TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

スペイン料理教室タオ・ロメラ・マルティネス

クラス言語: 日本語
開催エリア: 武蔵小金井
開催期間: 2013.2〜

はじめまして!30歳のスペインのムルシア生まれのタオ・ロメラ・マルティネスです。
ムルシアはスペインの大きな街の割には、 とても知られていないですが、アンダルシアと言ったらピンと来ますよね。 アンダルシアのすぐそばにあるので、景色、文化、特に食文化は同じです。 18歳の時に、隣の国のフランスの大学に行くことになりました。フランス料理はとても美味しいけれど、 やはり時々地元の料理が食べたくなります。しかも、レストランで食べれられ料理のではなく、 家庭料理が食べたいわけです。当時は料理はほとんど作ったことがなかったので、電話でお父さんに作り方を聞きながら、 初めて自分で料理をすることになりました。

それ以来、料理にはまり、自分も周りの非スペイン人の友達も美味しいスペイン料理が 食べれらるように技術を洗練しました。大学の頃5年間フランスに住んだ後、 日本に来ました。7年間もITエンジニアとして活動してきました(怖い位あっという間でした!)。 不思議なことに、日本人はどの料理に手をつけてもとても美味しくできるのに、 「これは美味しい!」と言えるスペイン料理はなかなか見つけられないです。 それはお互いの文化の理解不足だな〜と感じたのはきっかけで、 スペイン料理を紹介することによってスペインの文化の理解を深めたいと思います!

  • スペイン
  • 地域:
  • 言語: スペイン語
  • 郷土料理: パエリア、タパス

タパス

小皿料理タパス。昔のスペインの王様がワインと小量の料理を食事の間に摂ることで病気から回復したことから生まれたお料理といわれています。基本タパスは立食で食べることが多いそうです。

パエリア

スペインで一番有名な郷土料理。本場スペインでもサフランはいれないことが多いそう。

生ハム

スペインといえば生ハム文化。チーズの生ハムにはこれとちゃんと種類が決まっているそうですよ。生ハムはハモンと呼びます。塩漬けにした豚肉を長期間気温の低い乾いた場所に吊るして乾燥させて作られます。 ワインと一緒にどうぞ

ポテトサラダ

モスクワのホテル・レストラン「エルミタージュ」でシェフを務めたフランス人リュシアン・オリヴィエによって考案された「オリヴィエ・サラダ」 がスペイン風にかわったもの

得意料理

パエリア

パエリアパン、サフラン、ムール貝。この3つがなくても日本のお米で美味しく炊けます

パプリカのタパス

こちらも冷菜です パンに乗せてワインと一緒にお召し上がりください

ニンジンケーキ

シナモン、松の実、にんじんのケーキ。南スペインに染み込んだアラブの文化がよく味に出るデザートです。カステラの原型といわれる古典的なデザートです