 まさにパンのための考案されたカレーなのです。付け合わせに生の玉ねぎが付いていて、時折かじりながらいただきます。 これが癖になるほど美味しいんですよ

開催日時


メニュー


料理の紹介

●葛西のインド食材ツアー
クラスの後にインドの食材店にご案内します。インド料理は初めて!という方にもぴったりです。
※アルティさんとお買い物↓




●パンと食べるカレー!パオバジ
英国に統治されていたインドならでは。パンと一緒に食べる野菜のカレーです。 インドではカレーにチャパティやプーリーなどの練った小麦粉を油で 揚げるインド式のパンを食事のつけあわせにすることが多いのですが、中には英国に統治されていた 時に伝わった西洋スタイルのパンをつけあわせにすることがあります。 それにはそれ専用のカレーがあり..ということで専用カレーパオバジを紹介します。 パオバジとは野菜をペースト状にしスパイスと共に煮込んだカレー料理で、 通常のインドのカレーに比べてあっさりと上品な感じがします。 ところでインドで食べる西洋スタイルのパンは、たまに蔵前にあるアンビカトレーディングさんに置いてあるので 興味があったら見に行ってみてください。
※イメージ↓



●オニオン・パコダ
ひよこ豆で作る野菜のカキアゲをパコラと呼びます。 衣はサクサクとしていて中はしっとり揚げあがります。 インド以外では遠く離れた英国、特にスコットランドでオニオンリングと同じくらいパコラは人気があります。 もちろん移民が多いせいもありますが、ビールに良く合うという理由で英国に根付いたそうです。 衣から香るスパイスの香りがします。
※イメージ↓



●ラッシー
※イメージ↓




Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は1時間ほど延長になる可能性があります。