Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

恋するペルー料理 ☆

西馬込、会員制高級レンタルキッチンでのクラスです。
日本語と英語のミックスです。
ヒサイさんとヒサイさんのお母さん2人によるクラスです。

ペルーを代表する有名料理が集まりました。ペルーに住んでいた方、旅行した方が懐かしく思い出し、またあの味が食べたいと恋焦がれると同時に、初めて食べる方も虜になってしまうものばかりです。
ペルー料理は先住民の食文化にアジアやヨーロッパ、アフリカなどの文化が融合して形成されています。日本から移り住んだ人々が日本の味に近づけようとしたことが、今度は私たちがペルー料理を馴染みのある味として感じられるということがひとつに考えられます。もうひとつは、ペルーの恵まれた自然です。海、山、そしてアマゾンと豊かな自然と豊富な食料に恵まれたペルーは、日本と同様に素材を活かし、魚介料理が多いことも私たちにも馴染みやすい料理を生み出す背景となっているのです。地球のほぼ反対側に位置するペルーですが、料理を通して身近に感じられることでしょう。
 
 
●コルドンブルーペルー出身の講師です。きちんと基礎を習いたい方におすすめです。オイル、お酢、塩コショウなど基本の調味料以外は既製品をつかわないため、ペルー料理の基礎からきちんと学べます。
●日系2世で祖父が日本人で、ペルーの首都リマで生まれ育ちました。すこし日本語も話せます。
●2010年上海のエキスポのペルーブースでシェフをした後、上海のペルーレストランで働いた後、東京へ移り住みました。日本のレストランで働き、日本の前コロンビア大統領の別荘で出張シェフとして料理を担当した後、大型客船のシェフとして世界を回り、結婚をするために日本に戻ってきました。
●最近、注目を浴びているペルー料理ですが様々な唐辛子や香辛料が使われていて、上品な味のものが多いと思っています。 何気ない素材で美味しいお料理を作るコツを皆さんと共に楽しみたいと思っています。

開催日時


メニュー


料理の紹介

CHOROS A LA CHALACA
●ペルー風ムール貝のマリネ「チョロス・ア・ラ・チャラカ」
セビーチェと並んでペルーを代表する前菜のひとつで、ペルーではチョロと呼ばれる貝をフレッシュな野菜でマリネします。たっぷりのトマトや玉ねぎにレモンとペルーの唐辛子を加えたさっぱり味は、お酒のおつまみとしても人気。貝に美しく盛り付けられることも多く、人気の前菜です。元々ペルーの港町、チャラコで生まれたお料理なのでペルー風というより、チャラカ風というのが正しい呼び名で、チョリトス・ア・ラ・チャラカとも呼ばれます。 クラスではムール貝を使います。爽やかな味がこれから気温の上がる季節にぴったりです。
※実物↓

 
 
CALDO DE GALLINA
●ペルーのチキンヌードルスープ「カルド・デ・ガジーナ」
ダシの効いたスープに麺を浮かべる様子はさながらラーメンのよう。出汁を意味する「カルド」と呼ばれる通り、コトコトとスープを取ります。元となるのは「ガジーナ」つまり「雌鶏」。若鶏よりも肉が硬い分だけよい出汁が取れるので、スープに適しています。ここに麺や卵、じゃがいもなどを浮かべていきますが、このお料理をペルーたらしめているのは、やはり原産地であるじゃがいもを加えることと、スープの味を決めるペルーの唐辛子でしょう。このスープの味こそ、ペルーの人々がお気に入りのお店を持つ決め手です。じゃがいもや卵をほぐしながらペルーの唐辛子風味のスープに吸わせ、麺に絡めて食べれば、ペルーの街角で麺をすすっているような感覚になるかもしれません。
※実物↓

 

 
SECO CON FREJOLES
●牛肉の煮込みとフリホーレス ガーリックライス添え「セコ・コン・フリホーレス」
ペルーの3点盛りプレート、牛肉の煮込み、フリーホレス、ガーリックライスのセットです。牛肉は香菜(シラントロ)や唐辛子ペーストやスパイスで煮込みます。スパイスの香りは控えめで、際立つのは爽やかな香菜の香りと唐辛子ペーストの風味。更に牛肉を柔らかく煮るための食材も入れるのがポイントです。肉の塊が残るように大きめにカットして食べ応えを残すのがヒサイさん流です。
フリホーレスはブラジルのフェイジョアーダと同じような豆の煮込みです。豚肉とともにトロッとするまで煮込んだシチューのようなもので、南米では家庭ごとに味が違うと言われるほどの馴染みの味です。牛肉の煮込みもフリホーレスも、ガーリックライスと合わせるとお箸ならぬスプーンが止まらないおいしさです。
※実物↓

 
 
MOUSSE DE LUCUMA
●ルクマのムース「ムース・デ・ルクマ」
ペルーで一番人気のフルーツといえば、ルクマ。ナスカ時代の遺跡から種が発掘されたと言われるほどペルーをはじめ南米には古くからあるフルーツです。ペルーではアイスクリーム、ヨーグルト、ムースなどデザートに必ずといってもいい程、ルクマ味を見つけることができます。とろりとした滑らかで濃厚な味は、かぼちゃや栗に例えられます。クラスではルクマにミルクの風味を加えてシルクのような滑らかな口どけのムースにします。ペルーを旅した方ならペルーが恋しくなり、芋栗好きな女性なら忘れられない恋に落ちてしまうことでしょう。
※ムースとルクマ 実物↓
 
 
 
CHICHA MORADA
●紫トウモロコシのジュース「チチャモラーダ」
ペルーのお野菜紫トウモロコシを煮出して作る、香りを封じ込めたようなフルーティなジュースです。嬉しいことに 紫トウモロコシは高脂肪食摂取時の肥満抑制効果があるそうです。今日食べたお食事のカロリーリセットにもお薦めです。
さてチチャモラーダのお話しを少し。アンデスでは、その昔トウモロコシでビールが作られていました。「チチャ(酒)」です。 神に感謝をささげるために床に少しだけこぼしてからチチャを飲む風習がありました。今でもアンデスの村に行くと戸口に赤い布切の目印があれば「自家製のチチャ」が飲めるお店です。
チチャにはノンアルコールのものもあります。それが「チチャモラーダ」です。 日本でもペルー料理レストランで輸入されたボトルをいただくことができますが、私の「チチャモラーダ」もアンデスの村同様に自家製です。アルコール入りは苺と一緒に泡立てて飲んで、ノンアルコールは林檎などのフルーツと一緒に煮込むのが正式な作り方だそう。市販のものとは違う格別な味をどうぞ。
※紫トウモロコシとチチャモラーダ 実物↓
 



 


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして(クリックしてください)

※キャンセル待ちの方法につきまして(クリックしてください)


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は会員画面にアクセスしてください。ご予約時のパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。



注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。


※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:都営浅草線西馬込駅徒歩5分。会員制クラブ内での開催。直接集合。 詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。 

※お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。