Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

タイ料理好きなら知らないなんてもったいない
ふわふわサクサクの「ナマズと緑パパイヤのサラダ」 ★

春日部、日本語と英語でのクラスです。
だいぶ日本語が話せるようになってきました!

3月のクラスでは、タイ人なら誰もが知っているのに日本ではほとんど知られていない料理を集めてみました。「ヤム・プラードゥック・フー」と「カノム・チョー・ムアン」は見た目にもユニークなので、ホームパーティーで出せばみんなが「これなに?」と注目して盛り上がる料理です。もちろんどれも食べても美味しいので、普段日本で頻繁にタイ料理を食べているタイ料理好きなお客様にも喜んでいただけるはず。とくに「ヤム・プラードゥック・フー」は作り方も日本の方には意外で、クリスピーでありながらかつふわふわな揚げ物に興味津々になることでしょう。

開催日時


メニュー


料理の紹介

Welcome drink
●ウェルカム・ドリンク


ยำปลาดุกฟู Yum Pla Dook Foo ヤム・プラードゥック・フー
●クリスピーなナマズのサラダ
とてもユニークなサラダです。ただ写真だけを見ても、食べたことのない人にはどんなものか想像することすら容易ではないはず。写真を見てください。かき揚げのように見えるのはナマズを揚げたものです。揚げるというと、大抵の方は天ぷらやフライのように衣をつけて揚げると思われるようですが、違うのです。魚の下準備の段階で一風変わった工夫を凝らすことで、サクサクでフワフワな揚げ物になるのです。
写真を見ると、付け合わせのように別にサラダが添えられているように見えますが、これを揚げ物と一緒に食べるのがこのサラダの正しい食べ方です。揚げ物のクリスピーな食感を楽しむために、食べる瞬間まであえて分けているということです。別添えに見えるサラダには、緑色のマンゴーを使います。マンゴーの甘みと酸味で爽やかな味わいとなります。
なお、この料理、ご家庭で作る場合は、ナマズはほかの白身魚で、マンゴーはにんじんなどの他の野菜で代用することもできます。
※実物。左: クリスピーなナマズフライ、右: 緑マンゴーのサラダ。↓



แหนมซี่โครงหมูอ่อน Naam Sii Krong Moo ネーム・シー・クロン・ムー
●豚軟骨揚げ
以前のクラスでは醗酵したソーセージ、ネームの作り方をご紹介しましたが、今回はベビーバックリブを使った醗酵料理です。べビーバックリブに下味をつけて揚げたものがネーム・シー・クロン・ムー。ネームとは「発酵した」という意味です。おもしろいことに、下味をつける段階でいくつかの食材を組み合わせて発酵させることで旨味が増し、肉も柔らかく食べやすくなるのです。これは伝統的な作り方で、味付けしてすぐに揚げたものとはまったく異なる味わいになります。ビールとの相性は抜群で、前菜として最高の一品です。またごはんのおかずにもなって、子どもにも人気です。
※実物↓


ต้มโคล้ง Tom Klong トム・クローン
●干し魚のスパイシースープ
トム・クローンは、トム・ヤム・クンに似た伝統的なタイのスープです。燻製を乾燥させた干し魚と、焙煎したハーブを使うのが特徴。魚臭さを消すために大量のガランガルやタマリンド、レモングラス、コブミカンの葉などを加えるので、爽やかな香りが立ち上る酸味のあるスープになります。日本ではよほどのタイ料理通の方でないとご存知ないかもしれませんが、じつはタイではインスタントラーメンにもこのスープのものがあるくらい一般的な料理です。燻製して干した魚の熟成された旨味がおいしさのポイントです。
※写真なし



ข้าวหอมมะลิ Khao hom mari カオ・ホム・マリ
●ジャスミンライス


ขนมช่อม่วง Kanom Chor Muang カノム・チョー・ムアン
●青い花のしゅうまい
かわいいものが大好きなタイ人が愛してやまない伝統的な一品です。具には味付けして炒めた鶏ひき肉を包み込んでいます。ゴールデン デュー ドロップまたはデュランタと呼ばれる小さな紫の花(和名:タイワンレンギョウ)に似た美しい形なので、パーティに最適。パーティでは前菜として出されることもあり、具が甘めの味付けなのでおやつとしても食べられています。生地の色は、以前色の変わる不思議なドリンクに使ったアンチャン(英名:バタフライピー、和名:蝶豆)の花を使います。美しい花の形を作るためには特別な器具を使い、多くの時間と労力を要しますが、出来上がりのこの特別なかわいさを思うと、頑張る価値はあります。お客様に喜ばれること間違いなし。
※ 実物





กาแฟ ชา Kaafe Chaa ガーフェー チャー
●コーヒー、お茶
タイではコーヒーをガーフェー、お茶をチャーと呼びます。冷たいコーヒーはガーフェー・イェン、ホットコーヒーはガーフェー・ローンと言います。タイではコーヒーはミルクがたっぷりで甘いのが基本。まずコップにコンデンスミルクを注ぎ入れ、そこにコーヒーを注ぎ、仕上げにさらにエバミルクを加えます。もしミルクなしのあたたかいコーヒーが欲しい場合は、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク」と注文します。ミルクはなしでも砂糖を入れられる場合もあるので、ブラックコーヒーがご希望の場合には、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク・マイ・アオ・シュガー」。「マイ・アオ・」は「なしで」という意味です。残念なことに日本語的な発音でコーヒーと言うと、タイでは卑猥な意味になってしまいます。タイに旅行に行かれる際には、「ガーフェー」はぜひ覚えておかれることをおすすめします。


เบียร์ BEER ビアー
●ビール
生徒さんからのご要望に応えてビールをご用意しています。なお、お酒を飲まない方もいらっしゃるので、ご希望の方には別途料金をいただいてご提供させていただきます。


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は14時30分前後になります。