TOPへ

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

スウェーデン料理教室アンソフィ

クラス言語: 英語 スウェーデン語
開催エリア:
開催期間:

はじめまして虎の門にできたアンダーズ東京のレストランでシェフをしているアンソフィです。
わたしは人生を「料理」を通して人々の心を満たすことで、国や場所を切り開きたい、世界を旅していきたいと目標を持っています。 私が初めてシェフになりたいと考え始めたのは13歳の頃でした。 ちょうどテレビで料理番組や有名なシェフがスウェーデンで出演され始めたころで、いつも目の前には、お料理がありました。 放課後は毎日、本の代わりにレシピ本を読むことが大好きでした。 特にケーキやお菓子の本が中心でそれはとても幸福な時間でした。 私が育った家では、母が仕事をしていたので夕食は手際よくお料理をよくつくってくれました。 週末はその分時間のかけた素晴らしいデザートやスウェーデン式のローストが食卓を飾りました。 そして影響をされたもうひとりの女性は祖母です。祖母の冷蔵庫の中はいつも手作りのケーキやクッキーで 満杯でした。 わたしが料理学校に通い、そして海外のレストランと交流プログラムがあることを知り、海外のインターシップに挑戦しました。 最初は英国の北部、スコットランドとの国境付近のレストランで8週間のシェフのプログラムに参加しました。 これが卒業後初めての仕事です。 その間に、休暇を取って6か月間世界中を回り多くのエキゾチックな食材にでいました。 スウェーデンでは数年間フレンチのブラッスリでシェフをしていました。 これがきっかけになりルクセンブルグの素晴らしいフレンチのシェフの元で修業を積みました。ここれはじめてシェフの大変さを経験しました。 英国で2年、そしてボーイフレンドのエイドリアンと出会ったシンガポールそして日本!とシェフの旅は続きます。 みなさんにスェーデン料理を共有することができて私は非常に幸運です。 料理は人々への愛をつなぐ一つなのです。

  • スウェーデン
  • 地域:
  • 言語: スウェーデン語
  • 郷土料理: スウェーデンミートボール、ヤンソンの誘惑、リンゴンベリージュース

サフラン リゾット

アンの作品集より サフランリゾット 甘エビとグレイズキャロットとアスパラガスを添えて

自家製カッペッラッチ

アンの作品集より 自家製カッペッラッチ ピッキーヨソースと茄子とキャビア、トリュフオイル

ミルクチョコレートムース

アンの作品集より ダークチョコレートムースとフレッシュフルーツ 蜂蜜のクランブル

フォアグラと帆立

ジンジャーとポテトピュレ を添えたフォアグラと帆立 ざくろと酒のジェリー添え

得意料理

クラスの履歴