Niki's Kitchen 英語料理教室

講師ページへ

1度限りのスペシャル:サマー・ナパ・スペシャル●アンコール(写真付き)

東京、千歳船橋(新宿から小田急)英語でのクラスです。
お待たせしました! この夏1度だけの料理とワインのマリアージュクラスが登場します。
今回めったに手に入らない「ミルクフェッドヴィール」を入手しました。 ミルクフェッドヴィールは母牛のミルクのみを与えられた仔牛の肉を指した特別な仔牛です。 肉は、ミルクフェッドヴィールの特徴との淡雪のような桃色をしていて、 しっとりとしたキメの細かい肉質をしています。 ほんのり甘いミルクのような風味は 一般的な牛肉とはまったく違う未体験の味わいがします。
●今回1度だけの特別クラスを開講します。⇒リクエストが多かったので国産の仔牛からアメリカ産に変えて追加しました。
美食とワインを満喫しましょう!
●今月は料理とワインのマリアージュをお楽しみいただくメニューです。そのため材料費(ミルクフェッドヴィール)およびワイン代 としてクラス料金が通常より900円アップします。
●ロバートのクラスでは、既製品のソースなどの使用を極力避けていますので、 実際の料理にどんな材料がどのくらいの量入っているかがわかります。塩分や脂肪の含有量を知りたい場合も安心です。
●クラスでは、時間をかけて取った本格的なスープストックなどを使いますが、手間を省くための代替手段も、可能な限り紹介していきます。
●リクエストにより追加されました 

開催日時


メニュー


料理の紹介


The tomato tartare with crab-avocado salad
●蟹とアボカドのサラダ バジルチリオイル風味 トマトのタルタルを添えて
シーズン真っ盛りのカニを使ったオードブル。
カニの旬は4月8月頃と春から夏にかけてが美味しいと言われています。
実の締まった味のよい夏トマトでタルタルを作りながら、ワインに合わせたさわやかな酸味のある味に仕立てます。
トマトはその甘さを十分に引き出すためにじっくりと火を通し、赤ワインビネガーを使ったクリーミーなドレッシングで仕上げます。
そして最後に自家製のバジルチリオイルを振り掛けることによってハーブのフレーバーを楽しみ、スパイシーなチリで味を引き締めます。
カニとアボカドは王道の組み合わせですが、ドレッシングを違うものに変えたり、香りのよいオイルを少し加える、
といった一工夫でいつもとは違う味に変化しますよ。
※イメージ↓



The roast veal is from New Zealand milk fed Veal
●特別メニュニュージーランドの骨付き仔牛のハーブロースト、赤ワインを煮詰めたソース
ニュージーランド産のミルクフェッドヴィールをローストする、スペシャルメニューです。
ミルクフェッド。母牛のミルクのみを与えられた仔牛の肉を指し、牧草、穀物など固いものは全く与えられていないため
草などの特有な風味がないのが特徴と言われています。
クセがなく、肉の繊維が細かく、上品な味わいの骨付き仔牛の肉にハーブをたっぷりまぶし、
中がきれいなロゼ色のローストに仕上げます。
仔牛からの旨みたっぷりの肉汁とワインを煮詰めて作るソースと一緒にいただけば、これぞ特別なご馳走!
※イメージ↓



The Risotto will be made from summer sweet corn
●サマーコーン・リゾット
旬の美味しいとうもろこしを使い、リゾットを作ります。食材の自然な甘さを生かしたコーンのリゾットは
食感も楽しく仔牛肉のローストにすばらしいお供になると思います。
※イメージ↓



Port and figs with the honey flavored creme fraiche.
●バニラ風味のポルト酒で調理したいちじくのデザート、タイム風味のフレッシュクリーム添え
いちじくは生でそのままいただいてもとてもおいしい果物ですが、加熱してジャムにしたり、
タルトのフィリングにして焼いたり、またブルーチーズと合わせたり、コンポートにしたり...様々なレシピが存在します。
中でもいちじくとポルト酒の相性はすばらしく、とてもエレガントで味わい深いデザートを作ることができます。
ポルト酒にはバニラビーンズで香り付けをし、いちじくに火を通すことで薫り高いソースができあがります。
ポルトの香る大人のデザートにはちみつで少し甘さを加え、タイムで香りづけしたクリームフィレンチェソースを添えます。
※実物↓



nice red wine
●厳選されたロバートのお薦めの赤ワイン
※イメージ↓



Tea or Coffee
●紅茶やコーヒー

※ご予約方法につきまして
※ご予約後、「自動的に予約完了メールが届きます。届かない場合は、nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡お願いします」