Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(シェル先生 かおり先生) 外で作ろう!「中央アジアのハレの日の御馳走プロフ」と
キルギスとソ連の蚤の市

豊春駅(埼玉県春日部市)日本語でのクラスです。
※車での御来訪も可能です。
「キルギスとソ連の蚤の市」そして中央アジアで結婚式やパーティなどハレの日に欠かせない食事と言えば、「プロフ」。これはピラフの原型の料理とも言われています。結婚式などでは大きな鍋で薪を使い、一度に数百人分作ったりします。キルギスでは毎週のように行われる女子会ならぬ男子会でも毎回プロフを作ります。また、来客があった時の〆もプロフ。そろそろ帰る時間だよ、という合図にもなります。もちろん日常的に家庭でも作ります。毎週1回は食べないと禁断症状が出るという人も。キルギスでの結婚式と言えば、男性を朝ごはんに招待します。その時に出す透明なスープも今回一緒に作ります。
デザートは、前回ウェルカムフードで大好評だった、パフラヴァを選びました。

開催日時


メニュー


料理の紹介

 

 

 

●プロフ(別名オシュ)
ハレの日に食べる料理と言えば、プロフ。結婚式などのお祝いごとには欠かせないほか、木曜日に食べる料理とも言われています。男性が大鍋で作る料理として知られていますが、日常的に家庭で食べられる料理でもあります。誰もが愛してやまない国民的な食事です。来客があった時は私達は庭で薪で作っています。晴れたら外でアウトドアスタイルでプロフを作ります。またキッチンでも同じように美味しく作れる方法をお教えしますね。 
※左:プロフ、右:プロフを作るシェルさん・実物↓



●シャキャロップ
プロフと一緒に食べるためにいつも必ずセットで作るサラダです。シャキャロップ無しにプロフは食べられません! 
※実物↓



●ホムショルヴァ
キルギスの私の地元では2日間結婚式をします。2日目の朝食には男性を招き、朝食を振る舞います。その朝食として出されるのがホムショルヴァ。結婚式のスープという意味のトイショルヴァとも呼ばれます。たっぷりの肉と野菜で驚く程の旨みを出します。 肉はホロホロ、スープの美味しさが体中に広がるような味。全く炒めないで作るユニークな作り方をご覧くださいね! 
※実物↓



●パフラヴァ
ウェルカムフードとしてお作りした時に大人気だったデザートです。バクラヴァとは名称も味も異なり、甘さが控えめで食べやすいのでついつい食べ過ぎてしまいます。おもてなしのデザートとしてきっと喜ばれますよ。 
※実物↓



●タンディール窯焼きノン(用意済み)
中央アジアの主食であるタンディールノンは食卓に欠かせない存在です。ノンは現地と全く同じようにいつも土窯で炭火で焼いています。噛めば噛むほど美味しさが口に広がります。料理と一緒に食べましょう! 
※実物



●お茶 キルギスの緑茶と紅茶


●ウェルカムフード
徳多朗で色々なパンを作っていた経験を活かして様々なパンを作って皆様をお出迎えします。どんなものが出るかは当日のお楽しみです。 



◆特別企画
「キルギスとソ連の蚤の市」ではソ連やキルギスのキッチングッズを1000円からお買い求めいただけます。 
※実物↓



Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして(クリックしてください)

※キャンセル待ちの方法につきまして(クリックしてください)


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は会員画面にアクセスしてください。ご予約時のパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。



注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。


※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:豊春駅に集合。 詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。 

※お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。