Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

青いバナナのサンコーチョ

東京代田橋(新宿から京王線で2駅)カミラさんのお宅にて。日本語でのクラスです。
コロンビア人は青バナナをよく食べます。つぶし焼きにしてニンニクとあえて食べてみたり、ブイヨンの効いた塩味スープでいただいてみたり。 バナナといえば丸ごと食べたり、デザートに使う日本とは大きく異なります。 5月のクラスでは、コロンビアで一般的な青バナナの食べ方をご紹介します。 青バナナをどうやって処理をしてどのように美味しく頂くのか。 もっちりとしたほんのり甘い青バナナの醍醐味を体験していましょう。

開催日時


メニュー


料理の紹介


Wood spoon
●木のおたまスプーン
家でサンコーチョを作る時に、現地の人が作るように「木のおたま」をつかってつくってみませんか? コロンビアからカミラさんがお土産をご用意しました。手彫りのものです。みなさんに1本プレゼントします。
※イメージ↓



Tropical drinks
●トロピカルドリンク
カリブ海の象徴といえばトロピカルドリンク。まずはご到着時の喉のうるおいに。


Aqua de panera
●アグアデ パネラ
コロンビアの国民的定番のお飲み物です。
サトウキビの絞り汁を煮詰めて作る褐色の柔らかい甘味の黒糖。コロンビアにはこの黒砂糖を使った伝統的なお飲み物があります。
コロンビアのパネラ(さとうきびのお砂糖)は日本の黒糖とはまた種が異なり、こういったドリンクに最適だそうです。
コロンビアではお好みでシナモンやレモン、そしてチーズを入れて飲むそうです。
※イメージ↓



Arroz adojado
●アロス アドジャード:ロンガニーサの豪快飯シュラスコソーセージライス
シュラスコソーセージはブラジルではリングイッサ、スペインやコロンビアではロンガニーサと呼ばれています。世界のソーセージは大きく分けると3種類。茹でで食べるドイツ式。中国の腸詰のような干して食べるドライ式。 そしてシュラスコソーセージまたはロンガニーサと呼ばれるスペインの生タイプのソーセージです。 これは非常にボリュームがありリッチでグルメ。 熟成が若いため、より肉々しい味わいがします。アロス アドジャードはこのリングイッサで作るご飯のお料理です。 ブラジルでは別名シュラスコソーセージライスとも呼ばれています。 シュラスコソーセージを使ったパエリアのような(サフランははいっていません)贅沢な一品です。
※イメージ↓



Avocado vinaigrette
●アボカドビネグレ
ねっとりとしたコクのあるアボカドと野菜がタップリ入ったこのサラダは、 2つのゴージャスなお料理との相性が最高です。 さっぱりとした口当たりは、しゃきっと2つのお料理の上手な橋渡しをしてくれます。
※イメージ↓



Sancocho
●青いバナナのシチュー:サンコーチョ
とにかく豪快なコロンビアの国民食です。じっくりと煮だす旨味鶏塩出汁、 柔らかく煮込んだお肉やゴロっと大きなジャガイモやお野菜、青いバナナでいただく伝統食はカリブの人々のお腹と心をガッチリつかんでいます。 そもそも美味しいサンコーチョは青バナナじゃないとこ の味は出ません。身が崩れない程度に煮込まれた野菜と塩味のスープ、お肉が混然一体となり、 その豪快さはさながらチャンコ鍋や カムジャタンと比較されます。豪快にアツアツを口に運びましょう。
※イメージ↓



Guanabana mouse
●グアナバナ ムース
コロンビアのトロピカルなフルーツ グアナワナ。ヨーグルトのようなカルピスのような甘酸っぱい味が特徴です。 シンプルだけど美味な一品です。グアナワナの果物は2つに割ると中から真っ白な果実と果汁があふれます。 グアナバナの果物が手に入らないため、グアナバナの果汁からデザートを作ります
※イメージ↓トッピングは変わります



Colombia coffee
●コロンビアコーヒー
コロンビアのコーヒー自然が生んだ香り高い本場コロンビアコーヒーをご紹介します



※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:カミラさんの家に直接

※おこさま連れok。