Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

( リディ先生 )  リディのパリのギャザリング & ティーパーティ

広尾駅 英語のクラスです。

 

はじめましてリディです。パリで生まれ育ちました。

幼いころから、フランスの伝統的なパティスリーのシェフである私の父が家族のお祝いのために豪華なデザートを作っているのを見て育ちました。家族の誕生日パーティー、ペットのためのデザート、クリスマスケーキ・・・父は、おいしい宝物を作るだけでなく、私の料理への目を開いてくれました。

その後、私はフランスで就職。マーケティングとカスタマーサービスの仕事をしていました。その頃、ふと気が付くと父は料理に対する情熱を忘れてしまったかのように見えたので、私はティールームとデリを持つレストランをオープンしました。

フランス中から良い材料、美味しい食べ物を集めて私のレシピに取り入れていきました。私の店では、”食べる喜び”という小さな鍵もお客さんに渡していたのです。ケータリングも行っていたこの数年は、美味しさと”食べる喜び”に満ちた素晴らしい日々でした。10年前、私はこの店を飛び出し、夫と共にフランスから旅立ち、4つの国で過ごしてきました。

パリでの美しいケーキと愛に囲まれた幼少期から、海外で過ごした10年間全ての体験が、私の料理への好奇心を満たし、新たな発見をしては様々な友人と共有し、更に新たな料理へと発展させてきました。あらゆるレシピを試しては、複雑なレシピをシンプルかつ、より魅力的にするにはどうしたらいいかを考え・・・古いものを見直して新しい風を吹き込むのが大好きなのです。私が目指すものはいつも、シンプルでありつつもおいしいお料理で多くの人を喜ばせることです。

私が愛する人のために作る料理は、語らいの時のため。料理を囲んで多くの人がハッピーな笑顔になるのを見ることはこの上ない喜びです。あなたにも私の料理の情熱が伝わりますように!

  

フランスをはじめとした欧米で最近流行の「ギャザリング」。ホームパーティが大好きなパリっ子たちも、ちょっとしたものを持ち寄ってカジュアルにパーティをします。買ってきたもの、作ってきたもの、何でもOKなので、誰でも気軽に開催、気軽に参加できるのも魅力です。これからの季節は屋外で開いてもいいですね。

ちょっとした味の変化をつけたり、鮮やかな色を盛り込んだり、そして盛り付けを変えたりと、パーティが華やかになる工夫がいっぱい。パリでのお店やケータリングの技が生かされています。肩の力が抜けてリラックスしたパーティは、みんなの笑い声も弾けそう!

開催日時


メニュー


料理の紹介

Welcome drink

●ウェルカムドリンク

                         

 

Carrots Verrines caramelised with cumin and coriander

●ニンジンのヴェリーヌ クミン&コリアンダーの香り

カラメルの微かな苦味がニンジンの甘さを引き締め、ほんのりスパイスを纏わせることで、素材の持ち味以上の複雑な味わいを引き出します。パリを歩いていると、どこからともなくエキゾチックな香りがしてくることがあります。その正体はクミンとコリアンダー。パリっ子には馴染みのある香りなのです。パリのもうひとつの香りをどうぞ。

< 実物 >

 

 

 

Caramelised Cherry tomato lollipops with sesame

●チェリートマトのロリポップ

思い切りキュートでポップ!デザートと間違えてしまいそうだけれど、トマトをキャラメルコーティングしてゴマをまぶした前菜です。女性が集まるパーティなら、真っ赤でコロンと丸い形に誰もが黙っていられないはず。

テーブルが一気に華やぎます。

< 実物 >

 

 

 

Gougères : Little Cabbages with cheese

●グジェール

小さなシュークリームのような「グジェール」。これも一見デザートのように見えますが、チーズ風味のひとくちサイズのおつまみです。皮にチーズが入るので風味が豊か、ワインのおつまみとしても人気、アフタヌーンティにも登場するほど世界中で広く知られるフィンガーフードです。丸くて表面がひび割れたようなシューの形はフランスではキャベツに例えられ、「シュー・ア・ラ・クレーム」といえばクリーム入りのいわゆる甘い「シュークリーム」、チーズ入りの塩味シューは「グジェール」と呼ばれます。

< 実物 >

 

 

 

Chickens balls with spices and coriander

●スパイス香るチキンボール

食べやすくてヘルシー、だけど満足感のあるチキンボール。隠し味のスパイスが、飽きることなく手が止まらなくなること必至です。スパイス効果で冷めてもおいしいをキープしてくれるので、パーティはもちろん、ピクニックなど場所を選ばず持ち出せるのも嬉しい一品。特製ディップを作れば更にランクアップです。

< 実物 >

 

 

 

Mini Croque monsieur

●ミニ・クロックムッシュ

パンに濃厚なチーズやハムを挟み、食べると音がするくらいにバリっと焼き、ベシャメルソースをかけるのがクロックムッシュ。黒くなるほどによく焼いたパンを食べるとバリバリと音がして品がないことから、レディーには向かず、ムッシュー(紳士)専用とされたとか。とろりととろけるチーズとベシャメルソースの魅力に抗えないレディーの皆さんのために、美しい指でつまめるフィンガーフードに変身させました!ちなみに、パンの上に乗せた目玉焼きをとろりと割って食べるのがクロックマダムです。

< 実物 >

 

 

Mini Chocolat and coffee Eclairs

●ミニ・チョコレート&コーヒーエクレア

チョコレートとコーヒーという甘さとほろ苦さが抜群のコンビネーションで作る大人向けのスイーツ。フランス語でシュークリームのシューが”キャベツ”なら、エクレアは”稲妻”。皮が稲妻のように見えるとか、稲妻のように早く食べなければいけないとか諸説ありますが、いずれにせよ、パリのエクレアはバリっと焼かれた生地に、ツヤのあるフォンダンという砂糖衣でコーティングします。日本で知られているよりも細くて小さいのもパリのエクレアの大きな特徴。それにケーキのようにお皿もフォークも不要なので、買ってすぐに食べる人もいるくらい。本当に稲妻のようにあっという間になくなるかも!?

< 実物 >

 

 

 

Still Water, Sparkling Water, Wine

●水、スパークリングウォーター、ワイン

<実物>

 

 

Coffee, Tea

●コーヒーまたは紅茶

<実物>