Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

ミルフィーユのように重ね焼く、ボローニャ地方のラザニア

杉並区荻窪、スペースをレンタルしてクラスを行います。英語でのクラスです。


東京のイタリアンレストランでシェフをしているアリノさんより、家庭でできるイタリアの郷土料理を学ぶクラスです。


開催日時


メニュー


料理の紹介


●ボローニャのファッロ(大麦)と野菜のもちもちスープ。
イタリアのボローニャ地方で愛されてきた郷土料理をご紹介します。
古代ローマ時代よりもっと古い時代にエルトニアの人たちがアジアからこの地へやってきました。 そよそよと風が吹く大地でファッロという古代麦を育て、野菜と一緒にリゾットのようにして食べていたと言われています。 また古代ローマの人たちはこのスープをすすりながら帝国を広げていったといわれています。 雑穀すると麦が半分以下に減ってしまうため、今は小麦に勢力をとって変わられてしましましたが、 ファッロはもちもちして美味しくスープの他にパンに練り込んで使うことができるため、 イタリアでは現代もこのファッロを大切な食材として使っています。 高級な古代小麦ファッロ。スープを良く吸い上げ、もちもちとした独特の食感が楽しめます。 ファッロの量を多くすれば、お米の代わりになり、リゾットのようにいただけ、 ファッロの量を減らせばスープの具のひとつにと、工夫を凝らせ楽しめます。


●ラザニア2種
ラザニアの生地、ソース、具。そしてまたラザニアの生地、ソース、具....。 と丁寧にミルフィーユのように重ね焼くイタリアの代表的なマンマの味、ラザニア。 何層にも素材が重なり合うことで、絶妙なハーモニーを生みだします。 しっかりとしたイタリア料理の基礎をラザニアから学びましょう。


その1:伝統的なボローニャ地方のラザニア イタリアの北部と中部の間にあるボローニャは、美食の町として知られ、 ミートソースやラザニアの発祥の地です。この地の伝統的なラザニアを作ります。


その2:ほうれん草とチーズのラザニア こちらも人々に愛されてきたイタリアの伝統的なラザニアのひとつです。 とろけるようなチーズと少しほろ苦いほうれん草の絡み合うグルメなラザニアです。


●トルタ・パラディーゾ
イタリアで天国のケーキと呼ばれています。カトリックの国、 イタリアでは「教皇」「天国」といった名前がお菓子に使われることが多く、 粉から作られるお素朴な味のお菓子が中心です。 このトルタパラディーソは19世紀に、北部のパヴィア地方のレストランのシェフが考案したケーキです。 バターの豊かな味わいが評判となり、やがて世界中にこのレシピが伝わっていきました。 イタリアのデザートワインに浸しながらいただきます。


●紅茶

※ご予約方法につきまして(クリックしてください)

※キャンセル待ちの方法につきまして(クリックしてください)


※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は会員画面にアクセスしてください。ご予約時のパスワードで入れます。予約状況の確認や予約完了メールが閲覧できます。



注)取りあえず押さえておく為のご予約はお断りしております。


※ご入金後のキャンセルはご返金できませんので、ご出席できない場合は代理の方をご紹介くださるか、ご欠席のご連絡をお願いいたします。ただし家にあがって習うクラスですので、譲った方は譲った人の責任をもっていただくかたちになります。ネットでの販売・譲渡は不可です。

※他のクラスへの変更はできません。

※お申し込み後初めての方は3日以内、リピーターの方は5日以内にお振込みいただく前金制です。

※持ち物:ふきん、エプロン、筆記用具、カメラ等

※待ち合わせ場所:JR荻窪駅北口徒歩14分のレンタルスペースに直接集合) 詳しい行き方、経路につきましては正式後予約後ご連絡いたします。 

※お子様はティーンエイジャーから参可可能です。その際はお子様の料金をお支払いいただきますので別途ご連絡をください。