Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(パッパーピン先生)ディープなタイを満喫する!
揚げた青パパイヤのサラダとスパイシーなチキンスープ ★

春日部、日本語と英語でのクラスです。
だいぶ日本語が話せるようになってきました!

今回のクラスのテーマは「別バージョン」。タイ料理好きなら誰もが知っている超メジャーな料理「ソムタム」を意外なアレンジで別物に。青パパイヤのシャキシャキ感が、サクサクに変わって、新たな美味しさを楽しめます。
似てるけど、ちょっと違って新しいのは、スパイシーで酸っぱいチキンスープの「ガイ・トム・カミン」も同様です。みなさんがよくご存じの「トム・ヤム・クン」と似ているけど、ちょっと違って美味しいスープです。
また、今回は人気のタイソーセージ作りも体験していただきます。食べておいしく、作るのも楽しいソーセージ。ぜひお子さんと一緒に作ってみてください。

開催日時


メニュー


料理の紹介

Welcome drink & welcome dessert
●ウェルカムドリンクとウェルカムデザート
素敵なテーブルデコレーションとともに、手作りのウェルカムデザートとドリンクで心温まるおもてなし。ほっと一息ついてクラスを始めましょう。何が出るかは当日のお楽しみです。



Sai Krok E-san/サイ・クローク・イサーン
●イサーン・ソーセージ
タイ東北部のイサーン地方の伝統的な腸詰です。おやつによし、ごはんのおかずによし、ビールのあてによしと、どんな食べ方でも美味しく食べられるので、タイではどこに行ってもこのソーセージを見かけます。
中国ソーセージは乾燥した冬の時期に作りますが、タイでは年中暑くて湿度も高いのに、どうしてソーセージが作れるのかとお思いでしょうか。秘密があるんです。豚肉にもち米を混ぜることで、発酵させて防腐します。家の軒下などの風通しのいいところに吊るして数日置いて仕上げます。日本で食べられている一般的なソーセージとは異なりますが、発酵によってほのかな酸味が加わり、旨味が増して美味しくなります。しかも、発酵食品ですから健康にもいい。ぜひ、ご家庭でも作っていただきたいです。



Somtum Tod/ソムタム・トード
●揚げた青パパイヤのサラダ
未熟な青いパパイヤを細切りにして、甘酸っぱく味付けしたソムタムは、タイを代表する人気のサラダです。青パパイヤ特有のシャキシャキとした食感が大きな魅力です。そんなソムタムに、別バージョンがあるのをご存知でしょうか。それがこのソムタム・トード。主食材である青パパイヤを油で揚げてしまいます。
通常のソムタムもサラダでありながら、もち米と食べることで相乗的に美味しさを引き立てあうおかずとして食べられますが、ソムタム・トードはさらにおかず感が増して、生のソムタムとは一味違った美味しさに驚きます。ソムタムが好き、という人にこそ、ぜひ味わっていただきたい一品です。



Ghai Tom Kamin/ガイ・トム・カミン
●スパイシーで酸っぱいチキンスープ
こちらもイサーン地方で親しまれているスープです。スパイシーで酸っぱいスープというと、トム・ヤム・クンが思い浮かびますが、このガイ・トム・カミンの大きな違いは、ターメリックを使うこと。よりスパイシーでエスニック感が強調された味わいです。カミンとはターメリックのこと。タイではこのスープには基本的に生のターメリックを用いますが、乾燥したパウダーと違い、生はさわやかないい香りがします。さらに、レモングラスやガランガル、マナオ(ライム)なども加え、爽快な味わいになります。



Lord Chong Thai Nam Kati/ロート・チョン・タイ・ナム・カティ
●米粉の麺とココナッツミルクのデザート
タイにはココナッツミルク(ナム・カティ)を使った冷たいデザートがいくつもあります。これもそのひとつ。米粉やタピオカ粉を緑に着色して、麺のように細長くしたものと砕いた氷が入っています。日本人の方の中には「海藻のデザート?」と敬遠される方もいらっしゃるようですが、もったいない。美味しいんです。
着色にはアジアのバニラとも言われるパンダンリーフを煮出した汁を使っているので、安心で、香りもいい。さらに、ココナッツミルクにはティエン・オッブというキャンドルを使って、香りをつけます。このキャンドルも、昔からお菓子作りに使われているもので、黒糖やハチミツ、ハーブなどから作られたもので、安心して使えます。
ちなみに、麺状の具は、粉を練ったものをところてんの突き出しのような器具に入れて、氷水の中に絞り出して固めるところから、「隙間を通り抜ける」という意味の「ロート・チョン」という名前がつけられたと言われています。


กาแฟ ชา / kafae cha/ ガーフェー チャー
●コーヒー、お茶
タイではコーヒーをガーフェー、お茶をチャーと呼びます。冷たいコーヒーはガーフェー・イェン、ホットコーヒーはガーフェー・ローンと言います。タイではコーヒーはミルクがたっぷりで甘いのが基本。まずコップにコンデンスミルクを注ぎ入れ、そこにコーヒーを注ぎ、仕上げにさらにエバミルクを加えます。もしミルクなしのあたたかいコーヒーが欲しい場合は、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク」と注文します。ミルクはなしでも砂糖を入れられる場合もあるので、ブラックコーヒーがご希望の場合には、「ガーフェー・ローン・マイ・アオ・ミルク・マイ・アオ・シュガー」。「マイ・アオ・」は「なしで」という意味です。残念なことに日本語的な発音でコーヒーと言うと、タイでは卑猥な意味になってしまいます。タイに旅行に行かれる際には、「ガーフェー」はぜひ覚えておかれることをおすすめします。


Bia/ビアー
●ビール
生徒さんからのご要望に応えてビールをご用意しています。なお、お酒を飲まない方もいらっしゃるので、ビールは別途料金をいただいてのご提供となります。お気軽にお声をおかけください。




Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:指定カ所でお待ち合わせ

※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は14時30分前後になります。