Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

フランスの冬の味覚を添えた ラパン・アラムタゥドゥッ ☆

表参道 英語でのクラスです(駅から徒歩3分です)。
フランスのビストロやブラスリーのメニューのように組み立ていきます。

生徒さんたちからのリクエストにお応えし、ウサギ肉を使ったお料理のご紹介です。
ウサギはフランスではポピュラーで、家庭料理にも使われる身近な食材です。鶏肉にも煮た淡白な肉質のウサギにマスタードをたっぷり加え、ジューシーで味わい深く仕上げます。日本ではなかなか扱う機会のないウサギ肉をおいしく調理する方法をお見せします。
付け合わせは冬の味覚のネギとタリアテッレ。ネギをくったりと煮て甘みを出すのは日本と同様ですが、バターや生クリームでコクを出すのがフランス風。ウサギ肉とも好相性です。これでフランスの代表的なウサギのマスタードソース煮の一皿が完成します。

開催日時


メニュー


料理の紹介


Tarte fine aux champignons accompagné d\'un mesclun/ Mushrooms tarte fine with mesclun
●キノコの薄焼きタルト グリーンサラダ添え
薄く平らな生地にグリルしたキノコを乗せたら、おやつに、おつまみにぴったりのタルトができ上がり。型に敷き込むことなく平らに作るので、細かなことを気にせず気軽に作れるのも魅力。つい手が伸びる大きさは、パーティにぴったりのフィンガーフードにもなります。クラスでは、香りのいいグリーンサラダを添えてお洒落な前菜にします。
※実物↓



Lapin à la moutarde/ Rabbit with mustard sauce
●ラパン・アラムタゥドゥッ:ウサギ肉のマスタードソース煮込み
フランスでは家庭でもレストランでもポピュラーなウサギ肉。同じく淡白な味の鶏肉と比べると価格が高いものの、フランス人が好むお肉でもあります。鶏肉が脂のしっかりついた皮を持つのに対し、ウサギ肉はごく薄いのが特徴。そのため、ぱさつかずジューシーに仕上げる工夫が必要です。
マスタードソースでウサギ肉を煮込むのは家庭料理の定番。フランスはボルドー地方ディジョンのマスタードが有名です。粒入りマスタードは、マスタードを潰したディジョンタイプよりマイルドで、かつ煮込むとマスタードの辛みが抜けるため、ちょっと不安に思うくらいたっぷりと加えます。その結果、マスタードに含まれるワインやビネガーの風味がソースに深みを与えてくれます。
※実物↓



Fondu de poireaux/ Leeks fondue
●付け合わせ1: ネギのフォンデュ
寒さが厳しくなると共に旬を迎えるネギを使う、フランスの冬の味覚です。フォンデュとは「溶かした」という意味で、溶かしたチーズにパンや野菜をつけて食べるチーズフォンデュが一番馴染みのあるお料理でしょう。バターでソテーし、くたくたになるまで柔らかく煮るお料理もフォンデュと呼ばれます。ネギをフォンデュにすることでぐっと甘みが増し、生クリームも加わり、淡白なウサギ肉にコクを加えます。
※実物、写真左下↓



Tagliatelles/ Tagliatelles
●付け合わせ2: タリアテッレ
ウサギ肉のマスタード煮込みの付け合わせといえば、ちょっと幅広の麺を合わせるのが定番です。この麺はヌイユと呼ばれ、フランスではメインの付け合わせとしてよく登場します。今回は日本で手に入りやすい、ヌイユによく似たイタリアのパスタ、タリアテッレを添えます。



Pavlova de saison/ Season pavlova
●季節のフルーツを乗せたパブロヴァ
真っ白なメレンゲの上に真っ白な生クリームをトッピングし、鮮やかなフルーツを飾った一風変わったお菓子は、20世紀を代表するロシアのバレリーナ、アンナ・パブロワに由来します。白鳥の踊りで有名なパブロワがニュジーランド、オーストラリアを訪れた際に考案されたものと言われ、どちらの国が本家か、未だにはっきりしません。しかし、焼き色がつかないように低温で焼き上げた真っ白なメレンゲは、バレリーナの衣装、チュチュや、色白で可憐なパブロワを彷彿とさせたことは間違いないでしょう。
乾燥してカリッとした表面に生クリームを乗せれば、乗せたところだけが柔らかくなり、しっとりした食感になります。ひとつでいくつもの食感が味わえるケーキです。柔らかな白いメレンゲと生クリームに添える、華やかなバレリーナを彷彿とさせるフルーツは、季節によって異なる味わいを楽しむことができます。
※実物↓


French Wine

●ワイン

料理に合わせたフランス産ワインをお出しします。

実物↓

  

  

Café, French Tea or Water

●フランスの紅茶、コーヒー、ミネラルウォーターなど

実物↓

   

 

 


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は14時00分前後になります。