Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

大使館のシェフから習う
シチリアの春を味わい尽くす 生シラスやまぐろ料理

阿佐ヶ谷、タノさんの秘密のキッチンで行う英語のクラスです。

イタリアのシチリア島カターニアから来たタノです。現在、イタリア人の移民が多いウルグアイの大使館の公邸料理人をしています。

日本には震災の後に来て5年になります。 「グランブルー。」という30年ほど前にシチリアのタオルミーナを舞台にして作られた映画がありますが、有名な観光地タオルミーナの山間部にあるカステルモーラという小さな教会の町の名物アーモンドワインを売るカフェからキャリアをスタートしました。 シチリアの食文化が好きだったり、イタリア映画が好きな方、是非お集まりください。

生のシラスに赤身のマグロといった馴染みのある食材を前にすると、和食にもシチリア料理にもなりえる、日本とシチリアの不思議な共通点を感じることができます。日本人に馴染みの深い魚を使ったシチリア料理を、伝統的なレシピと、タノさんオリジナルの現代的なレシピの両方で堪能できるメニューです。生シラスとそら豆はシチリアでも旬は春。一足早い春をシチリアからお届けします。

開催日時


メニュー


料理の紹介


Modern Sicilia: Ravioli pasta with red snapper in fish stock sauce
●シチリア料理:シーフード・ラビオリ作り
生パスタ作りですが、今回も楽しい企画が登場します。 使用するパスタやソースは当然のこと、全て手作りの 「自家製ラビオリ」。 イタリアのプリモ・ピアット(第1の皿)で登場するパスタ。 実はイタリア本土の多くのレストランで、スペシャリテに掲げるのは細長いパスタではなくこのラビオリです。
※イメージ↓

できあがったラビオリは、硬すぎず、柔らかすぎず。何と微妙なゆで加減。黄色の薄い皮をかみしめると、ふわっとしたシーフードの香りがあふれだします。 そう今回のソースは鯛(※もしくはスズキなどの出汁の取りやすい魚)のフィッシュストックから作ります。中の具も鯛を使ったもの。 小さな袋状のパスタの中に具を詰めたラビオリ。さらにその上にシーフードが香る特製ソースをかけていただきます。
※イメージ↓



Traditional Sicilia: Mucco e maccu /Shirasu and broad beans croquette
●伝統シチリア料理: 生シラスとそら豆のフリット
新鮮な生シラスを旬のそら豆と一緒にフリットするシチリアの春の名物料理です。 揚げたてフリットにはぜひ、シチリア風にレモンをきゅっと絞ってみてください。 生シラスを食べるのは、日本だけではありません。シチリアでは生シラスに特産品のレモンをきゅっと絞り、オリーブオイルと一緒に食べます。 このように新鮮魚介を食べるのはイタリア南部の特徴です。郷土色の強いイタリアでは、北部では生魚を食べることはほとんどありません。 イタリアでシラスのシーズンは1月から3月。シチリアの旬の味を一足早く味わいましょう
※実物



Traditional Sicilia: Tunnina ca\' cipuddata /sweet and sour tuna steak with onions
●伝統シチリア料理: 甘酸っぱいマグロのステーキ・シチリア伝統の玉ねぎジャム「チポーラロッサ」作り
玉ねぎから作られた伝統のジャム「チポーラロッサ」で覆うようにたっぷりとかける、シチリアの伝統的なまぐろ料理です。 古くからマグロ漁の盛んなシチリアでは、マグロは身近な食材です。シチリア近くのレヴァンツォ島には、 紀元前11-12世紀のものと言われる壁画にもマグロ漁の様子が描かれています。 マグロの缶詰が初めて作られたのも別の島、ファビニャーナ島。ここではカラスミの生産も盛んでした。いずれも透明度が高く、船が浮いて見えるほどの美しい海に囲まれた、 シチリア島に隣接する小島です。マグロといえば日本ではトロが喜ばれ、価格も高いのですが、シチリアではトロも赤身も同価格。脂身の少ないヘルシーな赤身の方が好まれる傾向があります。

いつもと違う玉ねぎの保存食作りもここでは行います。 シチリアではマグロをステーキにして「チポーラロッサ」というシチリア特産品である玉ねぎジャムをかけて食べる習慣があります。加熱すると玉ねぎは甘味が出ます。普通の玉ねぎでもできますが、もし 赤玉ねぎが入手可能でしたらそちらをつかってみてください。より甘味が生まれます。 この手作りのたまねぎのジャムと一緒にいただくことでマグロのステーキがさらに美味しさアップします。 伝統的なシチリア料理をお楽しみください
※右甘酸っぱいマグロのステーキ実物↓左玉ねぎジャム「チポーラロッサ」



Dessert
●シェフの気まぐれデザート
シェフの作り済みのデザートです。当日をお楽しみに!タノさんのお菓子過去


Wine
●ワイン


Drinks
●お飲物


Nikis Kitchen 参加規定・キャンセル規定・免責事項等
ご予約お申込は、以下の内容についてご確認・ご同意の上、「ご予約ボタン」をクリックし、
フォーマットに必要事項をご記入の上お申しこみください。


お料理は料理名としてのイメージのため実物とは異なります
※ご予約方法につきまして(クリックしてください)

※キャンセル待ちの方法につきまして(クリックしてください)


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は会員画面にアクセスしてください。ご予約時のパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。



注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。


※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:JR阿佐ヶ谷徒歩1分。タノさんの秘密のキッチンでの開催。直接集合。 詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。 

※お子様は10歳から参加可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。