Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

( ジョアン先生 )上海の朝ごはん

大江戸線勝どき駅 日本語でのクラスです

上海は「おいしい朝食の町」といわれています。そこで町の人々のパワーを支える「上海の朝ごはん」を一緒に作りましょう。だんだんと中国もファーストフード的な朝食のお店も増えてきましたが、今でもドラム缶に炭火をいれ、その上で「油条」を揚げている姿を見かけることができます。外側をカリッとキツネ色になるまで揚げたら、できあがり。これを上海式の餅米おにぎりにしたり、朝ごはんの定番の塩味の豆乳スープにひたしたりしていただきます。


※クラスでは手作り油条と手作りの焼売の皮作り行います。麺棒をもってきてください。みんなで実習します。

開催日時


メニュー


料理の紹介

<1.サプライズ>

その日に何かサプライズメニューをサービスとしてご用意します。レシピはつきませんが皆様へのプレゼントです。< 実物 > こちらは撮影時スペシャルサラダ & きくらげのスイーツ


<2、油条>
生地をカラリと油で揚げた、サクサクとした食感の油条(ヨウテァオ)を手作りしてみましょう。揚げたての油條は、おにぎりの具として、また豆漿と呼ばれる豆乳のスープに浸したり、ちぎって使います。みんなで実習しましょう。


<3,糯米糍饭团>
上海で朝ごはんに食べる、もち米のおにぎりです。中華風の揚げパン「油条」を包んだロール状のおにぎり片手に、「油条」入りの豆乳スープ「豆漿」を食べるのが上海式の朝食。
もち米を使っているため、風味豊かでもちもちとした食感。中にはサクサクで香ばしい油条(ヨウテァオ)が包まれていて、なんともいえな美味しさが楽しめます。

 
 

<4,豆漿>
「油条」や「上海おにぎり」の良きパートナー「豆漿」。中国の朝ごはんの塩味の豆乳スープです。
出汁が効いてしみじみとするやさしい味。おにぎりとの相性も抜群で、ボリュームはたっぷりなのですが、軽々と完食できます。ほっこり体があたたます。


 
 
<5,上海糯米燒賣>
上海では朝、朝食のお店に行くと湯気が立つ蒸籠の中に焼売が入っている姿を見ることができます。
これがおなじみの朝食の燒賣です。炊いて味を付けた、おこわのようなもち米が焼売の中に入っています。
日本でシュウマイというと、ひき肉シュウマイか 海老のシュウマイが一般的ですが本場中国や香港と比べるととてもメニューの数が少ないです。
各地方独特のシュウマイの中から、ユニークな朝食のシュウマイを学びます。 手作りの皮から作り、共に味わいましょう。
 
 


<6,生蚝豆腐>
上海の牡蠣豆腐料理です。冬は温かいお豆腐の季節です。トッピングはしょうが、あさつき。牡蠣の味が濃厚。牡蠣はミネラル豊富で栄養補給の優れた食材です、性質上冷ですが、生姜の性質上では熱い、医食同源では、生姜をたっぷり入れ、牡蠣とバランス良いということで、良く合わせます。
またけっこうなボリュームですが、スルッと平らげられてしまいます。
 

6,ウェルカムドリンク
7,中国茶など