Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

体験型:ウズベキスタンの朝ごはん。「肉詰めノン」と「たまご水餃子」

JR東神奈川、東横線反町駅。日本語でのお教室です。
■こちらのクラスは体験型のクラスです。実習が多いクラスです。
ウズベキスタンの朝ごはんのクラスです。肉をつめたノン(パン)はサマルカンド地方で人気の郷土料理です。ウズベキスタンではパン屋さんは早朝からやっているので、朝起きるとすぐに買いに行って、出来立てを朝食にいただきます。皮がパリッとして、噛むと中から肉汁が溢れ出る焼きたての肉詰めノンの美味しさは格別です。ノンはパン作り初心者の方にも失敗なく作れますが、肉を包み込むにはちょっとしたコツが必要。クラスでは我が家の秘伝のコツをお教えします。また、よりヘルシーな朝食を目指して、クラスではビタミンやミネラルが豊富な全粒粉でノンを作ります。ちなみに、この肉詰めのノン、ウズベキスタンでは友人の家を訪ねるときに手土産として持って行ったりもします。具をアレンジして楽しむことも出来るので、この機会にぜひマスターしてください。

開催日時


メニュー


料理の紹介

Shirchoy シリ・チョイ
●ミルク茶
おばあちゃんの家に泊まると、朝食に作ってくれるのは「シリ・チョイ」でした。「シリ」はミルク、「チョイ」はお茶という意味です。モンゴルのスーテーツァイと呼ばれるバター茶と似た飲み物です。もともとは水が貴重な草原で暮らす遊牧民が、水の代わりにミルクでお茶を煮出して飲んだのがはじまりと言われています。でもこのシリ・チョイは、私たちにとっては飲み物というよりも朝ごはんです。というのも、中央アジアでは朝はこれにノンを浸して食べるという習慣があるからです。お茶にはバターも加えているのでスープのようでもあり、ノンを入れても違和感がありません。茶葉は緑茶でも紅茶でも、お好みで。おばあちゃんの思い出の味、みなさんにも気に入っていただけたらうれしいです。
※実物↓ 紅茶バージョンと緑茶バージョン



Gushtli Non ゴーシュトリ・ノン
●実習:肉詰めノン
日本では様々なお惣菜パンがありますが、じつはウズベキスタンにもあるんです。具を入れたノンが。今回ご紹介するのはそのひとつで、クミンの香りをつけた牛肉を詰めた「ゴーシュトリ・ノン」です。これひとつでご馳走を食べたような満足感が得られます。プレーンなノンが白いごはんなら、この肉詰めノンは具沢な炊き込みごはんのようなもの。あたためて食べると、肉汁がじゅわっと染み出します。もちろんそのままでも美味しいので、ピクニックのお弁当にもおすすめです。
※実物↓
 
 
 
Pomidor kukatli ポミドル・コカトリ―
●ウズベキスタン風オムレツ
これもウズベキスタンでは定番の朝ごはんです。私が子どもの時には、よく兄が作ってくれました。固くならずにふわりと仕上げるコツは蒸らし。コツさえ覚えてしまえば簡単です。ぜひご家庭の朝食のレパートリーに加えてください。
※実物↓
 

Tuxum barak トフム・バラク
●たまご水餃子
ウズベキスタンではチュチュワラと呼ばれる水餃子がポピュラーなのですが、こちらはそれとは別の、食べてびっくりのスペシャルな水餃子です。具に肉は使いません。たまごを詰めてふわりと仕上げます。日本のスーパーで売られている水餃子の皮でも作れますが、せっかくなので、クラスでは皮の作り方からお教えします。自家製の皮で作ると、もっちりして美味しさも格別です。
※実物↓
 

 

 
Dudlangan sabzavotli banka ドドゥランガン・サブザヴォトリー・バンカー

●スモーク野菜のペーストのビン詰め
ウズベキスタンは野菜も果物も新鮮で美味しいんです。だから、その美味しさを一年中楽しめるように、ウズベキスタンでは旬の素材をビンに詰めて保存食にする習慣があります。
今回ご紹介するのは、これからの季節に美味しいなすやパプリカを使った夏野菜のペースト。私たちは朝ごはんにノンにつけて食べています。忙しい朝には野菜を切ってサラダを作るのは大変ですが、これなら野菜の栄養も摂れてヘルシーです。野菜をスモークしているので、味に深みがあって食べ飽きません。パスタのソースに使うなど様々に応用できるし、長期保存できるので、まとめてたくさん作っておくと重宝します。クラスではひとり1ビン作って、お持ち帰りいただきます。
※実物↓



Assali tort アッサリー・トールト
●ハチミツケーキ
ウズベキスタンは春になると野山に様々な花が咲いてとってきれいです。だから、良質なハチミツの産地にもなっています。市場や道端の屋台で新鮮で美味しいハチミツが売られているので、ウズベキスタンでは料理やスイーツにハチミツを使うことも多いのです。このケーキも名前の通りにハチミツを生地に練りこんで作っています。だから、味も香りもハチミツ!ついつい食べ過ぎてしまう美味しさです。
※実物↓
 


■お土産:スモーク野菜のペーストのビン詰めを一人一瓶(ジャム瓶サイズ)
※ジャム瓶サイズをお持ち帰りいただけます↓



●食後のお飲み物:ウズベキスタン風カフェラテか紅茶
ウズベキスタンでコーヒー豆をひいて作るのはまだそんなに広がっていないのですが、インスタンドコーヒーを飲みます。インスタントコーヒーを泡立てて、ミルの上に載せて飲みます。コーヒーにミルクをたっぷり入れて飲むのは一般的ですね。ブラックで飲むのは珍しい。コーヒーかお茶かと言ったらお茶の方が広く飲まれている飲み物です。
※実物↓
 


■クラスのディーリャさん。ウズベキスタンのダンスも見られるかも!?
 

 

 



Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして(クリックしてください)

※キャンセル待ちの方法につきまして(クリックしてください)


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は会員画面にアクセスしてください。ご予約時のパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。



注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。


※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:東神奈川そして反町駅そばの指定箇所に集合。 詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。

※お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。