Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(パパーピン先生)自家製豚ハムのクイチャップと蒸し餃子
べトナム伝来でタイに根付いた料理たち

春日部、日本語と英語でのクラスです。
じつはタイには大昔にベトナムから移住した人たちが数多くいます。とくにタイ東北部のイサーン地方に多く、ベトナムの影響を受けた料理もたくさんあります。今回はそんなベトナムから伝わって根付いた料理を紹介します。インドで生まれたカレーが日本で独自に変化したように、中国で生まれたラーメンが日本で進化したように、もとはベトナムからやってきた料理も、いつしかすっかりタイの味になって広まりました。
バナナの葉で包んで蒸すソーセージも、鍋に張った布で作る蒸し餃子は、作るのも楽しい料理です。

開催日時


メニュー


料理の紹介

Welcome drink & welcome dessert
●ウェルカムドリンクとウェルカムデザート
素敵なテーブルデコレーションとともに、手作りのウェルカムデザートとドリンクで心温まるおもてなし。ほっと一息ついてクラスを始めましょう。何が出るかは当日のお楽しみです。
※過去実物↓



Moo Yor/ หมูยอ/ ムー・ヨー
●豚ハム
ムー・ヨーはベトナムからタイの東北部に伝わったポークソーセージ。バナナの葉で包んで蒸して作ります。蒸しているので余分な脂が抜けてさっぱりしていますが、コショウをたっぷり混ぜ込んでピリッとした味わいです。そのままスライスしてニンニクや唐辛子と食べてもよし、サラダやおかゆの具材として加えてもよし、揚げたり炒めてもよしの万能食材です。
実物




Yum Moo Yor/ หมูยอ/ ヤム・ムー・ヨー
●豚ハムのサラダ
ムー・ヨーを使ったサラダです。ブラックペッパーが効いたムー・ヨーを使うので大人向けな味に仕上がります。ビールのおつまみにもぴったりです。簡単に作れて美味しいので、もう一品おかずが欲しいときや、急な来客のおもてなしにもおすすめです。
※イメージ↓



Banh me
●ピンちゃんのハムとなますを挟んだバインミー
本場ベトナムでもハムから手作りするバインミー屋台はほとんどありません。今回はハムを作りますので、せっかくなのでナマスを作りバインミースタイルでもいただいてみましょう。
※イメージ↓



Guay Jub Yuan/ ก๋วยจั๊บญวณ/ クイチャップ・ユアン
●ベトナム風クイチャップ
ムー・ヨーを使う料理をもう一品ご紹介しましょう。細めのもちもち麺にムー・ヨーやフライドオニオンなどをのせたクイチャップ・ユアン。タイの東北部のポピュラーな麺料理です。ユアンとはタイ語でベトナムのこと。ムー・ヨーとともにこの料理もベトナムから伝わり、タイ風にアレンジされて定着したものです。ラオスとカンボジアに接するタイ最東部の都市・ウボンラーチャターニーでは、このクイチャップ・ユアンは朝食として食べられてきました。豚骨ダシの透き通ったスープに、米粉にタピオカ粉を加えた生地で作った麺を併せます。この麺は、米粉だけで作るクイティアオと違いコシがあります。
※イメージ↓



Kao Greab Pak Mor/ ข้าวเกรียบปากหม้อ/ カオ・クリアップ・パーク・モー
●蒸し餃子
タイで人気のストリートフードです。豚肉とピーナッツ、タマネギなどを炒めて、米粉を水に溶いたものを蒸した生地で包みます。そのため、はじめて目にした人は「クレープのようでもあり、蒸し餃子のようでもあり、どっちなの?」と迷います。さらに、中身の具材は甘く味付けするので、初めて食べた人は「これは料理なの? それともデザートなの?」と迷います。タイの人々は小腹がすいた時のおやつとして、屋台で買い食いするのが一般的です。そして、このカオ・クリアップ・パーク・モーも、ベトナムから伝わったもので、バン・クオンという蒸し春巻きが起源だと言われています。クラスでは、クレープのような生地も作ります。大鍋の口に布を張り、そこに米粉を溶いたものを薄くのばして蒸し上げます。
※イメージ↓



●コーヒー、お茶
タイではコーヒーをガーフェー、お茶をチャーと呼びます。冷たいコーヒーはガーフェー・イェン、ホットコーヒーはガーフェー・ローンと言います。タイではコーヒーはミルクがたっぷりで甘いのが基本。まずコップにコンデンスミルクを注ぎ入れ、そこにコーヒーを注ぎ、仕上げにさらにエバミルクを加えます。もしミルクなしのあたたかいコーヒーが欲しい場合は、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク」と注文します。ミルクはなしでも砂糖を入れられる場合もあるので、ブラックコーヒーがご希望の場合には、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク・マイ・アオ・シュガー」。「マイ・アオ・」は「なしで」という意味です。残念なことに日本語的な発音でコーヒーと言うと、タイでは卑猥な意味になってしまいます。タイに旅行に行かれる際には、「ガーフェー」はぜひ覚えておかれることをおすすめします。


Bia/ビアー
●ビール
生徒さんからのご要望に応えてビールをご用意しています。なお、お酒を飲まない方もいらっしゃるので、ビールは別途料金をいただいてのご提供となります。お気軽にお声をおかけください。
※イメージ↓




Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は15時前後になります。