Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

タイ人がタイらしさを感じる宮廷料理
王様のための炒飯「カオ・クルッ・カピ」 ★

春日部、日本語と英語でのクラスです。
だいぶ日本語が話せるようになってきました!

新緑が輝き始める5月のクラスでは、かつて国王など高貴な方々のために作られていた宮廷料理をご紹介します。カオ・クルッ・カピを一言で説明するなら、醗酵したえびペーストで味付けした炒飯です。宮廷料理には、美味しさだけでなく見た目の美しさも求められます。それゆえ、美しく仕上げるために具はごはんとは一緒に炒めません。それがこのカオ・クルッ・カピの最大の特徴です。タイにも日本と同じように作るカオ・パッと呼ばれる炒飯はあるのですが、これは品よく見せるよう、あえて具は別に調理してごはんに添えます。美しい盛り付け方も含め、上手に作るための様々なコツをお教えしますので、お楽しみに。

開催日時


メニュー


料理の紹介


■Welcome drink/ウェルカムドリンクとおもてなし 



ข้าวคลุกกะปิ / Kao Kluk Kapi / カオ・クルッ・カピ
●醗酵えびペーストのチャーハン
タイ人には、このカオ・クルッ・カピを「もっともタイらしさを感じる料理」と言う人が少なくありません。海外ではグリーンカレーやトム・ヤム・クンがタイを代表する料理として知られていますが、タイ人が郷愁を感じるのはじつはこんな料理なのです。日本語で言うとチャーハンや焼き飯となりますが、一般的なチャーハンのように具材をごはんと一緒に炒めるのではなく、ごはんには具材を加えずに炒めます。味のポイントとなるのはカピ。カピとはオキアミを発酵させた調味料で、塩辛のような味です。イタリアンのアンチョビのように、少量を料理に加えることで味にコクと深みが生まれます。カオは「ごはん」、クルッは「混ぜる」という意味です。具材はごはんの脇に飾るように添え、好きな量を取って取り皿の上でごはんと混ぜ合わせていただきます。もともとが宮廷料理であるだけに、この料理では美しく盛り付けることも重要です。 
※チャーハンとおかずの盛り合わせ・実物↓



กุนเชียงหมู / Kun Chiang Moo / クン・チャン・ムー
●中華ソーセージ
カオ・クルッ・カピの具の定番のひとつクン・チャン・ムー。そう、見てのとおりソーセージです。タイでソーセージと言えば、サイクローク、サイアウ、ネームなどを思い浮かべますが、こちらのクン・チャン・ムーもタイの食卓ではお馴染みの食材。じつは大昔に中国から伝わったもので、チャイニーズ・ソーセージとも呼ばれています。ドライタイプで旨味が濃く、甘めに味付けしているので、塩気のきいたカピ風味のごはんによく合います。今回はそんなクン・チャン・ムーも手作りします。タイでもいまは市場やスーパーで買うことが多いのですが、自宅で作れば美味しいし、なによりも安心して食べられます。 
※実物↓



หมูหวาน / Moo Waan / ムー・ワン
●豚バラ肉の甘辛炒め煮
こちらもカオ・クルッ・カピには欠かせない定番のおかずです。豚のバラ肉を甘辛く炒め煮したもの。この甘さが、同じく定番として添えられる未熟なマンゴーの酸味とともに口に含むと絶妙なハーモニーを生み、食欲をそそります。トロトロになるまで時間をかけてじっくりと調理するのがポイントです。濃いめの味付けで作り置きができるので、多めに作って冷蔵庫で保存しておけば、ごはんと一緒に炒めて作る一般的なチャーハンの具にするなど、様々に応用しても美味しく召し上がっていただけます。そのままでビールのおつまみにも。 



Sup gai / スプ・ガイ
●チキンスープ(作り済み・レシピ付き)
簡単に作れて元気になれるタイ式のチキンスープをご紹介します。作り済み、レシピ付きです。 


สาคูเปียก / Sakoo / サコー
●タピオカ・ココナッツミルク
ココナッツミルクとタピオカパールで作る、タイでもっともポピュラーなデザートです。完璧なココナッツミルクの調合のバランスを学んでください。そこに季節のフルーツを加えれば、この上ない美味しさとなります。この味を知ってしまったら、もうコンビニのスイーツでは満足できなくなります。 
※実物↓



กาแฟ ชา / kafae cha/ ガーフェー チャー
●コーヒー、お茶
タイではコーヒーをガーフェー、お茶をチャーと呼びます。冷たいコーヒーはガーフェー・イェン、ホットコーヒーはガーフェー・ローンと言います。タイではコーヒーはミルクがたっぷりで甘いのが基本。まずコップにコンデンスミルクを注ぎ入れ、そこにコーヒーを注ぎ、仕上げにさらにエバミルクを加えます。もしミルクなしのあたたかいコーヒーが欲しい場合は、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク」と注文します。ミルクはなしでも砂糖を入れられる場合もあるので、ブラックコーヒーがご希望の場合には、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク・マイ・アオ・シュガー」。「マイ・アオ・」は「なしで」という意味です。残念なことに日本語的な発音でコーヒーと言うと、タイでは卑猥な意味になってしまいます。タイに旅行に行かれる際には、「ガーフェー」はぜひ覚えておかれることをおすすめします。


เบียร์ / bia /ビアー
●ビール
生徒さんからのご要望に応えてビールをご用意しています。なお、お酒を飲まない方もいらっしゃるので、ビールは別途料金をいただいてのご提供となります。お気軽にお声をおかけください。 



■中華ソーセージのお持ち帰り 一人2本
家ですぐに作れるように、一番手間のかかる中華ソーセージを一人2本、お持ち帰りいただけます。ぜひ、ご家族やご友人とお楽しみください。 



Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は14時30分前後になります。