TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

スイス・ドイツのパンとお菓子の教室ダイアナ

クラス言語:
開催エリア: 赤坂駅から徒歩5分、乃木坂駅から徒歩6分
開催期間: 2014・6〜

はじめまして。わたしはドイツ、フランクフルトの側で生まれ、スイス北部のドイツ圏で長く過ごしました。16歳の時にスイスの実家を出て、アメリカへ行き、スイスへ戻った後にシェフの資格を取りました。 観光とホテル経営を大学で勉強した後、南米、アジア、イギリスにも住みました。 訪れた国の伝統料理を熱心に学ぼうとした結果、夜市、ティータイム、 とろけるチーズをまるごと一個を食べることが大好きになりました。 でもどこに行っても、友達の声に交わったコーヒーと漂う焼きたてのケーキがないと 私の中の日曜日とは言えないのです。

父は、大変素晴らしい田舎で子ども時代の生活に戻ることを憧れていて 退職後ドイツの中心部にある小さな村に戻りました。 父は庭に小さなパンを焼く窯をつくりました。 祖母は厚い暗く黒色の殻に覆われたドイツのサワー種のパンをそこでよく焼いてくれます。 それ以来我が家はほとんどパンを買ったことがありません。 私の祖母の国ドイツの味と香りは、ボリュームのある伝統的なドイツ料理です。 私の母の、妹の、そしてわたしのお料理スタイルにその歴史が刻まれています。 我が家はおばあちゃんから小さな子供たちまで、女性が料理にうるさい、料理の達人の家庭に育ちました。 古い世代から若い人まで、女性達がグルメで料理の達人の家族で育ちました。 お婆ちゃんが作る自家製のジャムとスープより美味しいものはなく、 またドイツのケーキは隣の国フランスのケーキと肩が並べられます。 シンプルなクランブル・ケーキからゴージャスなフルーツ・タルトまで、 驚くほど軽いチーズケーキからアルコール入りのブラックフォレストまで。お分かりの通り、 ドイツ人がケーキも大好きです。

  • ドイツ
  • 地域:
  • 言語: 英語
  • 郷土料理: Laugenbrot(ラウゲンブロット)。Bun(小さな丸いパン),プレッツェル

アップルシュトルーデル

生地が独特です。とても薄くて、シュークリームの生地を何枚も重ねたみたいなものです。りんご、ナッツをやさしく包み、普段はホイップクリームとバニラソースで食べます。これも一緒に作ります。

私のテーブル

自家製のプレッツェルのロールパン

我が家のデリカテッセンです

私のテーブル2

得意料理

アップルシュトルーデル

この写真のように生地派とても繊細です。

パテやサラダ

季節の野菜やパテを作りました。これはわたしからのサービス。パンと一緒に召し上がれ

手作りドリンク

自家製レモネード等。わたしは手づくりが大好きです。