Niki's Kitchen 英語料理教室

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

国旗表示域

キルギス料理教室シェル&かおり

    • キルギス
    • 日本語
    • 埼玉県春日部市(豊春)
    • 地域:
    • 中央アジア
    • 言語:
    • 日本語
    • 郷土料理:
    • ノン・ラグマン・プロフ・マンティ・サムサ等

シルクロードの中継地点・キルギス共和国のオシュという町で生まれ育ちました。 キルギスには様々な民族が住んでおり、私自身はウズベク人です。祖父は中央アジアの主食である「ノン」を焼く職人です。そして父も、叔父もノン職人です。私は幼いころからいつもノンをやく父親の背中を見て育ってきました。また私自身も12歳から手伝いを始めて、日によっては3000枚の予約を焼く事もありました。 母は、とても料理が上手で、いつも私たちに手の込んだ素晴らしいウズベク料理を作ってくれました。パイはパイ生地を作るところから。麺は小麦を練るところから。全てが手作りです。ウズベク人にとって、料理は生活の中でとても大きな存在です。たっぷりと時間をかけて、時には親戚と一緒に、ご近所さんと一緒に、ゆったりと食事作りをします。 オシュは古くから交易の中心地だったので、様々な民族の料理が融合してきました。料理だけではありません。キルギスでは共存する遊牧民のキルギス人からいつも新鮮な乳製品を買って食べることができます。そんなキルギスで育った私は、妻と結婚して日本に来日してからも、キルギスで食べていた乳製品が恋しくて、いつも牛乳からヨーグルトを。ヨーグルトからチーズなどを家で手作りしています。 日本に来てからしばらくはノンをオーブンで作っていました。しかしその味は現地の物とはかけ離れていました。そしてついに自分でタンドール窯を作って、炭火で焼いてみたところ、現地と全く同じ匂いの香ばしいノンが焼けたので、それからはいつもタンドールでノンを焼いています。タンドールはノンだけでなく、肉を燻して焼いても最高に美味しく出来上がります。 また、キルギスでは料理にハーブを多用します。日本では無かったり、探すのが大変なハーブもあるので、庭と畑で育てています。キルギスで子どものころからそうしていたように、夏には畑でトマトやキュウリ、パプリカなどの野菜を育てて新鮮なものを調理しています。 庭にはサクランボ、イチジク、桃、そして見上げればブドウ棚があります。全てキルギスでの生活を再現しています。 皆さんにウズベクの料理をご紹介するのは勿論、キルギスの生活も一緒に体験していただきたいです。
■経歴●横浜のパン屋さん徳多朗で仕込みを担当していました
●キルギスの実家のパン屋で修業をしてまいりました

クラスの履歴

もっと見る

クラスの写真

先生の教室をカレンダーから探す

クラスの特徴

ノン

ノン

昼晩、三食必ず食べる主食ノン

紋様

紋様

ノンの美しい紋様は各パン屋さんごとにあり看板でもあります

食事風景

食事風景

キルギスとおなじように床に座って料理を囲むスタイルで

自宅の庭に設置した専用がまで焼き上げます