Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(ディーリャ先生)肉の旨味が染み込んだじゃがいもが絶品!
鍋で作るケバーブ  コースA

JR東神奈川、東横線反町駅。日本語でのお教室です。
ディーリャです。ウズベキスタンで日本人の旅行ガイドをしていました。

今回は鍋で作るケバーブを紹介します。ローズマリーがしっかりきいた羊肉と牛肉のケバーブ。ケバーブの主役は肉、ではありますが、この鍋で作るカザンケバーブでは、普段は脇役として添えられているじゃがいもが準主役として活躍します。じゃがいもがあってこそ、この料理は美味しくなるのです。新じゃがが出回るこれからの季節には、まさにぴったりな料理。ウズベキスタンではこの料理を食べると、春になったことを感じてうれしくなります。

■マスクを外している間はお話をお控えください。マスクを付けた後に会話をお願いします。

■各テーブルにパーティションを準備しました。自粛期間があけたら通常通りのお食事スタイルですが、マスクを外している間はお話をお控えください。お話が必要な方はハンカチ等で口をふさいでから
お話しください。※万が一自粛期間があけないようでしたらお料理は全点お持ち帰りとさせていただきます。

<コースA>

場所:講師自宅で行われる料理教室。
携帯:講師によるデモンストレーション
特徴:少人数制  お食事とお持ち帰り  お食事の間は禅に通じる黙食でお願いします。会話をされたい方はマスクを着用願います

2部屋に分かれ それぞれ離れてお座りいただきます テーブルにパーティションをご用意しました。

 

開催日時


決済方法

■クレジットカード決済
■銀行振込・ネットバンキング

メニュー


料理の紹介

Welcome drink: Olma qoqli choy オルマ コックリ チョイ
●ウェルカムドリンク:スパイシーアップルティー
りんごもウズベキスタンではよく食べられるフルーツです。一軒家では庭にりんごの木を植えることもめずらしくありません。「りんごの谷」という意味の名前の街もあるほどです。 りんごの季節になるとどこの家でもりんごが溢れて食べきれなくなるので、りんごを切って乾燥させてりんごチップを作ります。それはりんごのない時期に、お茶に入れてりんごの風味を楽しむためです。 りんごの甘く爽やかな香りと、シナモンの香りが混ざり合ったスパイシーアップルティーは、午後のゆったりと過ごす時間にぴったりです。






Quziqorin ta'mli baqlajon クズィクォリン タームリ バクラジョン
●なぜかキノコのような味になる茄子のサラダ
なすが主役のおかずにもなるサラダです。特製パセリオイルでマリネしたなすは、旨味が増してトロトロになって、まるできのこのような味わいになります。また、つくりおきして冷蔵庫で保存できるので、 なすを買ったら一袋分をまとめて調理してしまいましょう。素材を生かしたさっぱりした味付けなので、毎日食べても飽きません。ちなみに、なすはウズベキスタンではよく食べられている野菜のひとつです。ニキズキッチンでお料理を教えるようになって最初の教室で紹介した「義理の母の舌」という意味の名前を持つ「カイノナ・ティリ」というサラダや、衣をつけて油で揚げたなすを使って作る「バカラジョン・サラダ」、なすをくり抜いて中に肉や米を詰めて煮込む「ガルプチ」など、様々な料理があります。次はどんななす料理を紹介しようかと、楽しみです。
※実物↓



Qazon kavob カザンケバーブ
●鍋で作るケバーブ
ケバーブと言うと肉の串焼きを思い浮かべる方が多いと思います。それもケバーブで間違いはないのですが、じつはケバーブという言葉の意味は「焼いた肉」のこと。これはそのケバーブをあえて焼かずに作るちょっと変わった料理です。メインの食材は肉とじゃがいもとスパイス。クラスでは羊肉バージョンと牛肉バージョンを作りますが、現地ではほかに鶏肉でも作られています。スパイスは、クミン、コリアンダーシード、コショウを用います。シシュケバーブもそうですが、この料理でもまず肉に下味をつけてマリネしておきます。それを揚げてから蒸す。手のかかる料理ですが、肉はしっとりと柔らかく仕上がります。また、じゃがいもが肉の旨味をたっぷり吸って美味しくなります。肉だけでなく、じゃがいもを味わう料理でもあるのです。ウズベキスタンでは新じゃがが出回る頃になると、どの家庭でもこのカザンケバーブを作ります。
< 実物 >






Okorochka オコロシュカ
●ヨーグルトスープ
カザンケバーブのような脂っぽい肉料理を食べる時にぴったりなのが、このオコロシュカです。口がさっぱりするだけでなく、ヨーグルトが消化を助けるので胃もたれしにくくなります。写真ではしゃばしゃばなように見えるかもしれませんが、実際はヨーグルトを水きりしたスズマを使うので、スープというよりヨーグルトサラダという感じです。ウズベキスタンでは一般的に、コリアンダー、パセリ、ディール、レデッシュ、バジル、キュウリなどを加えて作りますが、今回のクラスでは、このウズベキスタン仕様のほかに、近所のスーパーでも手に入れやすい素材で作る日本仕様のオコロシュカもご披露します。この時期に手に入れやすいハーブとして、根三つ葉、セリ、サラダからし菜などを使う予定です。
※実物↓



Laqchak ラクチャク
●ウズベキスタン風ラザニア
ケバーブをたくさんのウズベキ風わんたんのような生地の上に広げてフォークで食べるお料理です。 この料理は今回のクラスのメインであるカザンケバーブと、デザートのチャクチャクの生地で作る料理です。ウズベキスタンの家庭では、小麦粉に水を加えて捏ねた生地で麺やパンなどを作りますが、そうしたときにあえて余分に生地を作り、保存しておくことがあります。生地は薄く伸ばしてワンタンの皮くらいの大きさに切って乾燥させます。それを茹でて、残り物のおかずや、冷蔵庫にある肉や野菜をさっと炒めてのせて食べるのが、このラクチャク。忙しいお母さんのためのお助け料理です。クラスではカザンケバーブの肉をのせて召し上がっていただきます。
※実物↓

冷たいフルーツ・カッテージチーズケーキ

こぼれ落ちそうなくらい季節の果物がのった冷たいフルーツ・カッテージチーズケーキです。
なめらかな口当たりと酸味がさわやかな涼を呼びます。
水切りヨーグルトをつかい、さっぱりしていて、カッテージチーズのポロポロ感が残ります。
<時間の関係で作り済み レシピ付き>




Uzbek Cafelate
●食後のお飲み物:ウズベキスタン風カフェラテ
※実物↓
ウズベキスタンでコーヒー豆をひいて作るのはまだそんなに広がっていないのですが、インスタンドコーヒーを飲みます。インスタンドコーヒを泡たてて、ミルの上に載せて飲みます。コーヒーにミルクをたっぷり入れて飲むのは一般的ですね。ブラックで飲むのは珍しい。コーヒーかお茶かと言ったらお茶の方が広く飲まれている飲み物です。








ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。

お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります

キャンセルについての免責事項 http://www.nikikitchen.com/cancel

キャンセル待ちの方法につきまして http://www.nikikitchen.com/faq

またご予約時に会員規定へのご同意もあります

※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は 会員画面 http://www.nikikitchen.com/reservation/members にアクセスをおねがいします

会員画面へはご予約時のメールアドレスとパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。 

ここに表示がない場合は事務局nikikitchen@ga2.so-net.ne.jp までご連絡をお願いします

注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。

当面の間は以下を私のクラスの運営方針とさせて頂きます。

コロナウイルス感染状況により、予告なしに変更となる可能性があること、予めご了承下さいますよう、お願い申し上げます。
1) ソーシャルディスタンスが確保可能な講師宅の場合、講師はニキズキッチン事務局と諸条件に合意の上、クラス開催となります。

2) 1)の場合も、クラスの定員は以前より少人数となります。

1)の諸条件には、教室開催日を含む14日以内の海外渡航の禁止、海外からの帰国者との接触禁止、クラス開講中のマスクおよび手袋着用を含みます。
また、講師に咳やクシャミ、発熱の症状が出たり、体調不良の場合は、当日でもクラスの開催を中止し、受講料は返金いたします。

クラスに参加される方も講師同様、教室開催日を含む14日以内の海外渡航の禁止、海外からの帰国者との接触禁止、クラス開講中のマスク着用をお願いいたします。
咳やクシャミ、発熱の症状が出ている場合は、当日でも構いませんので必ず講師まで欠席のご連絡をお願いいたします。材料手配の都合上、ご返金はできませんが、講師よりレシピを送付させて頂きます。

<クラス開講中のお願い>
•手洗いの徹底をお願いいたします。クラス開講中は必ずマスクを着用下さい。

•スリッパ、手袋、マスク、石鹸(または消毒薬)、タオル、エプロン、筆記用具をご持参してください。その他、ご自身が感染症予防のために使用されているものは自由にご持参下さい。

•スマートフォンを操作される方は除菌スプレーで除菌、もしくはラップでカメラ部分以外をラッピングして下さい。

•原則、クラスはデモンストレーション形式で進行しますが、盛り付けなど食器、食材に触れる場合は必ず手袋の着用をお願いいたします。

•今回は皆様でお食事はせずお持ち帰りとさせていただきます。そのため容器と保冷剤を持参下さい。

•消毒薬または石鹸、タオル等を共同で使いまわしをされないようご自身で準備をお願いします。

•クラスが決定した後、開催日が緊急事態宣言やステップ0に変わった場合もクラスは開催します。材料手配の都合上、ご予約ご入金後のご返金は致しませんが クラスに参加をされない方はお料理レッスンのお食事を当日指定時間に受け取りに来ていただければお渡しができます。

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/962/20200526.pdf

•お待ち合わせ場所は講師自宅となります

•お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

•他のクラスへの変更はできません。

•ご本人がご欠席の場合代理出席の方の御参加はできません。

•人数が予約数に達しない場合はクラスは開催をせずご返金とさせていただきます

•予約時に会員規定へのご同意もございます


※待ち合わせ場所:東神奈川または反町のそばの指定先



※お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。