Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

素材の魅力の原点を探るコールドミート、冷製牛タン

東京、千歳船橋(新宿から小田急)英語でのクラスです。
4月は「牛タン」が登場します。日本では仙台の「牛タン」が有名ですが、こちらでは昭和初期に和食の職人さんが 洋食で使われていた素材「牛タン」の旨さのとりこになり、日本ならではの、試行錯誤を重ねた末「牛タン焼き」が誕生しました。 そのとりことなった「牛タン」。 コクがあって本当に旨い素材の魅力の原点がシチューでありコールドミートと呼ばれる冷製牛タンです。 肉のマジシャン、ロバートが冷製牛タンに挑戦します。

開催日時


メニュー


料理の紹介


*Cold beef tongue with Italian salsa verde
●イタリアンサルサヴェルデを添えていただく冷製牛タン
今回は牛タンの登場です!日本ではタンと言えば焼肉のイメージが強いと思いますが、
西洋料理ではシチューだったり、今回のようなコールドミートだったり煮込む料理が主流のようです。
ビーフタンは豊かな風味のブイヨンでじっくりと時間をかけてタンがとろけるように柔らかくなるまで煮込み、
その後冷やして、サルサヴェルデを添えていただきます。
しっかり冷やすためタンは作り済みとなります。
タンを自分で調理したことのない方もいらっしゃると思うので、わかりやすく作り方を説明したいと思います。
サルサヴェルデとはイタリアの伝統的なソースの一つでゆでた肉やグリルした野菜に添えられます。
ヴェルデ、とは緑色、という意味で、その名の通り美しい緑色が印象的なソース。
たっぷりの新鮮なイタリアンパセリ、にんにく、アンチョビなどを混ぜ合わせて作ります。
やわらかくてあっさりとしたタンにアンチョビの塩味とにんにくの風味の効いたパセリのソースはすばらしい好相性です。


*pepper crusted tuna with a warm potato-roasted mushroom salad and a tomato-caper vinaigrette
●ローストしたマッシュルームとこしょう風味のツナ、温かいポテトのサラダ、トマトケッパードレッシング
マグロは食べるのも料理するのも大好きというロバート。マグロに黒こしょう粒を粗く砕いたもの
をまぶしてクラストのようにして、軽くマッシュしたポテトをローストしたマッシュルームと
混ぜ合わせたものの上に乗せ、それを熱いフライパンの上でさらにカリッと加熱します。
仕上げにはトマトとケッパーを合わせたドレッシング。
とても完成度の高いメインディッシュのような満足感たっぷりのご馳走サラダです。


*Creamy calrose rice pudding with spring fruit compote
●フルーツコンポートを添えたクリーミーなライスプディング
デザートはリッチでクリーミーなライスプディング。カリフォルニアのカルローズという米を使います。
カルローズ、とはカリフォルニアのバラ、という意味の名前を持つ米で、カリフォルニア州オリジナルの品種です。
日本の米と発祥を同じくするジャポニカ種(短粒種)ですが、穀粒の長さはタイ米などの長粒種(インディカ米)
と日本米の中間の中粒種で、双方の優れた点を持ち合わせ、世界40カ国に輸出されています。
ライスプディングにもぴったりのお米です。なぜなら海外在住の人が日本のお米が食べたくなった時に
「ライスプディング用の米を探すと日本で食べている米に一番近い」と言われているんですよ。
フルーツコンポートはその時に手に入る春のフルーツを使いますのでクラスに来てからのお楽しみです!


*Wine
●ワイン


*Coffee
●コーヒー

※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:ロバート自宅-

※お子様も参加可能