Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(ヒサイ先生)Feliz Navidad 2017 ペルーの賑やかなサマークリスマス

西馬込、会員制高級レンタルキッチンでのクラスです。

日本語と英語のミックスです。

ヒサイさんとヒサイさんのお母さん2人によるクラスです。

  

ペルーは夏のクリスマス。家にも街にもキリストの誕生を祝う人形が飾られ、クリスマスソングも流れて明るく賑やかなもの。人が集まれば陽気に踊り、感謝を伝え合います。夜には家族の団欒の時間。ヒサイさんの家のクリスマスの食卓の再現です。

 

メインは何と言っても豚肉が大好き!なヒサイさんが愛をこめて作るグリルドポーク。クリスマスのスペシャルメニューは手間暇かけて・・・でもちょっと目を配るだけで家庭でも作れる嬉しいメニューです。ペルーのチリ(唐辛子)を使いますが、フルーティで辛くないタイプなので、日本でもホリデーシーズンのあらゆる集まりで人気の的になることでしょう。

 

最後にはペルーのホットチョコレート「チョコラターダ」を飲み、「パネトン」と呼ばれるイタリアのパネトーネにも似たドライフルーツ入りの甘いパンでキリストの誕生を祝います。インカ帝国の時代から脈々と受け継がれるチョコレートの歴史が垣間見えます。

 

ヒサイさんとヒサイさんのお母さんが作り出す温かな雰囲気が、ペルーの家族と共に過ごすクリスマスのような気分を味わえます。

 

●ヒサイさんの持ち味である南米パワーの明るさで訪れる人が元気をもらえ、幸せな気持ちになれるそんなクラスです。

●コルドンブルーペルー出身の講師です。きちんと基礎を習いたい方におすすめです。オイル、お酢、塩コショウなど基本の調味料以外は既製品をつかわないため、ペルー料理の基礎からきちんと学べます。 

●日系2世で祖父が日本人で、ペルーの首都リマで生まれ育ちました。すこし日本語も話せます。

●2010年上海のエキスポのペルーブースでシェフをした後、上海のペルーレストランで働いた後、東京へ移り住みました。日本のレストランで働き、日本の前コロンビア大統領の別荘で出張シェフとして料理を担当した後、大型客船のシェフとして世界を回り、結婚をするために日本に戻ってきました。 

●最近、注目を浴びているペルー料理ですが様々な唐辛子や香辛料が使われていて、上品な味のものが多いと思っています。 何気ない素材で美味しいお料理を作るコツを皆さんと共に楽しみたいと思っています。

 

開催日時


メニュー


料理の紹介

CHANCHO NAVIDENO

●クリスマスのスペシャルグリルポーク

ペルーの人々が愛してやまない豚肉。クリスマスには格別の思いを込めて、特別に手をかけて作ります。手をかけると言っても難しい技術は必要なし。他の準備をしつつ、時々目を配れば大丈夫。ペルー式のマリネで肉にスパイスの味をしっかり染み込ませ、グリルは肉汁を留めジューシーに焼きあがるように工夫されています。焼き上がりの感動は言うまでもありません。

フルーティーな風味のポークには、これまであまり使うことのなかった「アヒ・ミラソル」という唐辛子を使います。太陽の方を向いている、いう意味を持つ、明るい色をしたマイルドでアプリコットのようなフレーバーのチリです。辛さ控えめなので、ご家族みんなで楽しんで頂けます。

※グリルポークとアヒ・ミラソル イメージ↓

 

 

 

WALDORF SALAD

●ウォルドーフサラダ

リンゴやセロリ、クルミなどをマヨネーズベースのソースで和えたサラダです。1893年頃にニューヨークのマンハッタンにある高級ホテル、ウォルドーフホテルで創られたと言われ、以降、様々なシェフが独自のアレンジを加えています。今回はフルーティーなグリルドポークの付け合せとしてぴったりの、シェフ・ヒサイさん流レシピです。

イメージ↓

 

 

QUINUA  ARABE

●アラビア風キヌアサラダ

ペルー近辺の南米高地が原産のスーパーフード、キヌアのサラダです。アラビア風と呼ばれるのは、クスクスサラダをヒントにしているから。ペルーではクスクスの代わりにお米を使いますが、ヒサイさんは更にアレンジしてキヌアのサラダにします。ペルーではキヌアをスープに入れたり、ホットドリンクにしたりと身近なもの。飽きのこない、味わいのしっかりした食べごたえのあるサラダです。

サラダがほんのり赤いのは、紫色のトウモロコシから作るペルーのドリンク「チチャモラーダ」の色。様々な文化を融合し、地元の素材を使って新しい料理を生み出してきたペルーらしい、ミックスカルチャーサラダです。

※キヌアサラダとチチャモラーダ イメージ↓

 

 

 

CHUPE DE TRIGO

●アンデスの農家風スープ「チュペ・デ・トリゴ」

アンデス山脈にのぼる登山家も途中の町で飲む、麦と野菜のスープです。トリゴと呼ばれる麦の一種を肉や野菜と一緒にじっくり煮込みます。トリゴはその昔、スペイン人がペルーにもたらされて以降農家で栽培されるようになり、肉や野菜たっぷりのリッチなスープにナッツのような風味と独特の食感をもたらすことからこのスープが作られるようになりました。優しい味わいが身体の疲れを癒やし、心も解きほぐすアンデスの心とも言えるスープです。

イメージ↓

 

 

WHITE RICE WITH CORN

●コーン入りペルーライス

いつも風味豊かに炊き上げるペルーライス。今回はペルーのコーンを入れて、もっちりした食感も味わえるペルーの炊き込みごはんにします。日本ではスイートコーン、甘いものが主流ですが、ペルーは白や黄色、紫など、色も味もバラエティ豊か。日本のコーンライスとはまるで異なる味わいに、思わずおかわりしたくなるかも。

イメージ↓

 

 

CHOCOLATADA- CHOCOLATE CALIENTE

●クリスマスのホットチョコレート「チョコラターダ」

家族が集まるクリスマスイブの夜、濃厚なホットチョコレートを飲みながら、ドライフルーツ入りのパン、パネトンを食べるのがペルー流のクリスマス。昼間には陽気に踊ってホットチョコレートを振る舞うイベントが開かれることもあります。お世話になった人が集まったり、あるいは貧しい人々のために。インカ帝国の時代から飲まれてきたカカオは、今なお分かち合う文化として受け継がれ、クリスマスの伝統に息づいています。スパイシーでフルーティーな古代の香りが残るペルーのホットチョコレートです。

今回はパネトンをヒサイさんが入手してお持ちしてくれるとのこと。

イメージ↓


 

 


ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。

お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります

キャンセルについての免責事項 http://www.nikikitchen.com/cancel

キャンセル待ちの方法につきまして http://www.nikikitchen.com/faq

またご予約時に会員規定へのご同意もあります

※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は 会員画面 http://www.nikikitchen.com/reservation/members にアクセスをおねがいします

会員画面へはご予約時のメールアドレスとパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。 

ここに表示がない場合は事務局nikikitchen@ga2.so-net.ne.jp までご連絡をお願いします

注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。 

他のクラスへの変更はできません。 

お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。 

持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等 

待ち合わせ場所:都営浅草線西馬込駅徒歩5分。会員制クラブ内での開催。直接集合。

詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。

お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。