Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(アイバン先生) 英国のウインター(冬)メニュー  シェパーズ パイ

英国出身、オーストラリア大使館の公邸料理人、シェフによるお料理教室です。

大網(千葉) 日本語でのクラスです。レシピは英語です。日本語でご説明をしますので英語のプチレッスンも兼ねて。

2月はリクエストの多かったメニューを紹介します。イギリスでは寒い時期に少しでも温かくなれる煮込み料理と甘いデザートを好んでいただきます。まだまだ 寒さが続くこの時期 イギリススタイルの料理で体を温めましょう。



駅まで講師がお車でお迎えにまいります。(東京駅JR総武線快速 09:44発→10:54着 1時間10分)

英国人のアイバンさん。家はなんと東京から電車で1時間の大網白里というところにあります。 


訪れたことのない人は遠いというイメージかもしれませんが、周囲りは緑がいっぱいで空気がきれいで、なんて素敵な場所にきてしまったんだろうと、うっとりするはず! アイバンさんは現役のオーストラリア大使館の公邸料理人でなんと19年大使館でシェフをされています。大使の許可をいただきまして、お墨付きで講師として加わっていただけます。 アイバンさんは日本語が堪能で、説明ももちろんプロ級。今回はパンを手作りします。 

◆シェフよりコメント:メイン・ディッシュの選び方、食材、盛り付け、そしてその料理法がポイントとなってきます。

開催日時


決済方法

■クレジットカード決済
■銀行振込・ネットバンキング

メニュー


料理の紹介

Fisherman’s stew ( green mussels, shrimp, salmon, cod, tomato, garlic, white wine)
●フィッシャーマンズ シチュー

寒い時期には体が温まるシチューメニュー を作りましょう。トマトソースベースのスープで魚介類を頂きます。日本の鍋とは違い濃厚な味わいが特徴のイギリス煮込み料理を味わってみませんか。(魚介類はその時期に手に入る食材を使用します)

 <写真なし>

 

Traditional English Shepherd’s pie
●伝統的な羊肉のイングリッシュシェパードパイ

イギリスは田園地域がひろく 羊の飼育も盛んです。 自分たちで育てた食材で食事を作る伝統があります。シェパーズ・パイはそのひとつでイギリスのソールフードと言えます。ひき肉とマッシュポテトの層で覆われ、 パイと言いますが パイ生地は使わずイギリスでよく使われる食材ジャガイモをつかいます。昔は安く手に入るじゃがいもとローストした肉の残りで作っていたメニューと言われています。今回は羊の肉を使いシェパーズ・パイをいただきましょう。(写真では チーズを上にかけてやいております。)

 

 

 

Sticky date pudding with warm toffee sauce
●スティッキプディングと暖かいトフィーソース
プディングといいますが 日本のプリンとは違い 甘いしっとりしたケーキです。暖かく濃厚な甘みのあるトフィーソースをかけていただきます。

 

 

 

Strawberries
●旬のイチゴ

2月になると千葉県では いちごの収穫が最盛期に入ります。美味しく 甘いいちごを 皆さんに紹介させて頂きます。

 

 

 

English bread roll
●イングリッシュ・ブレッドロール
食事に合わせてお出しするのは ブレッドロール。簡単ですぐに作れるパンです。ミルキーでバター香るテーブルブレッドです。

 

 

 

Wine
●ワイン
アイバンが選んだワインをお出しします。

 

 



●Coffee or tea

挽きたてコーヒーまたは紅茶
挽きたての豆とエスプレッソマシンでおいしいコーヒーをいただきましょう。コーヒーが苦手な方には紅茶も用意しております。

紅茶、コーヒーをお出しします。挽きたてのオーストラリア産BUN COFFEEの豆でカフェラテもご用意致します。

< 実物 >