TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

カリブ料理教室クララ

クラス言語: 日本語または英語
開催エリア: 、丸の内線四谷三丁目あるいはJR総武線信濃町駅から5〜7分
開催期間: 2010.4月から

教室は、丸の内線四谷三丁目あるいはJR総武線信濃町駅から5〜7分。日本語と英語(またはスペイン語)でのクラスですから、料理のほかに英語の勉強にもなりますよ。 1995年に夫、雅光の転勤で日本に来てから、もう15年です。日本を心から愛する夫の影響を受けて、日本料理をはじめとして、その文化や自然にすっかりはまっています。ですから私の料理は、ベネズエラ料理と日本文化のコラボと言えるかもしれません。


私はベネズエラの首都カラカスで生まれ育ちました。両親はとても料理が得意で、色々な美味しくて楽しいお料理を作ってくれました。また私が小さいころは、父方のおばあちゃんの田舎に行くのがとても楽しみでした。おばあちゃんが大きな竈で作ってくれるクリオヨ(スペイン語で民族料理の意味)は、私の大好物でした。子供のころから好奇心の強かった私は、いつも新しい事を探し出しては、楽しんでいるような子供でした。食べ物も、そのひとつで、今でも新しい食べ物やお料理を見つけて楽しんでいます。 アメリカに通算で15年間住みましたが、その間多くのアメリカ人や外交官などの米国に赴任されていた外国の方々と交流し、その中で多くのことを肌で学ぶことが出来ました。特にシカゴでの7年間は、シカゴ交響楽団の婦人評議会や国際婦人協会のメンバーとして、種々のイベントの企画運営に参加し、楽しくも貴重な体験をさせていただきました。また外国の文化にとても興味がありましたので、数多くの国々に旅をして、多彩な文化に触れる機会を持つことが出来ました。これらの経験が、日本の文化と混ざり合って、今の私のスタイルを形作っているのだと思います。


ちょっと変わった言い方かもしれませんが、私は、お料理はその方それぞれの文化だと思っています。料理は、おいしい食べ物を作るだけでなく、それを盛るお皿などの食器、テーブルセッティング、ワインなどの飲み物、お花、食事中の音楽や会話など多岐に亘りますので、キッチンや食卓では様々な楽しみを見つけることが出来ます。日本の会席料理は、まさにその代表ではないでしょうか。 ですから私は、皆さんとの料理教室で、新しい楽しみを見つけたいと思って楽しみにしています。 それでは、一緒にクッキングしましょう。


http://www.treasureofearth.com

  • ベネズエラ・ボリバル共和国
  • 地域:
  • 言語: スペイン語
  • 郷土料理: アレパ、カチャパ、テケーニョ

テーブルコーディネート

普段のお仕事はインターネット・サイトでの陶磁器の販売とテーブルマナーの講師です。クラスで、様々な食器を使ったテーブルコーディネーションやテーブルマナーの基本を教えられます。

和食器との融合

こちらは和食器の抹茶茶わんとベネズエラ料理の融合。様々な食器の可能性を一緒に探りましょう。

テーブル

毎回テーマにあった、美しいテーブル、食器、お料理の融合をご紹介していきます。

食器コレクション

たとえばこちらは韓国のコーヒーカップ。写真だと分かりづらいですが、大変きめ細やかな肌と、 そしてフラット(まったいら)な受け皿。シンプルモダンな風情がひときわ目を引く、大変素敵な1セットです。毎回、食器のおもしろさを教えてくださいます

得意料理

盛り付け

とにかく日本の食器や文化が大好きなクララ先生。盛り付けも毎回楽しみのひとつです。たとえばこちらは京懐石風の盛り付けです。もちろんお料理は絶品。和食ではなくベネズエラ料理です

アレパ

すり潰したトウモロコシの粉から作るベネズエラの伝統の薄焼きパン。まるで手焼きのお煎餅のように焼きあげます

ユカとソース

長崎のビードロのような遊び心ある和食器にはユカとソースを添えて

クラスの履歴

もっと見る >>

クラスの様子

もっと見る >>

エッセイ

クラスの動画