Niki's Kitchen会員規約

1.(目的)

会員は、Niki’s Kitchen(以下「運営者」といいます)が運営する料理教室(以下「クラス」といいます)への参加及びそれに関連して運営者が提供するサービスを受けるにあたって、この規約に従うものとします。

2.(予約)

会員は、(1)Niki’s Kitchenのウェブサイトで参加を希望するクラスに予約の登録をし、(2)運営者が指定する銀行口座宛に各クラスにつき規定された料金を支払うことによって、クラスの参加を予約することができます。会員が、運営者が指定する支払期限までに料金の全額を支払わなかった場合には、その予約の登録は自動的に失効します。但し、支払期限より前に運営者に通知をして、支払期限の猶予につき運営者から個別に承諾を得た場合には、この限りではありません。

3.(非会員の同行)

会員は、クラスを予約するときに自己以外の者の分と合わせて複数人のクラス参加を予約して、会員でない者をクラスに同行することができます。その場合、当該会員は、その者にこの規約を遵守させるものとします。その者の規約違反行為は、当該会員の規約違反行為とみなします。

4.(代理人の参加)

会員は、予約したクラスにやむを得ない事由により参加できない場合には、自己の代わりに他の者をクラスに参加させることができます。その場合、当該会員は、その者が会員でなくても、その者にこの規約を遵守させるものとします。その者の規約違反行為は、当該会員の規約違反行為とみなします。

5.(オンライン販売の禁止)

会員は、クラスへ参加する権利を、オンライン上で譲渡若しくは販売又はその申出をすることはできません。

6.(会員の事情によるクラス不参加)

クラスはすべて売りきりです。クラスが開催されたにもかかわらず、担当する講師又は運営者の責に帰せられない事由により会員がクラスに参加しなかった場合には、運営者は、料金の返金その他一切の義務を負いません。

7.(講師等の事情によるクラス中止)

クラスは、担当する講師又は運営者の事情によりやむを得ず中止されることがあります。会員が予約したクラスが講師又は運営者の事情により中止された場合には、運営者は、運営者に支払われた料金(会員が払った振込手数料を含みません)の全額を当該会員に返金します。

8.(不可抗力によるクラス延期)

クラスは、天変地異等の不可抗力によりやむを得ず開催ができなくなることがあります。会員が予約したクラスが不可抗力により予定どおり開催できなくなった場合には、運営者は、日程を改めて同じ講師によるクラスを設定して、その代替クラスに当該会員を参加させるものとします。但し、当該会員から申出があり、当該会員にとって代替クラスへの参加は困難であると運営者が合理的に認めた場合には、運営者は、当該会員の選択により、(1) 運営者に支払われた料金(会員が払った振込手数料を含みません)の80%を当該会員に返金するか、又は、(2) その開催されなかったクラスの日から半年以内に同じ講師が開催する別のクラスに優先的に参加させることとします。

9.(クラスの内容の変更)

クラスでは、食材の入手困難等の事情で、クラスを募集した時に運営者のウェブサイト上に記載したものとは異なる内容で実習が行われることがあります。運営者及び講師は、募集時に表示した内容と実際のクラスの内容との間に齟齬が生じないように努力をしますが、クラスの対象が外国の料理で、講師のほとんどが外国出身であることに由来する事情により、クラスの主要な内容を損ねない範囲で齟齬が生じる可能性があることを、会員は了承するものとします。やむなく齟齬が生じた場合には、講師はクラスにおいて会員に説明をします。

10.(クラスの取材)

クラスでは会員に対する予告なく報道機関等による取材が行われることがあることを、会員は了承します。運営者は、取材が行われるクラスに参加する会員から希望があったときには、個人を特定されないよう取材者に配慮を求めるものとします。

11.(講師との関係)

会員は、運営者の事前の承諾なく、講師に、Niki’s Kitchenとは別に料理教室を開催させ又は開催を促すことはできません。講師に、他の者を先生とする料理教室を開催させ又は開催を促すことも同様です。会員は、講師に対して将来のクラスで扱う内容など特に希望がある場合には、運営者に連絡するものとします。

12.(クラスの禁止事項)

会員は、以下の行為をしてはなりません。

13.(免責事項)

運営者は、以下の行為について責任を負いません。

14.(会員資格の停止)

会員が以下のいずれかの行為を行った場合には、運営者は当該会員の会員資格を停止し、また、当該会員のクラスへの参加を拒否することができます。本条に基づき運営者が行った会員資格停止又は参加拒否に関して、会員は、運営者に対し、損害賠償等いかなる請求をすることもできません。

15.(規約の変更)

運営者は、この規約をいつでも変更できるものとします。変更後、会員がクラスの予約の登録をした場合には、その予約の登録をした時点で、会員は変更された規約に同意したものとみなします。

16.(紛争解決)

この規約及びクラスの運営に関する事項はすべて、日本法に基づいて解釈されるものとします。万が一紛争が生じた場合には、運営者と会員は誠意をもって協議することにより解決するものとしますが、協議による解決ができず裁判手続を利用せざるを得ない場合には、東京地方裁判所の専属的管轄に服するものとします。

(2015年7月1日改訂)