Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

(ディーリャ先生)ハーブの自家製瓶詰と魔法のソース

JR東神奈川、東横線反町駅。日本語でのお教室です。
 

ウズベキスタンでは様々な料理にハーブを使います。そのため、私が日本で暮らすようになって、料理のことで一番苦労したのがハーブでした。ウズベキスタンなら市場に行けば新鮮なハーブが安く手に入ります。でも、日本ではあちこち探しても欲しいハーブが見つからないことも多く、値段も高い。ハーブは料理の主食材ではありませんが、母国の味を再現するにはなくてはならないものなのです。冷凍してみたこともありますが、当然のことながら、葉物のハーブは冷凍すると新鮮さも香りも損なわれてしまいます。ハーブを保存するにはどうしたらいいか、長年考えてきました。そしてたどり着いたのが、瓶詰にすること。もちろん、ただ瓶に詰めればいいというわけではなく、試行錯誤を繰り返しました。そしてようやくそのレシピを完成することが出来たので、皆さんにもご紹介します。今回のクラスでは、ハーブの瓶詰の作り方と、その瓶詰のハーブを使った料理を紹介します。手早く作れて、夏バテした体を元気にする、食欲の湧く料理です。ハーブの瓶詰は、様々な料理に応用できます。ぜひ皆さんの家庭でアレンジしてお楽しみください。

 

開催日時


メニュー


料理の紹介

 

1 Zelen banka「ゼーレンバンカ」ハーブの瓶詰

収穫したばかりのようなハーブの香りが保てる瓶詰です。私はこの瓶詰を作るようになって、新鮮なハーブを見かけると大量にまとめ買いするようになりました。以前は、たくさん買っても使い切れず、しおれさせてもったいないと思い、少量しか買えませんでした。瓶詰にしたハーブは、サラダに入れても美味しいし、肉料理や魚料理のソースにしてもいい。香ばしく焼いたトーストにのせても、美味しくいただけます。

 

 

 

2 Kunjut sous「クンジュット ソース」オリジナルディップ

私の創作ディップです。ウズベク語ならクンジュットソースですが、日本語なら和ウズディップ。日本とウズベキスタンの融合で生まれました。2つの発酵食材を加えているので、瓶詰で長く保存することができます。生野菜につけて召し上がれ。ウズベキスタン人の友達にも日本人の友人たちにも大好評のディップです。

 

 

 

 

3 Duxovkada jakob「ドゥホブカ ジャルコブ」ウズベク風 羊の肉じゃが

暑い夏にコンロの前に長く立って調理するのは大変ですよね。そこで、夏でも楽しく作れる料理はないかと考えました。朝仕込んで、帰宅後にオーブンに入れて焼くだけのお手軽料理です。日本の肉じゃがのように、鍋で時間をかけて煮込む必要はありません。野菜にも肉汁がたっぷり染み込んで、美味しくてペロリと完食してしまうはず。手をかけたように豪華に見えて簡単に作れる便利な一品。主婦の味方です。

 

 

 

4 Sirlik sous「スィルリック ソース」チーズソースと鶏肉ミニハンバーガー

こちらも暑い日でも楽しく調理できるよう工夫したソースです。クラスでは、このソースの使い方の一例として、鶏肉ミニハンバーガーを作って、その上にスィルリックソースをかけて焼きます。他にも様々な料理に用いることが出来ますので、ぜひ作ってみてください。

<写真なし> 鶏肉ミニハンバーガー 当日のお楽しみ  

 

5 Smak「スマック」クリーミーソース

クリーミー、でもさっぱりして食べ飽きないソースです。マヨネーズの代わりとしてもお使いいただけます。ウズベキスタンではスマックという夏のサラダの定番の調味料です。作り置きが可能なので、冷蔵庫で保存して、サンドイッチやチキンのトッピングなどにもご利用ください。

 

 

 

6 Chesnok banka「チェスノックバンカ」ニンニクの瓶詰

ニンニクも使い切れずに残ってしまう食材のひとつではないでしょうか。新鮮なニンニクが手に入ったら、ぜひ鮮度が落ちないうちに瓶詰にしましょう。においを気にして敬遠する方もいらっしゃいますが、ニンニクは様々な健康効果を持つ食材です。疲労回復、体力増強、免疫力の向上、美肌、アンチエイジング。さらに、ニンニクに含まれるDATS (ジアリルトリスルフィド)が、がん細胞の増殖を抑制することが発見されています。アメリカでがん予防が期待できる食品を選出したデザイナーフーズプログラムでは、もっとも効果が高い食品として挙げられたのがニンニクでした。健康のためにニンニクを食べましょう。このチェスノックバンカは大人味のニンニクのピクルス。ポリポリ食べるのが癖になります。

 

 

 

7 Maklik bulochka「マックリックブロチュカ」ケシの実の菓子パン

私が友人の家を訪ねて行くときの最近の定番の手土産。甘く味付けしたケシの実をたっぷり詰めて焼く菓子パンです。簡単に作れて、絶対に失敗がなく、それでいてちょっと豪華な雰囲気なので、皆さんに喜んでいただけます。3時のおやつにぴったりで、ママ友の集まりにも最適です。クラスではお持ち帰りいただけるよう多めに作ります。

 


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして(クリックしてください)

※キャンセル待ちの方法につきまして(クリックしてください)


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は会員画面にアクセスしてください。ご予約時のパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。



注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。


※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:東神奈川そして反町駅そばの指定箇所に集合。 詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。

※お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。