料理映画:ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で― 




◆映画:
ハッピー・リトル・アイランド



料理映画リンク集

 



 

<映画紹介>
健康に長生きして幸福に暮らす
ヒントが詰まったドキュメンタリー

『 ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―』


text/キヌガサマサヨシ(夏休み計画)

10月11日(土)から、渋谷アップリンクほか全国で順次公開
http://unitedpeople.jp/littleland/



いま世界で話題になっている長寿の島、ギリシャのイカリア島の暮らしを映したドキュメンタリー『ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―』が、まもなく公開されます。これまで料理や食べ物がテーマになった作品を紹介してきましたが、この映画は少々趣が異なります。でも、「食べること=生きること」と捉えて観れば、食べるって何だろうかと考えさせてくれるはず。



イカリア島といえば、今年5月にヘレナさんがニキズのクラスで教えてくれたグリーンパイが、この島の郷土料理でした。透けそうなほど生地を薄く延ばしたフィロで、フェンネル、チャード、酸味が特徴のスカンポ、チャービルなど庭や近所の野山で摘んだ野草と葉物野菜を良質なオリーブ油でソテーしたものを包んでオーブンで焼いたパイです。こうした伝統的な料理は、地中海式の健康食と言われています。




映画は、不況で荒れた首都アテネには希望が見出せないとイカリア島へ移住するカップルを追います。街の暮らしに魅力を感じられずに田舎に引っ越す若者が増えている日本とも似た状況です。といっても、若者の5割が職に就けずにいるというギリシャは、もっとずっと切実な気持ちで生きる場所を探していることでしょう。


アテネから来たふたりが移り住んだのは、海辺の小さな村。これといった産業はなく、高齢者が中心で自給自足をして暮らしています。彼らも食べるために畑を作りますが、はじめての農作業でたやすく収穫できるはずもなく、悪戦苦闘することに・・・。



ちなみに、イカリア島は長寿の人が多く、高齢者が満足して暮らしていることから「死ぬことを忘れた人々が住む島」とも言われていますが、どんなところなのでしょうか。アテネから飛行機で45分ほどのエーゲ海の島で、石垣島より少々大きいとか。その位置は北緯37度35分で、日本でいえば新潟の柏崎と佐渡島の中間あたりですが、温暖な地中海気候なので冬でも平均気温は10度前後と、カリフォルニアに似た気候です。


温暖で暮らしやすくはあるけれど、冬にはコートが欲しくなるほどには冷えます。何もしなくても勝手にたわわに果物が実って、苦労せずに食べていける楽園というわけではないのです。監督が「島民は働き者で貧しい」と言う通り、都会の便利で裕福な暮らしとは程遠いつつましい生活が現実なのです。


では、高齢者が元気に楽しく生きられる秘密は何なのか。その答えのひとつが、映画の中で雑貨屋のじいちゃんが飲んできるギリシャコーヒーです。ギリシャ式のコーヒーは、長い柄のついたブリキと呼ばれるボットに水と極細に挽いたコーヒー豆を入れ、火にかけて煮出して作ります。そうすることでフィルターを使って淹れるコーヒーよりもはるかに濃厚に仕上がり、ポリフェノールが豊富に摂れるのだとか。アテネ大学の研究によれば、このギリシャコーヒーが血管の老化防止に役立って、長寿に関係しているらしいとか。



お気づきの方もいるでしょうが、このコーヒーの淹れ方は、トルココーヒーと同じです。じつはイカリア島はアテネよりもトルコに近く、トルコは目と鼻の先。そして20世初頭まで何世紀にも渡ってトルコに支配されていました。コーヒーはその当時にトルコから伝わったのでしょうか。もちろん、それだけなら同じコーヒーを飲むトルコやギリシャ本土を差し置いて、この島だけが長寿で注目されるのはおかしいですよね。秘密はまだあります。


映画ではワインを飲んで陽気に踊る老人たちの姿か映されていいますが、ワインもポリフェノールがたくさん含まれていることで有名。ギリシャコーヒーを飲んでいたじいちゃんは副業で養蜂もしていて、移住者の若者にハチミツの採り方を指導していますが、ハチミツも抗酸化力の高い健康食品。さらに、村の人々がオリーブの実を収穫するシーンもあって、オリーブ油を作ると話していますが、これもポリフェノール。長寿を主題にした作品ではないので、ことさら取り上げているわけではないのですが、島の住民が様々な食材から抗酸化力の高い食品を多く口にしていることがわかります。



また、島の人たちが農作業をする姿から、のんびりだけど毎日体を動かして、新鮮な野菜をたくさん食べていること、移住した女性がジャム作りのために近所の家に果物をもらいに行くシーンから、島の人々が日常的に庭で採れた果物を食べていることがわかります。


「人生を楽しめないなら死んだ方がマシよ」と言う101歳のばあちゃんをはじめ、活き活き生きるじじばばたちが登場し、健康な食事のヒントがいっぱいの『ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―』。料理にフォーカスしているわけではないけど、食べること、生きることの価値観が変わるかもしれない素敵な映画です。

 

 

なお、この映画の公開を記念して、ギリシャの美味しい食材を日本に輸入販売されているカルポスカンパニーの協賛で、10月11日(土)~24日(金)の2週間、連日先着10名様にカルポスカンパニー フレッシュオリーブジュースオイルWinter Harvest 250ml、またはオーガニック養蜂家Alexandros Gousiaris氏のハチミツGreek Honey from Spring and Summer Plants 30gのどちらかをプレゼントします。



監督:ニコス・ダヤンダス
製作:ギリシャ/2013年/52分
配給:ユナイテッドピープル

 

© 2014 映画『ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―』. All Rights (C)ANEMON

 


 
 



料理映画