Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

( フローレンス先生 ) イタリアの父の日 聖ヨセフのザッポレ

辰巳。英語での女性限定クラスです。 

本場の南イタリアの味をこの東京で味わうことのできる貴重なクラスです!

イタリアでは2月にカーニバルのお祭りがあります。カーニバルのマスクをしてカラフルな衣装を着てパレードに参加をし、「ゼッポレ」という揚げドーナッツをほおばる風習があります。
このゼッポレは3月19日の聖ヨゼフの日にも南イタリアでは振舞われます。キリスト教ののカレンダーには毎日聖人の名前がついていて、ちょうど3月19日がヨゼフの日に当たるのだそうです。さて戦後アメリカから「父の日」の伝えられ、お父さんをお祝いする習慣がイタリアにも根付きました。ちょうどよいだろうということでヨゼフの日がイタリアの父の日になりました。 

 

この日にふるまわれるゼッポレはシュー生地を上げて中にカスタードクリームを詰めるお菓子なのですが、上にはアマレーナというチェリーのシロップ漬けをのせてあり、これが良いアクセントになっています。是非南イタリアの食文化を堪能し、いつかこの地を旅してみてください。食の組み合わせ方に驚きの連続があります。

 

 

開催日時


メニュー


料理の紹介

毎回テーマに沿って飾られる美しい食卓も楽しみの一つです

 

Nidi di Capelli D’Angelo
●ニデ・ディ・カペリ・デ・エンジェロ
<鳥の巣に見立てたパスタの前菜>
紀元前4世紀にはすでにイタリアで食べられていた打ち立てのパスタは富裕層の人たちの間でグルメなお料理として愛されてきました。16世紀。ナポリの飢饉をすくうために乾燥パスタが生まれたことにより、庶民の普及され爆発的に需要が増えていきました。そんなママの味であるパスタも、今ではイタリアのツーリズムを支える柱の一つになっています。
長年にわたり、このようにイタリア人はパスタを工夫しし面白い方法で役立つ新しい方法を見つけてきました。今回のお料理は、レストランで出されるような見た目と味わいのものが簡単にできる方法を皆さんにお伝えしたいと思います。
焼いたパスタの中には、美味しいイタリア食材を詰め込んで頂いてみてください。



Mini Frittata
●小さなフリッタータ
スペインのトルティーヤ、フランスのオムレツやキッシュなど、多くの文化でそれぞれ独自のオムレツ料理があります。イタリアで生まれたフリッタータは他の多くの文化との
接触を通して進化してきた伝統的なお料理です。オムレツにはひとつ定説がありペルシャで生まれたククという卵料理がやがて、スペインに伝わり、
イタリアやモロッコなど北アフリカやヨーロッパ全土に歴史が広がったと言われています。今ではイタリア各地に様々なフリッターが朝食やランチの時に食されています。
イタリアのフリッターはオムレツやタルト生地を省いたキッシュに似た卵料理で、お洒落なのに手早く作れ、ワインにも合うマルチなお料理です。


Osso buco 
●オッソブッコのリゾット  ア・ラ・ミラネーゼ
仔牛すね肉の煮込み ミラノ風リゾット
このお料理はわたしが故郷に帰ったときに母がふるまってくれる手料理の中で一番好きなお料理です。さてオッソブッコですが直訳すると「穴のあいた骨」という意味です。
仔牛のすね肉を十字に切り、煮込んでいるうちに骨に穴が出来る事から名前がつきました。
クリーミーな骨から出るエキスと、骨の周りについてる柔らかで風味豊かなお肉がこのお料理の特徴です。
お肉は新鮮なパセリとレモンの皮の香りをまとって出されます。

Risotto alla Milanese

●リゾット ア・ラ・ミラネーゼ(サフラン薫る本格ミラノ風リゾット)
ミラノの大聖堂(ドゥオーモ)のステンドグラスの着色使っていたサフランをリゾットに使ったところ、とても美味しく仕上がったことからミラノの名物になりました。

Zeppole di San Giuseppe
●ゼッポレ・デ・サン・ジュゼッペ
ゼッポレとはイタリアのカーニバルで振舞われるフワフワの揚げドーナッツです。特に南イタリアでふるまわれることが多いようです。
ゼッポレはアラビア語の「ザラビア(zalabia)」に由来し、その語源は「柔らかな揚げた生地」を意味しています。
言い伝えによると中世の時代に北アフリカからシチリア島やカラブリアを通して南イタリアにもたらされ、今のイタリアの味へと変化を遂げました。
このお菓子の原型は今日(こんにち)でもアラブ料理で楽しまれており、「ザラビア」と呼ばれ、特にエジプトで人気の屋台料理です。
アラビアではカリカリに揚げたシュ―生地をシロップにひたしていただきますが、イタリアのゼッポレはバターや卵が使われた生地を揚げ、中にカスタードクリームが詰まっています。
イタリアでは3月19日にイタリアの父の日でもある聖ヨセフの饗宴のために食べられます。上にはアマレーナというチェリーのシロップ漬けをのせてあり、これが良いアクセントになっています。

 

Wine

ワイン 

 

Welcome drink

ウェルカムドリンク

Coffee or tea

コーヒーまたは紅茶

 

 

 

 


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」

※注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:辰巳駅そばymca前
※おこさま連れはティーンエイジャーから参加可能。大人1名としてご予約ください。

※クラスの終了時刻は15時00分前後になります。