Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(オスマン先生)トルコ独自の小麦食材をふんだんに使ったレシピ!

東銀座、日本語のお教室です。 

トルコ人のシェフが作る本格的なトルコ料理を味わえるお教室です。


異なった文化の交差点にある国、それがトルコです。 トルコは、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アラブ諸国に隣接する国で、大昔から色々な国の人々が陸路や海路で、トルコを通って行き来していました。 トルコ料理は、世界三大料理のひとつと言われ、ケバブ料理は特に有名ですが、トルコの主食は小麦です。 トルコは小麦粉の世界有数の原産地でもあるので、パンの種類や小麦粉を使った料理が豊富です。今回は、トルコ独自の小麦文化から、玄米と同じくらい栄養価も高く、色合いも綺麗で、新たな食材としても注目されているブルグルを使用したピラフと、イルミックのお菓子をご紹介します。 また、トルコ料理の食材として非常にポピュラーなヨーグルトを使用したスープや、トルコ料理には欠かせない、ドルマスとキョフテもご紹介します。

開催日時


メニュー


料理の紹介


●1.レベニチョルバス (LEBENI CORBASI)
「麦とヒヨコ豆の冷たいヨーグルトのスープ」
レベニは、ヨーグルトに茹でた麦やヒヨコ豆の入った、トルコ南東部地方でよく見かける冷たいスープです。
地中海の温かい地方ならではの、さっぱりとした具沢山スープで、後味もすっきりしています。
トルコでは、ヨーグルトを使った料理が頻繁に登場します。
日本だとヨーグルトは、デザートのように甘くして食べることが多いのですが、トルコでは、料理に使うことが多く、飲み物使用されるヨーグルトも甘くありません。 トルコのスーパーでは、ヨーグルトがバケツサイズで売っています。
一般家庭での消費の高さがうかがえます。トルコのヨーグルトは、濃厚でとてもおいしいのです。
※イメージ↓




●2.シガラ ボレイ /トルコの定番の朝食:葉巻型ボレイ(Sigara Boregi)
トルコ人の生活に定着した定番の朝食でトルコではボレキチというボレキ専門店で売っています。どんな風な朝ごはんかといえばチャイと一緒にお皿にシガラボレイが盛られてきて、それをゆっくりと味わうのです。トルコではもちろん家庭で作る人のためのボレイ用の生地も売っています。白チーズを葉巻状に巻いて作ります。ポリポリとして美味しいですよ。
※イメージ↓

●シガラボレイの皮づくり

トルコではユフカ屋さんやスーパーマーケットで春巻きの皮より大きい手作りのシガラボレイの皮が売っています。クラスではこの生地よりもっと薄くつくります




●3.マンタル・ドルマス (MANTAR DOLMASI)
「キノコの詰め物」
チーズとスパイスを使用したトルコレストランでも定番のメニューのひとつです。
マンタルは、キノコ。ドルマは、詰め物というトルコ語です。
トルコの定番料理ドルマ。日本でもおなじみのピーマンの肉詰めは、ビベル・ドルマスといいます。ドルマは、野菜やキノコだけでなく、、肉を使った温菜のものがあり、肉の入らないドルマはオリーブ油で調理して冷菜として食べることもできるため、ベジタリアン向けの副菜として食卓に並ぶこともあります。
ドルマ料理の歴史はとても古く、オスマントルコの時代から伝えられて、地中海を囲む国や地域で様々なドルマ料理があります。日本でもよく知られているロールキャベツは、オスマン朝トルコのブドウの葉やキャベツのドルマがヨーロッパ各地に伝わったものがロールキャベツになったといわれています。
※イメージ↓



●4.ウスパナック・ブググル・ピラウ (ISPANAKLI BULGUR PILAVI)
「ほうれん草のブルグルピラフ」
オスマンさんのごはんの中で何が美味しかった?と聞くと「ブルグルピラフ」という声をよく聞きます。これはクスクスよりも少し大きいブルグルでつくる、ほうれん草のピラフです。ブルグルは製造過程で一度蒸してあるので、ごはんのように研ぐ必要がなく、トルコでは日本のお米のようによく使われる食材です。
食物繊維、ビタミン、ミネラルも豊富なブルグル。ご飯代わりに食べたり、サラダに入れたり、スープに入れたりと、使いやすく、日本では目新しい小麦食材として非常に注目されています。
ブルグルピラフはケバブの付け合せとして、レストランでよく見かけます。また簡単にできるので、とてもポピュラーな家庭料理です。
※イメージ↓



●5.ハサンパシャ キョフテ (HASAN PASA KOFTESI)
「ハッサン将軍の為のビーフキョフテ」
トルコではとてもポピュラーな肉料理です。スパイスのきいたトルコのビーフハンバーグの上に、山のようにマッシュポテトをのせた、ボリュームたっぷりのキョフテ(kofte)です。
キョフテは、中東や南アジアに広まっているミートボールやミートローフ等の肉料理のこと。ハッサン将軍(パシャ)の為に作られたお料理として作られ、そのまま料理名になりました。
※イメージ↓



●6.イルミック タトゥルス (MUZLU CEVIZLI IRMIK TATLISI)
「バナナと胡桃のイルミック・プリン」

イスラム教徒はお酒を飲まないので、甘いお菓子が大好き!日本のケーキ屋さんに引けを取らないほど沢山のお菓子屋さんがトルコにはたくさんあります。そこで代表的なトルコのお菓子を皆さんに紹介したいと思います。
今回のお菓子はイルミックと呼ばれるセモリナ粉で作る弾力のあるトルコプリン。使う小麦粉が弾力性に富んでいるため、茹でてもコシが強く、小麦本来の味が楽しめます。トルコでは手作りパスタやピザ、お菓子作りの材料にも使われます。
※イメージ↓



●ウェルカム ドリンク  トルコのフルーツジュース
●トルコ・ティ
濃厚な味わいで上品な紅茶です。トルコの茶器は独特のデザインをしていてとても美しい。
トルコの紅茶食器でお召し上がりいただけます。
※イメージ↓




ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。

お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります

キャンセルについての免責事項 http://www.nikikitchen.com/cancel

キャンセル待ちの方法につきまして http://www.nikikitchen.com/faq

またご予約時に会員規定へのご同意もあります

※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は 会員画面 http://www.nikikitchen.com/reservation/members にアクセスをおねがいします

会員画面へはご予約時のメールアドレスとパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。 

ここに表示がない場合は事務局nikikitchen@ga2.so-net.ne.jp までご連絡をお願いします

注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。 

他のクラスへの変更はできません。 

お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。 

持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等 

待ち合わせ場所:地下鉄東銀座駅から徒歩6分、新富町駅から徒歩4分のオスマンさんのご自宅

詳しい行き方、経路につきましては正式ご予約後、ご連絡いたします。


※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。