Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

ジュリア・チャイルドから影響を受けたお料理

東京、千歳船橋(新宿から小田急)英語でのクラスです。
フランス料理研究家ジュリア・チャイルド(Julia Child)は私にとって料理界のスーパースターの一人です。 ジュリア・チャイルドは外交官の夫と共にパリに住んでいた時、芸術的なフランス料理の洗礼を受け 40歳を前に料理教室を開きました。 今回のメニューは彼女のベストセラーのフランス料理のレシピ本「Mastering the art of French cooking」からインスパイアされたもので、 「ジュリアとのディナー」がテーマです。 この料理本は全米で最も売れた料理本の中の一冊に数えられています。 ところでなぜ彼女がスーパースターになれたのか、それはアメリカの食卓で、誰の手助けもなく作れるフランス料理を紹介したことによります。 そしてもうひとつ。ほがらかで、何より食べることが好き。そんな彼女のパーソナリティも後押ししました。 一緒にフランス料理を楽しんでみませんか?

開催日時


メニュー


料理の紹介


The cold asparagus with Alsacienne sauce
●冷たいアスパラガス、アルザシエンヌソース
アスパラはシンプルにゆでますが、新鮮さを残すようにシャキッとアルデンテに仕上げるのが重要。
アルザシエンヌソースはマヨネーズベースで、柔らかくゆでた卵とフレッシュハーブを加えて作るユニークなソースです。
このソースを覚えておくと肉料理にも野菜料理にも応用できますよ。


Fricassee De Poulet A L’Ancienne
●チキンフリカッセとライス
秋の季節にぴったりのすばらしいお料理です。
チキンフリカッセとは鶏肉をソテーとシチューの中間のようなイメージで調理する方法です。
フランスロワールのメーヌ地方のル・マンとラ・フレーシュは有名な鶏の産地でこの地方でよく行われる料理法なんだそうです。
ソテー、とは液体を使わないで調理しますが、シチューは液体の中で煮込んで調理します。
鶏肉はバターの風味を生かしてたまねぎやマッシュルームと一緒に調理し、ワイン、ストックを加えていきます。
最後に生クリームと卵黄を加えてリッチに仕上げます。
このお料理はご飯ととても相性が良いのが特徴です。ご飯に鶏肉と美味しいソースをたっぷりかけていただきましょう。


La Tarte Des Demoiselles Tatin
●タルトタタン
19世紀後半、パリのソローニュ地方で小さなホテルを経営していたタタン姉妹がリンゴのタルトを作っていた時、
タルト生地を入れ忘れてリンゴだけを焼いてしまい、仕方なく途中で上から生地をかぶせてみたら、意外にも
底にたまった砂糖がカラメル状になってリンゴにしみ込み、すばらしいお菓子ができあがった…
というタルトタタンの話は皆さんすでにご存じかと思います。
その後このタルトは各地に伝わり、現在ではフランス中のケーキ屋さん、レストラン、家庭で作られるようになっており、
伝統的なフランス菓子としての地位を確立しています。
旬のリンゴを贅沢にたっぷりと使い、カラメル色が美しい秋のタルトタタンをお楽しみに。


Wine
●ワイン


Cafe
●コーヒー

※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:ロバート自宅-

※お子様も参加可能