Niki's Kitchen 英語料理教室

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

国旗表示域

フランス料理教室フローレンス

    • フランス
    • 英語 フランス語
    • 参宮橋(渋谷区)
    • 地域:
    • 西欧
    • 言語:
    • 英語 フランス語
    • 郷土料理:
    • ポトフ ビーフ ブフ・ブルギニョン

フランスの中部、ロワール渓谷のオルレアンで生まれました。私の家族は誰もが料理をするのが好きで、私は非常に早い時期から料理を親しんできました。
私の祖父はフランスではソーシエと呼ばれるソース専門のシェフで、1935年から38年まで大西洋を横断しながら世界中を旅し料理をしていました。
彼の経験と当時の話は私に大きな影響を与えました。
祖父は5人の子供たちやその孫や家族たちにあらゆる機会に料理をしてくれました。わたしたちは1度の食事を何時間もかけて過ごし、その素晴らしい思い出は
いまだ心に残っています。

私は学校の夏休みに、祖父に尋ねました。「おじいちゃん何を食べたい?」
そして、私たちはブロワの町にある有名なシャンボール城の近くの生鮮食品を扱う市場で買い物をし、よく料理を作りました。
私のもうひとりの祖父は、とても大きな庭を持っていて、自分自身で果物や野菜を育てていました。
そこでは普通の市場やスーパーマーケットで見ることのできないたくさんの種類の品種を見せてくれました。
収穫された果物を祖母がジャムにし、わたしたちは獲れたての野菜を楽しみました。シンプルで純粋においしかったです。
私は祖母のレシピのジャムを今も作り続けています。
日本の果物はとても糖度が高く美味しいです。東京でもジャムを作っています。


わたしは若いころ当然のように料理学校で勉強することに決めました! 5年間、私はパリのホテルスクールですべてを最初から学びました。
私は多くの異なる国のいくつかの5つ星ホテルで働きました。受付係にはじまり、ケータリングマネージャー、ホテルマネージャーのイベント担当ディレクターに成長しました。
すべての仕事が大好きでした! 

 


私はホテルマンの夫と結婚をし、家族の世話をする道を選びましたが、今でもホテル・ホスピタリティについて非常に情熱的です。このお料理教室は仕事への復帰です!
東京に来て3年が経ちました。
私たちは4年ごとにある国から別の国へ移ります。家族全員にとって素晴らしい経験です。
私は料理、食べ物、そしてフランス料理のための私の情熱を分かち合い、フランス人の生活の中で私たちの家で学生を歓迎することができて非常に熱心です。

クラスの履歴

クラスの写真

先生の教室をカレンダーから探す

クラスの特徴

フランスの胡椒

フランスの胡椒

ピンクやグリーン、白、黒と使い分けています。

キッチン

キッチン

日本のキッチンがひと手間加えるとパリのキッチンに。色使いやキッチンツールの使い方に注目です

自家製ワインビネガー

自家製ワインビネガー

フローレンス家に代々伝えられている手作りの特製赤ワインビネガーです。食卓にはかかせないもので毎食のサラダはもちろん、ゲストへのおもてなし料理に使います。

食卓

食卓

パリの5つ星のホテルでつちかったテーブルについても一緒に体験してみましょう