Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

王様のためのタイの宮廷式チャーハン
タイ料理教室ミキ

小田急線新百合ヶ丘(川崎市)
英語もしくは日本語でのクラスです。

ごはんを主食にしている国ならどこでも必ずあるのがチャーハンです。 タイでチャーハンといえば、一般的にはエビ入りの「カオ パット クン」か、豚肉を使った「カオ パット ムー」ですが、もうひとつ高級版の特別なチャーハンがあります。それが「カオ クルッ カピ」です。 エビから作った発酵調味料のカピで風味付けしたもので、かつては王様のために作られていた宮廷料理です。 カピは日本人にとってのカツオだしのようなもので、タイでは様々な料理の味付けに使用されます。 カピ玄米チャーハンの盛り合わせ/干しエビを揚げたものや、豚肉のムーワン、錦糸玉子、細切りした青りんごなどを一緒に食べることで 色々混ざり合い最高の味を楽しむことができます。 豪華に見せる華やかな盛り付けで、ごちそう感が盛り上がる「カオ クルッ カピ」。親しい友人を招いてのランチにおすすめです。

開催日時


メニュー


料理の紹介

■Cha Ta khrai Bai toey (Lemongrass-Pandanus Tea)
レモングラスとパンダンリーフティ

ウェルカムドリンクにはタクライとバイトーイを使った香りのいいお茶をご用意します。
タクライはレモングラス、バイトーイはパンダンリーフのこと。
レモングラスには殺菌作用があって風邪の予防に効果があると言われています。また、消化や脂肪分解を促す作用もあると言われ、食事中に飲むにも最適です。
独特な甘い香りを持つパンダンリーフも整腸作用があり、美肌に効果があると言われています。肌荒れが気になるこの季節に、ぜひ積極的に飲みたいおすすめのお茶です。

■Yum Nuer Yang (Thai Grilled Beef Salad)
ヤム ヌア (タイ・グリルド・ビーフサラダ)

「ヤム=和える」「ヌア=牛肉」「ヤーン=炙る」という名前からわかるように、ヤム ヌアヤーンは牛肉サラダです。
多くの方に「また食べたい」と絶賛されたミキさんのスペシャルバージョンで、焼き肉ではなく、かたまり肉の表面をさっと焼いてから薄くスライスした「たたき」状の牛肉を使用します。
ジューシーでしっとりとした牛肉が、サラダの美味しさを引き立てます。味付けはタイらしく酸っぱくてピリリと辛く食欲をそそります。
※↓イメージ


■Kang Jeud Woonsen (Thai Glass Noodles Soup)
ケーン・ジュ・ウンセン(骨付きの豚肉と春雨のスープ)

日本の食事に味噌汁が欠かせないように、タイの食卓にもスープは欠かせません。
今回紹介するのは、辛い物が苦手な人にも召し上がっていただけるやさしい味のスープです。
「ゲーン ジュート」は「淡泊な澄んだスープ」を意味します。「ウンセン」は「春雨」のこと。春雨入りのスープです。
骨付きの豚肉を使いますが、豚骨ラーメンのような白濁した濃厚なスープではなく、クリアな軽い口当たりに仕上げます。
ちなみに、スープは大きなボウル状の器でテーブルに置き、そこから取り分けるのがタイのスタイルです。
※↓イメージ


■Khao kluk kapi (Shrimp Paste Rice)
カオ・クルック・ガピ (カピ玄米チャーハンの盛り合わせ/干しエビを揚げたものや、豚肉のムーワン、錦糸玉子、細切りした青りんごなど)王様のためのタイの宮廷式チャーハン

オキアミを塩漬けにして発酵させたペースト状の調味料「カピ」で味付けしたチャーハンが「カオ クルッ カピ」です。
カピは、加熱することによって香ばしさに変わります。
通常は普通のタイ米かジャスミンライスを使いますが、 今回は玄米を使用してよりヘルシーにアレンジし、モチモチとした食感に仕上げます。
「クルッ」は「混ぜる・和える」という意味で、料理名を直訳すると「カピを和えたごはん」になります。
この料理、じつはチャーハン風なのにごはんにはこれといった具を入れないのも特徴です。具はごはんと一緒に炒めるのではなく、ごはんに添えて盛り付けます。その具材をクルアン キアンと呼びますが、干しエビを揚げたものや、豚肉のムーワン、錦糸玉子、細切りした青りんごなど。食べる時にそれらを和えていただきます。
最初から混ぜればいいではないかと思われるかもしれませんが、もともと宮廷料理であったので美しく見せるためにあえて具を別にして盛り付けるのが伝統となっています。
※↓実物


■Moo Wan (Thai Sweet Pork)
ムーワン

細く切った豚バラを炒めて甘じょっぱく味付けしたのが、この「ムーワン」です。まったく辛味はなく食べてみるとタイらしい味わいです。
カオ クルッ カピに添える具には必須の一品です。タイではカオ クルッ カピに和えて食べた時に丁度良くなるようにかなり甘めに仕上げるのが普通ですが、甘さを調整していただけば、お子さんのお弁当のおかずにも取り入れていただけます。
「ムー=豚肉」「ワン=甘い」です。
※↓実物


■Met Kanoon (Jackfruit Seed)
メット・カヌーン

メット カヌンはジャックフルーツに似せて作ったタイの伝統的なお菓子です。
ジャックフルーツは南国の果物で、その実は世界一大きくなると言われています。種のまわりに果肉が付いていて、実を割ると黄色い果肉を種ひとつ分ずつ分かれて取り出す事が出来ます。
そんな果肉にそっくりに作ったメット カヌンは、結婚式やお祝いごとの席に欠かせません。
外側は卵を使って黄色く作り、中には緑豆で作った餡を仕込みます。しっとりとした生菓子で、日本の緑茶とも相性抜群です。
※↓実物


■Gaafaae, Cha (Coffee, Tea)

レモングラスとパンダンリーフティ

タイ語では「コーヒー」は「ガーフェー」、「お茶」は「チャ」と呼ばれています。
タイではコーヒーにはコンデンスミルクをたっぷり入れるのが一般的ですが、そうした甘いコーヒーや紅茶を「ボーラーン ガーフェー」と言います。
でも、「ボーラーン」は「甘い」という意味ではありません。「古い・昔ながらの」という意味。
タイではコーヒーを飲み始めたときからコンデンスミルクを入れることが習慣になっていたため、昔からの飲み方ということでそのように呼ばれています。
また、「ホットコーヒー」は「ガーフェー ローン」、「アイスコーヒー」は「ガーフェー イエン」、「ブラックコーヒー」は「ガーフェー ダム」と言います。
なお、タイで「コーヒー」と言うと、女性の下半身を指す言葉と似た発音になってしまうのでご注意を。タイでは「ガーフェー」で。


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※※写真はお料理名のご紹介のためのイメージです。実物とは異なります
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等



※待ち合わせ場所:小田急線新百合ヶ丘駅(しんゆりがおかえき)改札口。詳しい経路につきましてはご入金後に発送いたします案内書に記載いたします