Niki's Kitchen 英語料理教室

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室

ニキズキッチン 外国人の自宅で習う料理教室Niki's Kitchen 英語料理教室

国旗表示域

マケドニア・セルビア料理教室ターニャ

    • マケドニア・セルビア
    • 英語
    • JR飯田橋駅
    • 地域:
    • 中欧
    • 言語:
    • セルビア語
    • 郷土料理:
    • ギバニッツァ

はじめましてタチアナ(Tatiana)です。 - マケドニア大使館公認料理講師、フリー・ジャーナリストそしてフード・ラヴァーです。

わたしは マケドニア、セルビ、チェコのお料理を教えます。

私はヨーロッパから来ました。セルビアとフランスの二重国籍を持っています。 しかし、これらの2つの国籍の中には、私の食べ物のライフストーリーに関わるものもあります。
私の母親はマケドニア人で、私の父はセルビアの北部、ボジボディナ出身のセルビア人です。
子供の頃の経験が、大人の生活を形作っていると信じています。幼年期の食事の経験は私のすべての人生に関するものでした。

私は、ブルガリアの東部とギリシャの南部にある、現在はマケドニアと呼ばれている旧ユーゴスラビア最南端の3つの国にまたがる地域で生まれました。 私たちの家の前には大きな古いイチジクの木がありました。 竜舌蘭です。私たちはイチジクの実を刈り取る簡単さは、水道水から水を得るのと同じくらい普通の出来事でした。 日々の生活では地元の人々から地元の製品を購入していました。 ギリシャ第2の都市、テッサロニキでは、3〜5kgのカラマタのオリーブ、1〜2kgのオレンジの袋を購入していました。 またブルガリアで最高の羊の白チーズを買うことも日常的でした。

現代では旅先であるカナダで私の両親がブルガリアで約40年前に買ったチーズとまったく同じものを東京に持ってかえることができます。 同じパッケージ、同じプロデューサー、同じチーズ! この瞬間は、実際には非常に強力な国(バルカン)の遺産を感じます。あなたも旅行する目的地にかかわらず、スーツケースはいつも食料品でいっぱいでしょう!

私の母は、自分自信のキャリアを持つ女性でしたが、同時に彼女は一流の主婦でした! 翻訳者でツアーオペレーターだった私の父親の反対側で、彼は私たちの家に、いつも母が作った本当の美味しい喜びのために来る人々でいっぱいだったと確信していました! 彼女が私の父と結婚した直後、私の母は私の父の地域のすべての料理を作ることを学びました。 キッチンの隣のパントリーでは、オレンジの袋に20kgの小麦粉を入れたほかに、いつも持っていました。

母は甘くて塩辛いパイ、フリッツェ(Kiflice)だけでなく自家製の麺もよく作りました。 私はテーブルの布が食卓やリビングルーム、テーブル、ソファー、肘掛け椅子の周りに広がっていたことを覚えています。そして、彼女は生地を巻いたり、切ったり、精密で繊細で素早い動きをして作り上げていました。 彼女はスープにいれる麺も作りました。 彼女は本当にシェフのようでした。 1987年に公開されたデンマークの映画「バベッドの晩餐会」の主人公にもよく似ていました。

とにかく、これらが私が母親から料理についてたくさん学んだことについて話すシーンです!もちろん私の弟も!


その後、私たちはマケドニアからセルビアのベオグラードに移りました。私は当時14歳で、決まった食生活については何も変わっていませんでした。それ以外は、ギリシャとブルガリアから遠く離れたことで、父は農家から新鮮な野菜、果物、肉を買う生活に変わりました。、あた私の父は80本の胡桃の木を継承したことでイチジクの実は胡桃の実に代わりました。


どこに行っても、いつも人生で一種の交換があります。私は夫と出会ったころの話をしましょう。私たちはどちらも同じ大学の言語で勉強していました。彼はフランス語、私はチェコ。彼の父親もセルビア人で、母親はハンガリー人でした。彼女から私は最高のビールスープ、パラケルトという点づくりヌードル(Perkelt)、グーラッシュ(Goulasch)とクルミのパンケーキを作ることを学びましただ。
私は夫と一緒にチェコのプラハに移動しました。私たちはチェコの友人アンナの家族として迎えられました。クリスマスのために、彼女のお母さんマリアは20と30種類の小さなケーキを作る手伝いをしました。私の大好きなのは、「酔いどれ」というの名前のついたドランク イスィドル(Drunk Isidor)というものでした。イスィドルのほかに、彼女はチェコのダンプリングと最高のローストドッグを作る方法を教えてくれました!


私たちの2人の娘が生まれたチェコ共和国で15年間過ごした後、私たちはフランスに移住しました。グルメ魔法の国!数百のチーズ、数百の偉大なシェフ、数千のワイン、そして世界でも最高のパテントリーの国。最初は私たちは絵のような街のシャンティイに住んでいました。クレムシャンティはそこに発明されました。そこに私は家で作られた料理レッスンを訪ね始めました。私はこの非常に豊富な料理を学びました。家庭料理、古典料理、または現代の料理をいつも独特なフレンチタッチで味わってきました。

私たちはリヨンに引っ越し、世界の首都に伝統的なオートクチュンの街!フランスのリヨン近郊にあるレストラン3つ星レストラン「ポール・ボキューズ」の街!私たちは、コローニュ=オー=モン=ドール(Collonges au Mont d'Or)で有名なAbbaeyの上に家を借りるにしました。

私は「ポール・ボキューズ(Paul Bocuse)」の徒歩圏内に住んでいました。私は食べ物の夢の中に住んでいました!突然、私は父が私が子供だったときと同じポジションにいました。私たちは多くの地元の友達を作りました。そして、私たちの家にあるすべての集まりは料理の競争の一種でした。リヨンでは色々なものが食べ物でつながっています。

2年毎の1月にフランス・リヨンで開催される世界最高峰の料理コンクール「ボキューズ・ドール」。私は世界最大の世界料理大会Bocuse d'Orから1年間レポートしました。私の好きなデザートの名前ドール(d'or)と同じです:それはピエール・ド・モン・ドール(Seve、Pierre de Monts d'Or)のことです。ポール・ボキューズのレストランの中には、私の心に近いシェフ、 現在「メール・ブラジエ(La Mere Brazier)」のオーナーシェフを務めているのはマチュー・ヴィアネがいました。

そして、2015年より。私はフランスでのすべての料理経験を習得したと思った後、私たちは日本に到着しました!すべての食べ物には美しいオモテナシと美味しいものがあります!私の友人のマキ、彼女のお母さんヨーコと禅の先生の教師チバが日本の美味しい料理を私に教えてくれました

また百貨店は私のための場所です。ライブフードミュージアム!私は不思議の国のアリスのように歩いています。購入、開封、試飲、楽しんで、未発見を発見する。私はそのような文化の一部となることはとても幸運なことであり、どこから来てもこのグルメ感覚をあなたと共有することができてとても幸せです。

クラスの履歴

もっと見る

クラスの写真

もっと見る

先生の教室をカレンダーから探す

News

クラスの特徴

ダイニング

ダイニング

日差しがふりそそぐ明るいダイニング。黄色いチェアーがお花のよう

アーモンドの巣

アーモンドの巣

わたしたちの国ではクッキーにフルーツジャムだったりアーモンドなどのナッツ類を練りこむことが多いです

みんなで楽しくクッキング

みんなで楽しくクッキング

手で実際にさわって、たしかめなら。

写真は冬のコンフォートフード。

写真は冬のコンフォートフード。

テーブルから春夏秋冬をお届けします