Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

( ジャック先生 )牛肉ステーキタルタル ガチョウのオイルのフレンチフライ

東京 初台(新宿から京王線で1駅)ジャックさんのご自宅にて。 日本語でのクラスです。レシピは英語です

大きな調理台の周りにみんなで立ちながら行う調理実習スタイル。ジャックの笑いあふれるクッキングタイムで身も心もリフレッシュしましょう。 


いわゆる贅を尽くしたフランス料理とは違いますが、日常の暮らしの中、 人々に愛されているフランスの家庭料理をお届けします。 

開催日時


メニュー


料理の紹介

●ポワール オ パルメザン
チーズを作ったあとのホエー(乳清)を利用して作られたものがリコッタです。 そのまま食べても、ミルクの旨みが十分に味わえますが 良く熟れた洋梨とパルメザンで焼き上げると ワインに良く合うアミューズに。 

●かぼちゃのヴルーテ ビターココアのビネグレット添え
フランスの伝統的なアミューズ、かぼちゃのヴルーテ。 淡いイエローで、なめらかなカボチャのスープと ビターココアビネグレットを組み合わたお洒落なスタイルでご紹介します。 


●ステーキタルタル ガチョウのオイルのフレンチフライ
タルタルステーキの名前は、中央アジアの遊牧民「タルタル人」に由来しています。 彼らの乗馬していた馬肉が非常に硬かったので、鞍(くら)の下にに肉を置き 程よく潰してから味付けをして食べる食習慣があったからです。 
現在タルタルステーキはグルメ料理として知られています。 特にベルギー、オランダ、フランス、ポーランド、ハンガリー、 チェコ共和国(タタール人の末裔)とスイスで人気があります。 
ベルギーではタルタルを「フィレアメリカン」と呼びます。 それはアメリカ人が良くハンバーグを食べるから、それを生にしたもの という意味で呼ぶそうです。 ベルギーではトーストまたはフライドポテトを添えるそうです。 
レストランでの典型的な食べ方はテーブルのそばでウェイターが調理をしさらに 「混ぜ混ぜパフォーマンス」をしてくれます。 またクラスでのタルタルステーキは生ではなく絶妙な火入れでお出しします。



●ムースデシトロン地中海風  
大好きなデザートのひとつです。フランスの伝統的なレモンのムースと、 オリーブ油を融合させます。 レモンのシトラスの香りと軽やかな苦味があるオリーブ油の相性を楽しむ デザートです。 


●本日のお楽しみメニュー 
パスタや手作りパンなどジャックがその日のインスピレーションで作っています (過去のサービス実物)

 

 

 

赤ワイン、白ワイン

<実物>

 

 

 

コーヒー

<実物>



ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。
お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります

キャンセルについての免責事項 http://www.nikikitchen.com/cancel

キャンセル待ちの方法につきまして http://www.nikikitchen.com/faq

またご予約時に会員規定へのご同意もあります


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は 会員画面 http://www.nikikitchen.com/reservation/members にアクセスをおねがいします

会員画面へはご予約時のメールアドレスとパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。 

ここに表示がない場合は事務局nikikitchen@ga2.so-net.ne.jp までご連絡をお願いします


注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。 
※他のクラスへの変更はできません。 

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。 
※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等 
※待ち合わせ場所:京王線「初台駅」東口の東京オペラシティB1Fのサンクンガーデン薬局トモス前※お待ち合わせ場所地図 

※おこさま連れの方は、大人1名でご予約をお願いします。