Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

ビーチでも定番・ポルトガルの有名魚介料理
貝のような「カタプラーナ」鍋で作る「カタプラーナ・デ・マリシュコ」 ☆

千代田線千駄木駅、日本語のクラスです。女性限定クラスです。ご予約、ご参加ともに女性のみとさせていただきます。

ポルトガルは魚介類の宝庫で、フレッシュな魚介の料理がたくさんありますが、同時に保存食である干しダラを大変に愛する国という特徴もあります。確かに、塩漬けして寒干ししたタラは、生にはない旨味が凝縮され、食感や香りも別物。手間はかかりますが、おいしいものの為に手間暇を惜しまないポルトガル人のバカリャウ料理は、おいしさ間違いなしです。中でも最も人気のあるバカリャウのコロッケをお披露目します。
メインには、専用の鍋で作る、カタプラーナという魚介の蒸し煮を。南部アルガルヴェ発祥の料理ですが、人気があり今では全国区に。エビやアサリなど魚介数種類に、ベーコンやソーセージといった肉の加工品を一緒に蒸し煮に。魚介と肉類の旨味を掛け合わせるといった手法をポルトガル料理ではよく使います。繊細で複雑な旨味の溢れる蒸し料理をぜひ味わってみてください。
サブメニューは、2月のポルトガルのイベントでも人気のあったレモンピクルスと時短メニューの生ハムとリーフのサラダを。レモンピクルスは人数分の小瓶をご用意しておきますので、1人1本のピクルスを仕込み、お持ち帰りいただきます。

開催日時


メニュー


料理の紹介

Welcome drink
●ウェルカムドリンク: デトックスウォーターまたはサンミュゲル島の紅茶 



Picles de limão
●レモンを蓋にした野菜のピクルス
レモンの薄切りで漬ける、爽やかでフルーティーなピクルスで、レモンの薄切りで蓋をするように漬けるのがポイントです。レモンも、そのまま食べられます。。 レモンはポルトガルで最も多く収穫される柑橘系で、お菓子だけでなく料理にも多用されています。 野菜は旬の野菜を使います。 *各自、小瓶に仕込んで、お持ち帰りいただきます。 



Salada verde com presunto
●生ハムとリーフのサラダ
青々しい新鮮で美味しいポルトガルのオリーブオイルを御紹介させていただきます。 ベビーリーフやレタスなどの葉野菜に生ハムをちぎってのせた、シンプルなサラダでこそ、このオリーブオイルの味を堪能するのにぴったりです。ポルトガルはオリーブオイルの品質、味ともに他の南欧諸国に引け劣らず、ハイクオリティーです。私はポルトガル料理にはいつもポルトガル産のオリーブオイルを使います。 クラスではポルトガルのオリーブオイルについてもご説明します。

< 実物 >

Photo by K.A




Cataplana de Marisco
●カタプラーナ・デ・マリシュコ
南部アルガルヴェ地方で造られる銅製のカタプラーナ鍋で作る、魚介の蒸し煮です。まるで貝のような形をした銅製のカタプラーナ鍋こそ、ポルトガル食文化の象徴。蓋をして金具で止めると密閉状態となり、直接火にかけて蒸し煮することができます。 エビやアサリなど数種類の魚介(仕入れによって変更の可能性あり)とベーコンやソーセージなど肉の加工品を合わせて使い、旨味を引き出し合う、ポルトガル料理の特徴でもある調理法を体験していただけます。 鍋底に残った蒸し汁は旨味が凝縮されてとっても美味。
カタプラーナ鍋が特徴的で華やかなので、パーティ料理などレストランでも重宝されています。きちんとしたレストランでは、ボーイさんの取分けパフォーマンスも見所ですよ。
→南部アルガルヴェ地方で産まれた料理ですが、人気があって今では全国区。鍋といっても、長時間煮込むわけではなく、ドーム型の銅製鍋は火通りが早く、すぐに出来上がります。なので、アルガルヴェでは、真夏のビーチでも振る舞われていますよ。
カタプラーナ鍋がなくても作れるレシピですので、ご安心を!

< 実物 >

Photo by K.A




Arroz Cataplana de Marisco
●カタプラーナ・デ・マリシュコのごはん「ポルトガル雑炊」
鍋底に残った蒸し汁は旨味が凝縮されてとっても美味。ご飯で作る「ポルトガル雑炊」をお楽しみください。 


Pasteis de Bacalhau
●干しダラのコロッケ
みんな大好き、干しダラのコロッケの登場です。ポルトガルの国民食、干しダラは、毎日食べる365種類もメニューがあるとされる食材。中でも人気の高い、コロッケをご紹介。
小ぶりで食べやすい干しダラコロッケは、レストランでは前菜に、バルでも定番のおつまみです。また、パステラリア(お菓子のあるカフェ)にも置いてある軽食メニューでもあります。

< 実物 >

Photo by K.A




Sericaia
●アレンテージョ地方の伝統的なケーキ「セリカイア」
アレンテージョ地方の伝統的なケーキです。
リスボンの高級店で習ったレシピです。ここで習ったセリカイアにはポルトガルのお菓子では多用されるテクニックが隠れていました。また、この時の料理修行から帰国してすぐに、恩人であるポルトガル語の先生(ポルトガル人)にこのケーキを食べてもらったところ、「日本で食べられるBest of Sericaiaです!」 と太鼓判を押していただきました。 今まで食べたことのないとてもふわふわした食感です。食べ終わったばかりなのに、「もう食べたい」と思えるような、惹きつけられる一品です。

< 実物 >

Photo by K.A




Portuguese Wine
●ポルトガル産ワイン
お料理に合わせたポルトガルワインをご用意します 
当日はお料理に合わせて変更の可能性もあります。↓



Coffee
●カフェ 



●レモンピクルスを一人一小瓶お持ち帰り
写真のものを小瓶サイズで


●女性限定クラスです。ご予約、ご参加ともに女性のみとさせていただきます。
Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして(クリックしてください)

※キャンセル待ちの方法につきまして(クリックしてください)


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は会員画面にアクセスしてください。ご予約時のパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。



注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。


※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:千代田線千駄木駅徒歩4分の講師自宅に集合。 詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。 

※お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。