Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(パッパーピン先生)お手製ペーストのマッサマンカレーを南タイ風にロティとともに味わう

春日部、日本語と英語でのクラスです。
タイは古くから様々な国と国交を持ってきました。独自の伝統を守りながら、外国の文化を取り入れてきました。そのため料理にも様々な国の影響が見られます。中国、ベトナム、ミヤンマー、インド、マレーシア、ラオスに加え、アラブやヨーロッパの国々から。今回のクラスで取り上げるマッサマンカレーもロティも、外国から入って来て、タイらしくアレンジが加えられ、いつしかタイの食べ物として定着しました。マッサマンカレーはジャスミンライスとの相性も抜群ですが、ぜひロティとも食べてみてください。タイ料理の奥深さを感じていただけるはずです。

開催日時


メニュー


料理の紹介

Warm welcome drink & welcome dessert
●温かいウェルカムドリンクとウェルカムデザート
素敵なテーブルデコレーションとともに、手作りのウェルカムデザートとドリンクで心温まるおもてなし。ほっと一息ついてクラスを始めましょう。何が出るかは当日のお楽しみです。
※過去実物↓



ยำเห็ดเข็มทองทอดกรอบ/ヤン ヘットケムトーン コックロー
●キノコのクリスピーサラダ
以前はタイではキノコはそれほど一般的な食材ではありませんでした。でも、最近はスーパーではしいたけをはじめ、様々なキノコを見かけるようになりました。これは多分、日本の影響ではないかと思われます。今回のクラスではえのきだけを使用します。
えのきだけはタイ語ではヘットケムトーン。金色の針のキノコ、という意味です。そんなえのきだけは、揚げるとさらに針のようですよね。スパイシーで酸っぱい豚肉のサラダソースを付けていただきます。シンプルだけどまた食べたくなるおいしさで、キノコ料理の中では私の一番のおすすめです。
※イメージ↓



น้ำพริกแกงมัสมั่น/ナム プリック ゲーン マッサマン
●マッサマンカレーペースト
マッサマンカレーはペースト作りからはじめす。市販のペーストもありますが、やっぱりホームメイドのおいしさにはかないません。見た目はレッドカレーペースト同じようですが、マッサマンカレーペーストは乾燥させたスパイスを多く使用していることが特徴です。
また、グリーンカレーやレッドカレーなどのほかのタイのカレーはほとんど煮込まないのに対して、マッサマンカレーはじっくり煮込むほど美味しくなる、と言われています。
味わい深く、辛さは控えめでマイルドな仕上がりになります。
※イメージ↓



แกงมัสมั่นไก่/ゲーン マッサマン ガイ
●チキン マッサマンカレー
マッサマンとは、タイ語で「イスラム教の」という意味です。マッサマンカレーのルーツが、ペルシアなのかアラブの国であるのかは諸説ありますが、古い時代にイスラム教の国の影響を受けた料理であることは、間違いないようです。そのため、一般的にはムスリムの習慣に従って豚肉は用いず、鶏肉や牛肉、ヤギ肉を用います。また、ジャガイモ、玉ねぎ、ピーナッツまたはカシューナッツを入れるのも、ほかのタイカレーとは異なるマッサマンカレーだけの特徴です。
※イメージ↓



โรตีเนยกับอาจาด/ロティ ヌイ ガバジャ
●ロティ
タイでロティというと、今回もデザートとして紹介する甘いものが一般的ですが、このロティは甘くなく、クレープやチャパティのように薄く焼いたもので、マレーシアでロティチャナイをカレーにつけて食べるように、千切ってカレーに浸していただきます。こうしたロティでカレーを食べるというスタイルは、ここ数年でバンコクなどでグリーンカレーやイエローカレーに合わせるものも見られるようになりましたが、やはり相性がいいのはこのマッサマンカレーとの組み合わせだと思います。
※イメージ↓



แตงกวาดอง/テンクワ ドーン
●キュウリのタイ風ピクルス
濃厚な味わいのマッサマンカレーには、箸休めとしてぴったりな浅漬けです。口をさっぱりとさせて、さらに食欲が増します。タイに漬物があることをご存じない方も多いようですが、じつは高菜漬けやたくわんのような漬物もあって、そのまま食べるだけでなく、スープに加えたり、炒め物などに使うこともあります。ドーンが漬物という意味です。
※イメージ↓



ข้าวหอมมะลิ /カオ ホン マリ
●ジャスミンライス
スパイシーな料理の美味しさを引き立てる香りのいいタイのごはんです。


โรตีไข่ใส่กล้วย/ロティ カイ サイ クルワイ
●バナナと卵のロティ
ロティは私の大好きなスイーツです。私はこれで育ったと言っても過言ではありません。市場や路上の屋台で売られていて、子ども頃からよく食べていました。
もともとインドが発祥だと言われていますが、今ではタイをはじめ、インドネシアやマレーシアなどでも食べられています。 小麦粉で作った生地を宙を舞うように広げ、調理台にペタッと貼り付けるように伸ばして薄くして、輪切りにしたバナナを包み込んで折りたたみます。表面がカリッと焼けたら、ひと口サイズに切って、コンデンスミルクをかけて出来上がり。生地を伸ばす動作が、パフォーマンスのようで見ていて楽しいんです。生地はクレープよりも香ばしく、私は断然こちらの方が好きです。卵をどう使うかは、クラスでのお楽しみ。
※イメージ↓



●コーヒー、お茶
タイではコーヒーをガーフェー、お茶をチャーと呼びます。冷たいコーヒーはガーフェー・イェン、ホットコーヒーはガーフェー・ローンと言います。タイではコーヒーはミルクがたっぷりで甘いのが基本。まずコップにコンデンスミルクを注ぎ入れ、そこにコーヒーを注ぎ、仕上げにさらにエバミルクを加えます。もしミルクなしのあたたかいコーヒーが欲しい場合は、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク」と注文します。ミルクはなしでも砂糖を入れられる場合もあるので、ブラックコーヒーがご希望の場合には、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク・マイ・アオ・シュガー」。「マイ・アオ・」は「なしで」という意味です。残念なことに日本語的な発音でコーヒーと言うと、タイでは卑猥な意味になってしまいます。タイに旅行に行かれる際には、「ガーフェー」はぜひ覚えておかれることをおすすめします。


●ビール
生徒さんからのご要望に応えてビールをご用意しています。なお、お酒を飲まない方もいらっしゃるので、ビールは別途料金をいただいてのご提供となります。お気軽にお声をおかけください。
※イメージ↓




Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は15時前後になります。